中国向けWebサイトの基礎知識③ICPライセンス不要でWebサイトを開設する方法

中国インターネット事情に詳しいSBクラウドの吉村 真輝が解説する「中国向けWebサイトの基礎知識」、今回は「ICPライセンス」を取得せずに中国向けWebサイトを開設する方法について解説します。
(聞き手:SBクラウド株式会社 阿部 真人)

過去のインタビューはこちらです。ICPライセンスの基礎知識から申請方法を解説しています。

 【お知らせ】7月26日、都内で中国向けWebサイトセミナーを開催します。

 

SBクラウド株式会社 吉村

前回の記事ではICPライセンス不要で中国向けWebサイトを開設する方法があるって言いましたけど、そんな裏技があるのでしょうか?ちゃんと合法的なヤツですよね?

吉村:もちろんです(笑)ICPライセンスは中国本土内での制度なのですが、香港は対象外とされています。香港でWebサイトを開設すればICP登録の規制を受けません。

f:id:sbcloud:20190710185931p:plain

なるほど!ちなみに、香港でWebサイトを開設した場合、サイトの表示が遅くなって検索エンジンの評価が下がる、とかの問題はないのでしょうか?

吉村:中国本土から香港は非常に距離が近いため、Webサイトの表示速度もそれほど低下することはありません。

この表は、クラウドサービスA社の東京リージョンとAlibaba Cloudの東京リージョン、香港リージョンのスピード比較表です。

それぞれのリージョンから中国本土の1,000個ぐらいのIPアドレスに、ランダムに通信させて速度の平均値を測定した結果なのですが、Alibaba Cloudの香港リージョンが大幅に速く、安定していることがわかります。

f:id:sbcloud:20190710190256p:plain

吉村:中国本土のインターネットとアリババクラウドの香港リージョン間の通信は最適化され、非常に接続性がよくなっているため、このような結果となっています。

また、さらに表示を速くさせるために中国国内のCDN(Content Delivery Network)を利用する方法があります。Alibaba Cloudは中国本土に700以上のノードを保有しており、China Telecom、China Unicom、China Mobile、CERNETなどの中国国内の主要キャリアにも対応しています。ストリーミング配信など、容量の多いコンテンツを配信する場合はCDNを利用するのがおすすめです。jp.alibabacloud.com

f:id:sbcloud:20190710190447p:plain

Alibaba Cloudは中国国内に700以上のCDNを保有

香港にWebサイトを開設する方法はわかったのですが、それでも日本と香港の両方にサーバーを置くのは管理が面倒ですよね。日本にWebサーバー置いたままで何とかする方法ってないのですか?

吉村:そういった運用も可能です!

本当ですか?それも合法?

吉村:もちろん(笑)。日本のWebサイトへの表示が遅い原因のひとつが、日本と中国のインターネット通信が不安定、というのがあります。 

f:id:sbcloud:20190706222327j:plain

中国と海外のインターネット通信にはさまざまな不安定要素があります(写真はイメージ)

吉村:これを回避する方法として、日中間の通信をインターネットではなく専用ネットワークを利用すれば通信を安定させることができます。

例えば、SBクラウドでは縁通と共同で中国向けWebサイトの高速化ソリューションを提供しています。

   www.sbcloud.co.jp

このサービスは縁通が提供する国際通信サービス「縁通China Premium Internet」とAlibaba Cloudの東京リージョンにあるWebサーバーを「Cloud Enterprise Network(CEN)」で相互接続する方法です。

社内のポリシーでどうしても中国国内にWebサーバーを置けず、ICP登録ができない企業や団体がこのサービスを利用していますね。

f:id:sbcloud:20190706223826p:plain

「縁通China Premium Internet」と「Alibaba Cloud」の相互接続イメージ

3回にわたって「ICPライセンス」など、中国向けWebサイトの構築方法を解説いただきましたが、中国向けWebサイトといってもさまざまなパターンがあるのですね。

吉村:そうですね。私のおすすめとしては、まずはスモールスタートで香港リージョンから始め、スケールアップしてきたタイミングでICP登録を行い中国国内にに移行する、というステップを踏んでいくのがおすすめです。

どうしても、国外にサーバーを設置できない場合は、日中間を専用ネットワークで接続するなどして、通信環境を最適化することを検討しましょう。

f:id:sbcloud:20190710161705j:plain

杭州のAlibaba Cloud本社を訪れたときの様子

<取材後記>

今回は「ICPライセンス」について解説しましたが、今後も中国のインターネット事情をテーマにしたコラムを展開していきます。中国のインターネット事情について悩んでいること、知りたいことがあれば、SBクラウド公式Twitterアカウントまでご連絡ください!

 

<関連記事>

 ICPライセンスの基礎知識を解説した記事です。www.sbcloud.co.jp

 ICPライセンスの申請方法を解説した記事です。

www.sbcloud.co.jp 

 Alibaba Cloudの香港リージョンについて解説した記事です。

www.sbcloud.co.jp

 

【お知らせ】7月26日「中国向けWebサイト」に関するセミナーを開催します。

f:id:sbcloud:20190708170724p:plain

解説者プロフィール

吉村 真輝

吉村 真輝(よしむら まさき)

SBクラウド株式会社 ソリューションアーキテクト

2019年1月、SBクラウド株式会社入社。Alibaba Cloud 公式トレーナーとして日系企業の中国におけるクラウドサービス利用を数多く支援していることに加え、日中ビジネスのスペシャリストとしての一面もあり、両国の最新事情や動向にも精通している。また、JAIPA Cloud Conference 2019(https://cloudconference.jaipa.or.jp/)実行委員長も務めていている。趣味はDJ。