Alibaba Cloud 運用監視入門トレーニング

はじめに

オフラインでトレーニングが開催できない状況が続いていますので、新たにトレーニング開催方法を模索しています。実験的にテキスト一式と動画テキストを公開することにしました。

オンデマンドで各自で自習される方は、好きな時間に実施出来るメリットが生まれますが、不明点などは自力で解決する必要があります。(ベストエフォートでの問い合せ窓口は用意します)

定期的に開催されるトレーニングコースでは、講師が適時に回答しますので、スムーズにトレーニングを受講していただく事が可能です。

受講者のスタイルに合った受講をおこなって頂けます。

 

本コースについて

このステップでは、運用監視の全体の概要を理解し、把握し運用・監視に活かすことができるようになることが本コースの目標です。

目標

  • Alibaba Cloudでの権限管理、監査、Log管理・可視化、監視、セキュリティ管理、オペレーション方法、ジョブ管理、バックアップ・リストアについて理解する。
  • Alibaba Cloud プラットフォームに関連する用語と概念を理解し、Alibaba Cloud コンソールを操作できる
  • Resource Access Management (RAM)などを活用したID・アカウント権限管理について理解する
  • Cloud Monitor を活用した Alibaba Cloud の監視ツールについて理解する
  • Log Service、ActionTrail を活用した Alibaba Cloud のログ管理について理解する
  • Security Centerを利用した Alibaba Cloud のセキュリティ管理について理解する
  • Cloud Shell / クラウドアシスタント / OOS を活用した オペレーション・ジョブ管理について理解する
  • ECS / RDS のバックアップ・リストアを理解する

前提条件

  • 一般的な運用監視に関する知識 (推奨)
  • 一般的なネットワーク概念に関する知識 (推奨)

ハンズオンの概要

ROSで事前に環境を構築した上で、運用監視に関連する各プロダクトの説明を行い、その後、演習として基礎操作を触っていただきます。

  1. 概要説明
  2. ROSで環境構築
    演習:ROSで環境構築
  3. IDマネジメント・権限管理:RAM
    演習1:RAMユーザの作成
  4. Log管理・可視化 LogService
    演習1:Log Serviceのプロジェクト作成
    演習2:OSSアクセスログの可視化
    演習3:Log Audit
  5. 監査対応 ActionTrail
    演習1:ActionTrailの設定
    演習2:Cloud Config
  6. 監視 CloudMonitor
    演習1:Cloud Monitorの設定
    演習2:New Site Monitoring
  7. セキュリティ管理 Security Center
  8. オペレーションとジョブ実行
  9. ECS / RDS バックアップ・リストア
    演習1:ECSのバックアップ
    演習2:RDSのバックアップ
  10. 片付け

受講にあたり準備するもの

  • 必須:ご自身のノートパソコン(Windows or Mac)
  • 必須:ご自身の Alibaba Cloud 国際サイトアカウント(有効化済みのもの) アカウント登録 を事前におこなってください *1
    本コースはrootアカウントでの参加をしてください。RAMユーザでは実施できない工程が多く含まれます。
  • 必須:すぐに確認出来るメールアドレス
  • 必須:本コースは配信で行いますので、動画配信を閲覧できる環境をご準備下さい。
  • 推奨:複数ディスプレイやタブレットなど(講義とコンソールを同時に見ることができるためおすすめです)

*1 Alibaba Cloud は国際サイトと日本サイトがございます。アカウント確認を以下のページに沿って行ってください。

Alibaba Cloudトレーニングを受講する前の確認項目

受講方法

本コースは、講義の割合が多めのトレーニングコースとなっています。

テキストと動画テキストを見ながら、講義を進めてください。講義と演習が交互に配置されています。

トレーニングコースでは、適宜質問していただけたら講師陣が回答致します。

さい。DingTalkグループでの回答はベストエフォートとなりますオンデマンドで各自で自習される方は、以下のDingTalkグループで質問してください。DingTalkグループでの回答はベストエフォートとなります。グループへの参加方法は申込後表示されます。

トレーニングお申し込み