【レポート】脱Oracleを実現!Alibaba Cloudを活用したマイグレーションシナリオ #ApsaraConference

f:id:sbc_abm:20200918095137j:plain

 

2020年9月17-18日に開催されたAlibaba Cloudのカンファレンス「Apsara Conference 2020」の日本語セッションで、SBクラウド 技術部 部長のサール バシル、ソリューションアーキテクトの謝 洋が「脱Oracleをどう実現するか?~Alibaba Cloudを活用したマイグレーションシナリオ~」というタイトルで講演いたしました。

講演資料は下記フォームよりダウンロードいただけます。

講演資料をダウンロードする

 

アリババ自身の“脱Oracle”の歴史

f:id:sbc_abm:20200918084934p:plain
アリババグループの歴史

アリババグループは1999年の創業以来、ECサイトのみならず幅広い事業を展開していきましたが、その裏でさまざまな技術課題に直面してきました。

そのなかでもデータベースの運用は特に大きな課題でした。当初はサーバーはIBM、データベースはOracle、ストレージはEMCと商用製品を利用していましたが、2010年以降はオープンソースのデータベースへと移行しました。この移行プロジェクトは各製品の頭文字をとって「De-IOE(脱・IOE)」と社内では呼ばれていたようです。

 

自社の“脱Oracle”体験をもとにしたデータベースプロダクトの開発

f:id:sbc_abm:20200918085005p:plain
アリババ自らが“脱Oracle”を経験

しかし、商用データベースからオープンソースへの移行にはサービスへの影響やリソースの管理など、さまざまな困難が伴いました。そのような経験をもとに、アリババグループはデータベースの独自開発に着手しました。

 

f:id:sbc_abm:20200918085126p:plain
自身の経験をもとにデータベースプロダクトを開発

 

現在、Alibaba Cloudでは多数のデータベース関連プロダクトを提供しております。これらは長年培ってきた自社のデータベース運用をもとに設計されたマネージドサービスのため、ユーザーの運営負担を抑えられるのが大きな特長です。

f:id:sbc_abm:20200918085207p:plain
Alibaba Cloudのデータベース関連プロダクト

 

“脱Oracle”はユーザーにとって大きなコストメリットをもたらします。多額のハードウェア費用やライセンス費用を削減できるだけでなく、フルマネージドのクラウドネイティブデータベースへと移行することで、運用工数を大幅に削減することができます。SBクラウドの一般的なお客様事例では30~70%のコスト削減、60%の運用工数削減に成功しております。

 

f:id:sbc_abm:20200918085241p:plain
“脱Oracle”により大幅なコスト削減を実現

 

ここからはOracleデータベースからの移行に最適なAlibaba Cloudのプロダクトを3つ紹介します。

 

データベース移行をサポートする「Advanced Database and Application Migration(ADAM)」

f:id:sbc_abm:20200918085309p:plain
Advanced Database and Application Migration(ADAM)

 

「Advanced Database and Application Migration(ADAM)」はAlibaba Cloudが独自開発したデータベース移行のサポートツールです。既存環境の状況整理や移行レポートの作成、ターゲットデータベースの選定、スケール変換、スキーマ変換、テーブル構造修正など多数の機能を提供しており、Alibaba Cloudにデータベースをマイグレーションする際には欠かせないツールのひとつとなっております。

www.sbcloud.co.jp

 

Oracle、MySQL、Postgreと高い互換性を持つ「ApsaraDB for PolarDB(PolarDB)」

f:id:sbc_abm:20200918085436p:plain
ApsaraDB for PolarDB

 

「ApsaraDB for PolarDB(PolarDB)」はAlibaba Cloudが独自開発した次世代クラウドネイティブデータベースです。MySQL、PostgreSQLなどのオープンソースと100%の互換性があるだけでなく、Oracleデータベースとも高い互換性を持っております。

PolarDBのアーキテクチャには主に下記の特長があります。
・ストレージとコンピューティングが分離しているため、SQLを実行しながらスケールイン/スケールアウトが可能
・分散共有ストレージなので、ストレージ容量が最大100TBまで自動拡張が可能
・アクティブアクティブのアーキテクチャで数秒で自動フェールオーバーが可能

www.sbcloud.co.jp

 

高速でデータ転送を行う「Data Transmission Service(DTS)」

f:id:sbc_abm:20200918085614p:plain
Data Transmission Service(DTS)

「Data Transmission Service(DTS)」はデータベース間のデータ転送を行うプロダクトです。

特徴としては以下の4点があります
・20種類以上のデータソースをサポート
・9種類以上のデータベースのトランザクションログを解析するサポート機能
・異なるデータベース間においてもデータ同期が可能
・最高100MB/Sの速度で全量データ移行が可能

 

www.sbcloud.co.jp

 

“脱Oracle”を支援するSBクラウドの「プロフェッショナルサービス」

f:id:sbc_abm:20200918085642p:plain
SBクラウドが提供する「プロフェッショナルサービス」

SBクラウドでは自社や他社クラウドで運用しているデータベースの移行を支援する「プロフェッショナルサービス」を提供しております。日本におけるAlibaba Cloudのパイオニアとして、Alibaba Cloudとの強いリレーションを活かし、問題発生時においても迅速に対応し、解決へと導きます。

また、SBクラウドにはAlibabaCloudをはじめとして、ORACLE MASTER Gold などデータベース関連の資格を保有するスペシャリストが多数在籍しております。SREやDevOpsの経験豊富なエンジニアがお客様のデータベース環境の構築・移行をサポートいたします。

 講演資料は下記フォームよりダウンロードいただけます。

講演資料をダウンロードする

 

関連記事

www.sbcloud.co.jp

www.sbcloud.co.jp

www.sbcloud.co.jp

ApsaraConference2020講演レポート

www.sbcloud.co.jp

www.sbcloud.co.jp

www.sbcloud.co.jp