SB Cloud

慶應義塾大学でクラウドプラットフォームに関するセミナーに登壇しました。


5月24日に慶應義塾大学日吉キャンパスにて学生の皆様向けに開催されたクラウドプラットフォームに関するセミナーに登壇しました。

本セミナーでは、慶應義塾大学の学生に参加いただき、今後の日本社会におけるクラウドサービスおよびプラットフォームサービスの重要性と、具体的なサービス利用イメージのご紹介をしました。

慶應義塾大学 松川教授、MIRAIt Service Designの曹社長、このような機会をご準備いただき誠にありがとうございました。

■国家戦略Society 5.0について 慶應義塾大学 松川教授
CeBITでの安倍首相の講演動画から、国家戦略Society 5.0についてのご説明と、
今後のビジネスにおけるクラウドプラットフォームの重要性についてのご説明をされました。
今後の日本を担う学生に向けて、今後の企業環境についてお話をされました。

■ソフトバンクのクラウドサービスのご紹介 SBクラウド 村山
ソフトバンクがiPhoneの提供を始めてから現在に至るパラダイムシフトについて説明し、
IoT・ビッグデータの中でクラウドサービスの重要性を説明しました。

今後の社会におけるソフトバンクグループの役割を踏まえ、
SBクラウドが今日本市場にパブリッククラウドを展開する背景について説明しました。
実際にSBクラウドがどのように企業で利用されているのか、具体例についても紹介をしました。

■ソフトバンクのIoTとは SBクラウド 二宮
ソフトバンクが推進するIoTについて、クラウドサービスとの関連性を含め説明しました。
通信の「可視化」から「価値化」へというキーワードに向けて、
データの蓄積だけではなく、そのデータ分析をし、最適化・自動化していくことにより、
データを企業の価値にしていくことが現代では必要であり、それが企業を成長させる要因になります。
「IoT」という言葉は様々な場面で利用されていますが、
それが企業の中でどのような効果を求められているか、そこにソフトバンクとしてどのような支援をしているかを紹介しました。

■odooの紹介 MIRAIt Service Design 黒川様
オープンソースERPのodooについてのご紹介をされました。
企業の中でERPが占める重要性とodooを利用することにより、
企業で必要なERP関連のサービスを簡単にデプロイし利用できる点をお話いただき、
実際のデモ画面についても紹介をされました。

■Hackathonの紹介 SBクラウド村山
定期的にHackathonを実施しています。
現時点で予定はないですが今後実施する際は是非ご参加いただければと思います。
動画にて過去開催のHackathonの様子を説明しました。

会場にていただいた質問をご紹介します。
・今後、クラウドはどれだけ簡単になっていきますか?
 - 買ったり使ったりは非常に簡単です。
 - オープンソースのソフトウェアを利用すればプログラミングについてはあまり意識しないで利用いただけるようになります。

・プログラミングができなくても使える時代になりますか?
 - 一般的なサービスを利用する場合はプログラミングができなくてもクラウド利用は可能になります。
 - 個別のカスタマイズなどをしたい場合はプログラミングが必要となります。

・他社クラウドとの差別化はどのような点ですか?
 - 中国リージョンを含むグローバルの各リージョンをサービスの規制を考慮せず利用できる点です。
  日本のアカウントで日本円請求にてご利用いただけます。
  日本でのビジネスにおいて、中国はとても重要な位置づけです。そこでのクラウド利用の阻害要因を限りなく少なくしています。

・過去に実施したハッカソンの商品はなんでしたか?
 - 最新のMac Book Pro などです。

SBクラウドではこのような取り組みを通じて、クラウドコンピューティング業界に貢献していきたいと考えております。
また、SBクラウドではAlibaba Cloudを中心としたセミナーやハンズオンを随時開催しております。ぜひご参加ください。

SBクラウドのセミナー情報はこちら

イベント カテゴリー