SB Cloud

MasterCloud #5 セミナーレポート


9月14日にSBクラウドのパートナー企業である「モビンギ株式会社」のコミュニティによって運営される技術イベント・セミナー「MasterCloud」が開催されました。

開催概要
日程:9月14日(木)18:30~21:30
場所:東京都港区北青山3-5-6 青朋ビル2F(G’s ACADEMY TOKYO BASE)
参加人数:46名
参加費:無料

アジェンダ
「クラウド環境でのロギングと、Alibaba Cloudが実現するグローバルロギング」
スピーカー:SBクラウド株式会社 森 真也

クラウド環境でのログ収集の考え方、Alibaba Cloud ならではのログソリューションを紹介しました。

クラウド環境では、インスタンスの外部にログを集めることが基本です。ログといっても活用方法や種類はさまざまなため、Alibaba Cloudでは活用目的に合わせて適した手段を選択することができるようになっています。

Alibaba Cloud では中国で展開する企業様向けに、中国-日本間を専用線で結ぶサービス(Express Connect)を提供しています。
このサービスを利用することで、中国で取得したログデータをスムーズに日本へ転送することができ、日本での分析に役立てることが可能です。

「リアルタイムログストリーミングが拓く可能性」
スピーカー:Fastly Inc 福田 敦 氏

Fastly社の CDN サービスの特徴、ログの運用と活用方法について紹介頂きました。 
Fastly社はCDN 業界としては後発の会社であるものの、他社にはない多くの機能を提供しているとのことです。

リアルタイムログに関しては、2 秒程度の遅延でストリーミングが可能で、ログの配信先としてさまざまなサービスが利用できるとのことでした。
また、VCL(Varnish Configuration Language) を使用して、プログラミングのようにログを加工することができます。
特定のユーザからのログに情報を付与したり、if 文を使用して処理の分岐が出来、活用の幅が広がりそうです。

「Docker Logging Best Practices」
スピーカー:モビンギ株式会社 Cherwen Esmero 氏

Docker運用でのログ収集のベストプラクティスを紹介頂きました。
ログの種類として、「Dockerコンテナログ」「Dockerサービスログ」「ホストOSログ」の 3 つのレベルがあり、カテゴライズすると大きく、「インフラログ」「アプリケーションログ」に分けることができ、それぞれのオーナー権限を考慮する必要があります。
インフラログであればインフラチーム、アプリケーションログであればアプリケーションチームがオーナー権限を持つべきと紹介頂きました。
ログドライバはDockerでサポートしているものが複数あるため、その中から選択して利用すれば良いですが、運用メンバーが詳しいものを選ぶのが一番良いとのことです。
また、デモンストレーションとして、Syslogに送信するデモと、Windows環境でetwlogsドライバを利用するデモの2つが行われました。

「クラウド管理・監視でMackerelを活用する」
スピーカー:株式会社はてな 松本 雅幸 氏

はてな社のMackerelはエンジニアをワクワクさせる「直感的サーバー監視サービス」をコンセプトとしたSaaS型のサーバー監視サービスです。

登壇時点ではバグ修正を除き、163週連続で新機能をリリース中とのことです。
始め方も非常に簡単で、エージェントのインストールはワンライナーで出来るとのことです。
また、エージェントを立ち上げるだけで監視た自動で始まり、同じロールのホストは同じグラフへ自動登録されます。
アラート通知は Slack/Line/Twilioに対応しており、監視ルールも Infrastructure as Code にすることで、DevOps ライフサイクルのコアとなるようになります。

今後の新機能も続々と計画中とのことです。

その後、モビンギ社インターン生のライトニングトークやセミナー後には懇親会が行われました。

次回MasterCloud
MasterCloud第6回を2017年10月18日に開催予定です。
場所:東京都渋谷区恵比寿南3-5-7 DGビル2F  (Open Network Lab)
テーマ: Logging / Monitoring / Security / Governance
▪澤登 亨彦 / モビンギ株式会社 HiganWorks合同会社 
▪神津 崇士 / スカイアーチネットワークス 
▪南原 正樹 / トレンドマイクロ 
▪Scott Massey / Astro Colossal

MasterCloudの概要はこちら
MasterCloud第5回[connpass]
MasterCloud第6回[connpass]

MasterCloudとは
MasterCloudはコミュニティによって運営される技術イベント・セミナーを中心とした組織です。モビンギ株式会社がリードスポンサーとなり、SB Cloudといった名だたるIT企業もスポンサーとして参加しています。MasterCloudの目的は日本のクラウドコンピューティングにおける最先端の技術について共有・ディスカッションし業界に強力なエコシステムを構築することです。

MasterCloud Website
http://mastercloud.jp/

SBクラウドは、「グローバルクラウドをより身近に」のキーワードのもと、革新的なサービスを展開していくことでお客様の抱えている問題を解決するだけでなく新たな一歩につながるサービスを提供していきます。
今後ともお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。

また「Alibaba Cloud」を中心としたセミナーやハンズオンを随時開催しておりますので、ご興味のある方はぜひお気軽にお問い合わせください。

>セミナー情報はこちら

>会社概要・製品紹介動画はこちら

>お問い合わせはこちら

イベント カテゴリー