IaaS、PaaS、SaaSの違い

IaaS、PaaS、SaaSの違いについて解説します。

as a Serviceとは

as a Serviceは、製品機能のサービス化のことを言います。従来、物で販売されていた商品の機能そのものを物を伴わないクラウドサービスなどによって販売する形態です。

例えば、as a Serviceを使うことで、物理サーバーが無くてもWebサーバを構築することができます。物理サーバーを購入する目的はWebサーバを構築するためであって、ハードウェアが必ずしも欲しいわけではありません。as a Serviceのある世界では、従来、物理サーバーが提供していた「サービスとしての価値そのもの」を取り出し、Webサーバを立てるためのインスタンスをクラウド上で提供します。

IaaS、PaaS、SaaSの違い

IaaS、PaaS、SaaSの違い

as a Serviceの種類は幅広く、提供するサービスのレイヤーの違いによって、IaaS、PaaS、SaaSと異なる名前で呼ばれています。

それぞれの違いは、提供するリソースがインフラ層であるか、ミドルウェア層であるか、アプリケーション層であるかによって大まかに分類されます。

アプリケーションを動かすことをゴールとした場合、IaaSでは環境構築とアプリケーションのデプロイが必要になります。PaaSではアプリケーションのデプロイが必要になります。SaaSではサービスの登録だけで、アプリケーションを動かすことができます。

IaaS

IasS(Infrastructure as a Service)は、ハードウェアなどのインフラ層の機能 (システムの根幹となるコンピューターリソースそのもの) をクラウドによって提供します。仮想化技術を用いて、CPU、メモリ、ストレージなどのITインフラが事業者によって仮想化され、利用者はそれらのリソースを必要なだけ確保、利用することができます。

IaaSの利用例として、Webサイトやアプリのサーバが挙げられます。Webサイトでは、キャンペーン等により、短時間に膨大なアクセスが集中する場合があります。その際に、一時的にコンピュータリソースを多めに借り、キャンペーン終了後リソースを減らすことで、安定したサイトの構築・運用を低コストで行うことができます。

IaaSは純粋なインフラのみを提供するので、初めから便利な機能が実装されているわけではありません。しかし、SaaSやPaaSよりも自由度が高く、カスタマイズ性に優れており、最近では、基幹システムなど重要なシステムの基盤にもIaaSの利用が進んでいます。IaaSのサービス例として、Alibaba CloudのElastic Compute Service(ECS)や、AWSのElastic Compute Cloud(EC2)などが挙げられます。

PaaS

PaaS(Platform as a Service)は、データベースなどのミドルウェア層の機能(あらかじめミドルウェアがインストールされた状態)をクラウドサービスで提供します。自社のアプリケーション開発環境を一から構築するには多くの時間がかかりますが、PaaSは様々な種類のアプリケーションを構築するためのデプロイメント環境を提供しているので、その基盤を利用することで短時間にアプリケーションを開発し、サービスを提供することができます。

主な利用用途として、開発やテストの実施に大きな処理能力を必要とする場合や、アプリケーションのピーク時の負荷を分散する場合などが挙げられます。

SaaS

SaaS(Software as a Service)は、APIサーバなどのアプリケーション層の機能(すでにアプリケーションが構築された状態 )をクラウドサービスで提供します。SaaSを使えば、環境構築やアプリケーションの開発そのものをしなくても、すでに構築されたシステムをインターネット上でそのまま使う事ができます。

1つのサーバを複数の企業で共有することを前提としたマルチテナント式となりますが、ユーザ企業ごとのデータは分離され、セキュリティに配慮した設計となっています。

as a Serviceの使い分け

それぞれの使い分けは「カスタマイズ性」「コスト」に対する考え方によって変わります。「ミドルウェア機能を含めて大幅にカスタマイズした独自のシステムを作りたい」と考えている場合、SaaSよりもIaaSやPaaSが適しています。「完成した機能を早く導入したい」と考えている場合、IaaSやPaaSよりもSaaSが適しています。すでに完成されたアプリケーションが実装されているという点で、SaaSはPaaSよりもコストがかかります。環境構築がすでに行われているプラットフォームという点でPaaSはIaaSよりもコストがかかります。

このようにas a Serviceを使う上では、どこまでの機能を自前で開発、運用するのか、自分たちの組織体制や資本力によって変わってくるのです。

IaaSとVPSの違い

IaaSと同様に、純粋なサーバリソースをインターネット上で提供するサービスとしてVPSがあります。IaaSとVPSの一番大きな違いは課金体系にあります。一般的に、IaaSがクラウドサービス上で従量課金されるのに対し、VPSは月額固定費がかかります。

従量課金型では、アクセスが大幅に増えたとしても、それに応じてマシンリソースの確保が行われるため、サービスを稼働させ続ける事ができますが、上限なく料金を請求されます。

月額固定型では、アクセスが大幅に増えた際にパフォーマンスが制限される可能性がある上、実際の利用量が利用可能枠に満たなかった場合は余分なリソースを無駄にしてしまいます。しかし、月額固定なので無限に課金されることはありません。

まとめ

as a Serviceは仮想化の技術とクラウドの発展により、従来のサービスのあり方そのものを大きく変化させました。何よりもインターネットを通じたサービス提供は、サービスの提供者と利用者双方にとってコスト面で大きな利益をもたらしました。現在ではas a Serviceを横断的に連携するツールなども市場にあらわれ、様々な場面でas a Serviceの活用が進んでいます。システムの効率的な運用、開発を考える上でも、as a Serviceはそれぞれの特性から、サービス利用者と開発者、両方にとってその選択肢を大きく広げてくれることとなったのです。