Cloudflare CDNを活用したウェブサイト高速化ソリューションを提供開始

2020年10月7日
SBクラウド株式会社

 

Alibaba Cloudのストレージサービスからのデータ転送は無料

 

クラウドサービス「Alibaba Cloud」を日本国内で展開するSBクラウド株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 兼 CEO:内山 敏、以下「SBクラウド」)はクラウドフレア・ジャパン株式会社と提携し、Cloudflare, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、以下「Cloudflare」)のグローバルCDN※1サービスCloudflare CDN活用した、ウェブサイトの表示を高速化するソリューションを本日から提供開始しました。

また、アリババクラウドはCloudflareが主宰するクラウド事業者とのアライアンスプログラム「Bandwidth Alliance」に加盟しており、Alibaba Cloudのストレージサービス「Object Storage Service(OSS)」の利用者に対して、OSSからCloudflare CDNへのデータ転送を無料※2で提供しています。これにより、CDNを利用して大容量コンテンツを配信する際に課題となっていた、オリジンサーバー※3へデータを取得しに行く際の転送料金が発生しないため、企業は安価にCDNを利用することができます。

※1 CDN(Content Delivery Network)とは、複数の地域に設置されたキャッシュサーバーにコンテンツのコピーを保存し、アクセスするユーザーに最も近いサーバーから配信することで、ウェブサイトの表示を高速化できるサービスのこと。
※2 中国リージョンは対象外となります。
※3 配信元のコンテンツが収容されているサーバーのこと。

 

■Cloudflare CDNについて

Cloudflare CDNは、Cloudflareが提供するグローバルCDNサービスです。CDN市場における、全世界のインターネットリクエストの処理で、約10%のシェアを占めています。Cloudflare CDNは、安全で快適、そして信頼性を持ってご利用いただけるだけでなく、お手頃で簡単に導入でき、企業にとってより良いパフォーマンスを提供しています。

<主な特長>

・グローバルネットワーク
 Cloudflareは、世界100カ国、200拠点以上にデータセンターを展開し、そのネットワークは大きく成長し続けています。また、インターネットエクスチェンジ※4(IX)事業者やISP事業者などのネットワークパートナーと常に協力し、高速で信頼性の高いサービスを全世界のお客さまに提供します。

※4 ISPやデータセンター事業者との相互接続拠点のこと。

・Argo Smart Routingによる最適ルーティング
 Argo Smart Routingの活用により、Cloudflareのプライベートネットワークを利用して、最も混雑していない、最も信頼性の高いパスでユーザーをルーティングすることで、ネットワークの高速化を図ります。これにより、平均してウェブサイトの表示の遅延を33%、接続エラーを27%削減します(Cloudflare 調べ)。

・わかりやすい料金モデル
 Cloudflare CDNは月額固定料金モデルを採用しているため、急なトラフィック増が発生しても、追加費用が発生することなく利用できます。そのため、従量課金型のサービスと比較して大幅なコスト削減につながる場合があります。

f:id:sbc_abm:20201006130723j:plain

 

Cloudflare CDNを活用したウェブサイト高速化ソリューションの詳細やお問い合わせは、こちらよりお問い合わせください。

 

 

■SBクラウド株式会社について

SBクラウド株式会社はソフトバンク株式会社とアリババグループの合弁会社であり、最先端のクラウドテクノロジーを活用してお客さまの課題を解決し、ビジネスの発展をサポートするソリューションプロバイダーです。「Alibaba Cloud」の日本向けサービスのローカライズや日本語サポートを行っている他、AI、ビッグデータ、IoT技術などを活用したシステム構築サービスを提供しています。

公式サイト:https://www.sbcloud.co.jp/
Twitter:https://twitter.com/sbcloud_pr
Facebook:https://www.facebook.com/SBCloud/

 

■Alibaba Cloudについて

「Alibaba Cloud」は、アリババグループのクラウドコンピューティング部門であるアリババクラウドが提供するクラウドサービスです。アリババクラウドは、世界3位のIaaSプロバイダーかつ、アジア太平洋地域で最大のシェアを誇るIaaSプロバイダーとして※5、世界21の地域に63のアベイラビリティゾーンを展開し、世界で数百万を超えるお客さまに安定したサービスを提供しています。またアリババクラウドは事業を展開する国と地域で適用される法律や規制を順守しており、現在世界で70以上のセキュリティーとコンプライアンスの認定を受けています。
※5 出典:Gartner Market Share: IT Services, Worldwide 2019

●記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。