テレワーク化でぶつかった「課題」を解決!「本当のテレワーク」できてますか?「Box」と「仮想デスクトップ」をオススメする理由とは~

テレワーク化でぶつかった「課題」を解決!

テレワーク化の中、「セキュリティの担保」「情報の一元管理」などテレワーク課題を持たれている企業さまも多いのではないでしょうか。
第一部では、株式会社システム情報の担当者より、テレワークの課題への具体的な対応方法を、『Box』の活用事例を通じてご紹介いたします。
第二部では、弊社が少数ユーザーで利用できる『仮想デスクトップ』サービスをご紹介いたします。
ぜひ申し込みフォームのコメント欄に、登壇者に聞きたい質問・お悩みをご記入下さい。

こんな方におすすめ

テレワークでのクラウドサービス活用・改善への取り組みをどのように進めるべきかを悩んでいるビジネス/ITリーダー層を対象にしております。

  • IT関連部門、経営戦略/事業計画部門などのマネジメント層の方
  • 在宅勤務をすでに実施していて、運用/環境面の見直して最適化を目指す方
  • 少数ユーザーからデスクトップサービスを利用してみたい方
  • プロジェクトで数カ月間だけ利用したい方
※本イベント、競合他社様のお申し込みはご遠慮させて頂きます。

プログラム

時間 タイトル 講演者
14:00〜14:05 開会挨拶&講師紹介
14:05〜14:30 「本当のテレワーク」、できていますか? ~「している」と「できている」は大違い~
テレワークが首都圏を中心に定着し、テレワーク自体を「している」企業様は非常に増えてきておりますが、実態としてはZoomやTeamsでのコミュニケーションが中心で、業務そのものをテレワークとして「できている」企業様は実は非常に少数となります。
本講演では、どうしたらテレワークを「できている」状態とし、業務効率化や定着を図る事が出来るのか?について、3つの柱をベースにお話をさせていただきます。
工藤 直人
株式会社システム情報
14:30〜14:50 業務場所を選ばず、1人1台占有できる高速な「仮想デスクトップ」サービス
業務に必要なファイルやシステムをどうやって自宅から使うのか、セキュリティや情報漏えい対策はどうするのか、さらにはその環境で普段どおり仕事ができるのか(安定性)など、悩みは尽きません。
本講演では、少数ユーザーで利用できる『仮想デスクトップ』についてご紹介します。
福田 哲也
SBクラウド株式会社
14:50〜15:00 質疑応答&閉会挨拶  

開催概要

日時 2021年7月8日(木)14:00~15:00
実施方法 オンライン
参加人数 80名
参加費用 無料(申し込みフォームから事前の参加登録が必要です)
共催 SBクラウド株式会社・株式会社システム情報

お申込みはこちら

登壇者プロフィール

工藤 直人

工藤 直人株式会社システム情報 
第3事業本部 第三事業部担当部長

1967年生まれ。法学部法律学科出身だが、当時はやりのSEという言葉にあこがれエンジニアとして商社系SIerに入社。入社3年目にSFA(CRM)パッケージソフト日本語化のため渡米。その後、ITコンサルタント業務に従事。
システム情報にジョイン後も顧客戦略の立案や営業業務改善、コールセンターオペレーションコストの削減、ワークスタイル変革、業務自動化や生産性の向上など広範のコンサルティング業務に従事。

福田 哲也

福田 哲也SBクラウド株式会社 クラウド技術統括部 プリセールス部 ソリューションアーキテクト課

2019年4月、SBクラウド株式会社入社。ソリューションアーキテクトとして、AlibabaCloudをご利用いただくにあたり技術的な支援を担当。主にWebサイトなどコンテンツ配信構成の提案を得意とする。趣味はUFOキャッチャー、フェス。

お申込みはこちら