アジア最大のDevRelカンファレンス「DevRel/Asia 2020」にSBクラウド寺尾英作が登壇します

f:id:sbc_abm:20201027171637j:plain

 

2020年11月14日に開催されるアジア最大のDevRel(Developer Relations)カンファレンス「DevRel/Asia 2020」にSBクラウドのソリューションアーキテクト寺尾英作が登壇することになりました。

DevRelとはコミュニティ等を通じて自社製品と開発者との関係性を築く、開発者向けマーケティング手法のことです。昨今では多くのIT製品がDevRelの考えをもとにした開発者向けマーケティングを展開しています。

寺尾が登壇するトークセッションのタイトルは「日本からアジア/グローバルに向けたDevRel実践」。日本におけるDevRelの第一人者でもある中津川 篤司氏、「ちょまど」としての活動でも知られる千代田 まどか氏、ヌーラボが提供する「Typetalk」のプロダクトマネージャー 吉澤 穀氏とともに、日本から海外へ向けのDevRel活動についてパネルディスカッションを行います。

寺尾英作はAlibaba Cloudのトレーニングプログラムの講師や、ユーザーコミュニティ「AliEaters」の幹事を務めるなど、日本国内でAlibaba Cloudの開発者の支援を多数行っております。その成果はAlibaba Cloudにも認められ、2020年3月にはAlibaba Cloud MVPにも選出されました。現在ではMVPネットワークを活用し、世界中のAlibaba Cloud 開発者とも交流を深めております。

www.sbcloud.co.jp

 

DevRelや開発者コミュニティに興味がある方はぜひご参加くださいませ。

開催概要

日時

2020年11月14日(土)10:00 ~ 18:00

場所

オフライン

参加費 無料
主催

DevRel Meetup in Tokyo
(幹事企業:株式会社MOONGIFT)

 

寺尾英作が登壇するトークセッションについて

講演日時

11月14日(土)12:20 ~13:20
 

講演内容

日本からアジア/グローバルに向けたDevRel実践

「日本からアジアに向けたDevRel実践」をテーマに日本に限らずアジアでもDevRelを実践している方々をパネラーに迎えてパネルディスカッションを実施します。

日本からアジアに向けて活動する際に意識していることや別の地域でのDevRel活動における苦労などを、登壇者の経験を交えてお話します。本セミナーでは、クラウド技術を活用し中国・東南アジア進出を行うためのポイントを紹介します。

 

登壇者プロフィール

f:id:sbc_abm:20201027172340j:plain

寺尾 英作(SBクラウド株式会社 ソリューションアーキテクト)

ITインフラ系企業やクラウド系企業数社でインフラエンジニアを務めながら、各社のエバンジェリストを務めてきました。現在は Alibaba Cloud の日本リージョンを運営しているSBクラウドで Alibaba Cloud ソリューションアーキテクトを務める。最近は、中国のテック事情をウォッチしながら、日本でのAlibaba Cloud普及のため多くのWebinarなどを発信。
中国語を勉強するのが趣味。
Twitter:eterao Qiita:eterao

f:id:sbc_abm:20201027180719j:plain

中津川 篤司(株式会社MOONGIFT 代表取締役)

株式会社MOONGIFT代表取締役。ニフクラ mobile backend エバンジェリスト。プログラマ、エンジニアとしていくつかの企業で働き、28歳のときに独立。2004年、まだ情報が少なかったオープンソースソフトの技術ブログ『MOONGIFT』を開設し、毎日情報を発信している。2013年に法人化、ビジネスとエンジニアを結ぶDevRelサポート「DevRel」活動をスタートした。

f:id:sbc_abm:20201027180739j:plain

千代田 まどか(ちょまど)(Microsoft Cloud Developer Advocate)

マイクロソフトで DevRel をしています。コードを書いたりマンガを描いたりしています。

f:id:sbc_abm:20201027180811j:plain

吉澤 穀(株式会社ヌーラボ Typetalkプロダクトマネージャー)

前職ではSIerにて、Java、C#、Scala/JavaScriptなどを経験。2009年からヌーラボに参画し、受託、Backlog、Cacooの開発やユーザーミートアップを通じて、現在は日本から世界に向けて、 ビジネスコミュニケーションを促進する法人向けチャットツール 「Typetalk」のプロダクト開発を進める。
個人の活動として、Scala黎明期に scala-oauth2-provider * という OSSを公開しScalaの技術認知向上に貢献。現在PdMを務める「Typetalk」もScalaによって開発されている。
ヌーラボでは、2013年からの約1年半、シンガポールにある子会社での勤務経験を持つ。

関連記事 

www.sbcloud.co.jp

www.sbcloud.co.jp

www.sbcloud.co.jp

www.sbcloud.co.jp