Alibaba Cloudの「ApsaraDB for POLARDB」を活用したデータベース構築サービスを提供開始

2020年5月20日
SBクラウド株式会社

~データベースの設計・構築・設定に対応し、クラウドネイティブなデータベースへの移行を支援~

SBクラウド株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 兼 CEO:内山 敏、以下「SBクラウド」)は、2020年4月30日から日本リージョンに対応したAlibaba Cloudのリレーショナルデータベース「ApsaraDB for POLARDB」(アプサラデービー フォー ポーラーデービー、以下「POLARDB」)を活用したデータベース構築サービスの提供を、本日から企業向けに開始しました。
※1 行と列で構成された二次元の表形式でデータを管理するデータベースシステム。表と表の関係(リレーション)を定義することで、複雑な構造のデータも扱うことが可能。

 

■データベース構築サービスについて

「POLARDB」は、MySQLやPostgreSQL、Oracleと互換性のある、クラウドネイティブで高性能なマネージド型リレーショナルデータベースです。SBクラウドは、企業での「POLARDB」を活用したクラウドネイティブなデータベースの構築を支援するために、「インテグレーションサービス」と「技術支援サービス」を提供します。

・「インテグレーションサービス」
SBクラウドの経験豊富なクラウドエンジニアが、「POLARDB」の設計・構築・設定を行います。その他、バックアップやリカバリー機能の設計・構築、オンプレミスや他のサービスからのデータベース移行、DR(災害復旧体制)やBCP(事業継続計画)の強化を目的としたマルチリージョンのスタンバイデータベースの構築も可能です。
また、「POLARDB」を活用した3層構成のアプリケーション用のプラットフォームの構築にも対応します。システムに必要なネットワークや、ウェブサーバーとアプリケーションサーバー用のインスタンス、ロードバランサー、セキュリティー機能の設計・構築をワンストップで行います。これにより、アプリケーション開発に専念したいお客さまは、標準的なプラットフォームを迅速に利用できる他、構築された環境をお客さまご自身でカスタマイズして利用することも可能です。

・「技術支援サービス」
SBクラウドのクラウドエンジニアが、データベースの設計・構築に関する打ち合わせやドキュメントレビュー、技術的な質問に対する調査・回答などの包括的な技術支援を行います。

「POLARDB」およびデータベース構築サービスの詳細やお問い合わせは、下記のURLをご参照ください。

www.sbcloud.co.jp

 

■テクニカルサポートサービスについて

SBクラウドでは、自社のエンジニアによる設計・構築が可能なお客さま向けに、「POLARDB」を含むAlibaba Cloudプロダクトの仕様確認や操作方法、障害の切り分け支援や不具合の調査を、電話やチャットを通して対応するテクニカルサポートサービスを提供しています。

www.sbcloud.co.jp

 

■「POLARDB」の概要

「POLARDB」は、従来の企業向けデータベースを大幅に超えるストレージ容量やパフォーマンス、高可用性を確保しながら、スケールアウト/イン/アップ/ダウンを高いコストパフォーマンスで行うことが特長のリレーショナルデータベースです。

従来のデータベースは、コンピューティング層とストレージ層の間でデータ転送する際に狭帯域のCPUを経由するため、CPU使用率の逼迫や処理遅延、I/O(入出力)の負荷が課題となっていました。「POLARDB」は、コンピューティング層とストレージ層の間を、CPUを経由しないRDMA(Remote Direct Memory Access)ネットワークで接続することで、データ転送時の処理速度の大幅な向上やI/O負荷の軽減を実現しています。実際に、従来型のリレーショナルデータベースである「Alibaba Cloud RDS for MySQL」と比較して、QPS(1秒当たりのクエリ数)が約22倍、TPS(1秒当たりのトランザクション数)が約2.2倍向上するなどの高いパフォーマンスを記録しています。さらに、インテル社のテストでは、「Amazon Aurora」と比較してQPSが約1.3倍に向上し、95パーセンタイルのレイテンシー(遅延)が約1.8倍に改善するという結果が出ています2

※2 出典:Alibaba Cloud POLARDB*—Innovative New DBaaS Model
https://www.intel.com/content/www/us/en/products/docs/storage/alibaba-cloud-polardb-solution-brief.html

 ・主な仕様

ノードごとのCPU・コア数
4Core~88Core
ノードごとのメモリ数
16GB~710GB
ストレージ
最大100TB
クラスターごとの接続数
5,000~64,000
ノードごとのIOPS(1秒当たりのI/O回数)
32,000~256,000
ノードごとのネットワーク帯域幅
25Gbps〜50Gbps
ノードごとのQPS(1秒当たりのクエリ数)
最大1,000,000QPS
ノードごとのTPS(1秒当たりのトランザクション数)
最大130,000TPS
スケーリング数
最大16のノードをサポートしつつ、ダウンタイムなしでスケーリングが可能
対応リージョン
16カ所:日本(東京)/中国本土(9カ所)/香港/アメリカ(シリコンバレー)/
シンガポール/インドネシア(ジャカルタ)/マレーシア(クアラルンプール)/
ドイツ(フランクフルト)

 

f:id:sbc_kitano:20200507085206p:plain
▲アーキテクチャ イメージ図

■Alibaba Cloudのデータベース製品について

Alibaba Cloudは、On-Line Transaction Processing(OLTP)、NoSQL、On-Line Analytical Processing(OLAP)など、開発者のニーズにあわせた多様なデータベース製品を取り揃えています。リレーショナルデータベース製品は、「ApsaraDB for POLARDB」をはじめ、「Distributed Relational Database Service」「ApsaraDB for OceanBase」「ApsaraDB for MySQL」「ApsaraDB RDS for PostgreSQL」「ApsaraDB RDS for SQLServer」「ApsaraDB RDS for PPAS」「Apsara DB RDS for MariaDB」の全8種類を提供しています。

f:id:sbc_kitano:20200507085309p:plain
▲Alibaba Cloudのリレーショナルデータベース製品