SBクラウド株式会社logo

米中を繋ぐオンライン英会話サービス「VIPKID」、高音質の裏側にあるAlibaba Cloudの技術



オンライン英語教育サービス最大手VIPKID
オンライン英語教育サービス最大手VIPKID https://www.vipkid.com.cn/

中国では様々なオンライン教育サービスが台頭しています。就学前教育、学校の補修、職業訓練向けがあり、それぞれに教師がオンライン対応するサービスとAIが対応するサービスが様々な企業からリリースされています。新型コロナウイルスが感染拡大した2020年以前にもサービスは多数リリースされていましたが、2020年にオンライン授業が強いられた結果、オンライン教育は一層注目が集まりました。

老舗オンライン教育サービスを提供する企業に、VIPKIDという企業があります。マンツーマンの英語レッスン系サービスでは最大手の教育系企業でありサービスです。話し手がネイティブスピーカーであるだけでなく、アメリカの子どもの学習基準「CCSS」に準拠したプログラムであり、レッスンの内容にも力が入っています。利用価格は1レッスンで約100元(約1,700円)なので、収入格差はあるにしろ多くの中国人にとって安い値段ではないでしょう。それでも、多くの利用者がいます。

2018年中国オンライン青少年英語教育ホワイトペーパー(2018中国在線青少年英語教育白皮書)によると、VIPKIDはオンライン英語教育サービスで67.2%のシェアがあります。マンツーマンで北米在住の英語のネイティブスピーカーと中国在住者(主に3~15歳の子どもが対象)を繋ぎ、ライブストリーミングで英語レッスンを行うものです。2020年8月の時点で、有料会員数が80万人、北米在住の外国人教師登録者数が9万人を超えています。

VIPKIDは外国人のネイティブスピーカーと1対1で英会話学習ができるのが強みですが、VIPKID傘下のLingo Busというサービスでは、逆に外国人の子どもがネイティブスピーカーの中国人から中国語を教わるというサービスを提供しています。

 

 

中国企業は商戦期や伝統的な祝祭日はもちろんのこと、新型コロナウイルス感染拡大などピンチの状況さえも顧客獲得のチャンスとして活かし、サービスの大盤振る舞いを行う傾向にあります。VIPKIDもまた、無料でオンライン授業を外出できない学生たちや教師に150万レッスン分提供しました。武漢の医療スタッフをねぎらう意味でも、医療スタッフの子どもに優先して無料利用の権利を与えました。

ただしサービスを提供するにあたって、音声や動画の品質を保証する必要がありました。1対1のオンライン語学レッスンは、25分または50分行われます。その間の音声や動画が途切れ途切れでは、サービスは評価されず、また使いたいとは思いません。

映像系SNSのZoomや音声系SNSのClubhouseが人気になった理由のひとつに、音声や映像のクオリティに不満があまり出なかったという点は挙げられるでしょう。VIPKIDも映像で外国の講師と中国の学生を繋いで1対1でレッスンするので、不満が出ない品質で中国と北米をつなげる必要があるわけです。

そのためVIPKIDは品質保証として、映像品質が不十分だった場合は、先生にレッスン料を払い、生徒にも返金処理を行うことをうたっています。

これを実現すべく、Alibaba CloudはVIPKIDのニーズを受け、エッジコンピューティング(分散コンピューティング)の活用やネットワーク(通信機器)の挙動をソフトウェアによって制御する「SDN」などを活用し、米中間の安定した高速通信を実現しました。

Alibaba Cloudのエッジコンピューティング技術やSDNを活用
Alibaba Cloudのエッジコンピューティング技術やSDNを活用 出典 https://developer.aliyun.com/article/744925

また同時にVIPKIDのオンライン教室で、教師と学生の動画の音声から学生の音声を取り出して、発音や正しさや流暢さをAIで評価し、問題点や成長度を把握できるようにしました。その長期的な変化をグラフにまとめ保護者とシェアする機能を実装したほか、各学生の学習達成度と各教師の能力をAIとビッグデータで把握し、学習の進捗状況から最適な講師の割り振りをするシステムを構築。本レッスン前の予習や復習コンテンツも充実させました。加えてAlibaba CloudとVIPKIDの提携で既存の業務内容をクラウド化し業務の効率アップを実現しました。

 

AIとビッグデータでスマート化
AIとビッグデータでスマート化 出典 https://www.vipkid.com.cn/web/sem

VIPKIDの事例ではAlibaba Cloudを利用することで、国をまたいで多くの人が同時に映像配信し、かつビッグデータやAIでその映像配信内容を分析するサービスを実現しました。日本で今後ますます広がるオンライン教育にも、このような手法を参考にしてもらいたいところです。

 

関連記事

www.sbcloud.co.jp

www.sbcloud.co.jp

www.sbcloud.co.jpwww.sbcloud.co.jp

www.sbcloud.co.jp

 

関連ソリューション

www.sbcloud.co.jp

www.sbcloud.co.jp

筆者プロフィール

f:id:sbc_kitano:20200219152250p:plain

山谷 剛史(やまや たけし)

1976年東京生まれ。東京池袋近辺、福岡市、中国雲南省昆明育ち。フリーランスライター。
2002年より一貫して中国やアジア各国のITやトレンドについて執筆。中国IT業界記事、中国流行記事、中国製品レビュー記事を主に執筆。

主な著書に『中国のインターネット史 ワールドワイドウェブからの独立 (星海社新書)』『ゼロからはじめる 海外旅行でスマホ活用 スマートガイド』『新しい中国人 ネットで団結する若者たち (ソフトバンク新書)』など

公式プロフィール:https://about.me/yamayat
Twitter:https://twitter.com/YamayaT