【中国コロナ対策】BATHやAIユニコーンの無償支援サービスまとめ

今も世界中で猛威を振るい続けている、新型コロナウイルス。そんな危機的状況の中、ウイルス感染拡大防止のため、中国の大手IT企業がAIやビッグデータなどITを活用したサービスを次々と無償で提供し、話題になっています。各社のサービスがどのようなものなのか、見ていきましょう。

 

業界大手4社「BATH」が提供する、新型コロナウイルス対策関連サービス

BATH(Baidu, Alibaba, Tencent, Huawei)とは、中国を代表する4つの大手IT企業の頭文字を取った略称。それぞれ大規模なITインフラを持っているBATHが、今回クラウドを通じて新型コロナウイルス感染防止のために必要な各種サービスを展開しています。特に新型コロナウイルス流行初期は、この4社のサービス提供の早さが注目を集めました。

 

1、百度(バイドゥ、Baidu)

バイドゥ は、「オール・イン・エーアイ(All-in-AI)」という戦略のもと、中国AI領域のリーディングカンパニーとして注目を集めています。新型コロナウイルス対策としては、感染状況の把握・感染予防・診断補助などにAI技術を生かしています。たとえば、アウトバウンド・コール・ロボットで一斉電話して感染状況を確認したり、防疫ロボットを利用してマスクチェックしたりするサービスを提供しています。さらに、新型コロナウイルスに対応するため、多くの技術成果をオープンソース化しました。

バイドゥは、オンラインマーケティングサービスとAI技術サービスを無償提供する「百度共度計画(Baidu WE DO)」も発表しています。具体的には、中小企業のオンラインサービス構築・マーケティングを手助けするため、サイト構築・AIチャットボット・ライブストリーム・サイトデータ統計などのサービスを無償提供します。加えて、240件ものAI技術サービスとAIワーキングプラットフォーム「如流」の無償提供、モノのインターネットプラットフォーム「天工」の1年間無償提供なども盛り込まれています。

 

状況把握 アウトバウンド・コール・ロボット

電話ロボットを利用してコロナウィルス拡散時の状況確認を、電話で確認する。
特にコロナウィルスの濃厚接触者、コミュリティ住民へ電話を掛ける時に利用される。
並行して1秒1500通のコールが可能。

社会状況ヒートマップ

人口移動のヒートマップ、リアルタイムの道路状況ヒートマップ、発熱患者受付病院ヒートマップ
コロナウィルス患者のいる住宅街ヒートマップ、生産回復ヒートマップなどを提供する。

感染予防 AIによるマスクチェック

バイドゥのオープンソース深層学習プラットフォーム「Paddle-Paddle」に
マスクチェック付き顔認識用のモデルを公開し、多くの顔認識アプリケーションに利用されている。

AIによるスピーディーな体温測定

AI画像認識技術とサーモグラフィー技術を利用してスピーディーな体温測定を実現する。
1分間で200人の体温を同時に測定することが可能。駅、公共施設、ショッピングモール、オフィスビルなどで利用されている。

ロボットによる防疫

パートナー企業のロボット本体を生かしてマスク認識、体温測定、防疫知識宣伝、出勤カード考課、
紫外線消毒などの機能を加え、公共スペースで防疫に当たる。

診断補助 AIアシスタント+オンライン医師問診

症状を踏まえてほしい情報を検索し、検索できた情報が疑問を解消できない場合、AIアシスタント(ロボット)に聞く。
それでも解消できない場合、医師につながる。医師の人手不足の解消に役立つ。

肺炎CT画像診断補助

CT画像に対して、肺炎の病巣検査・識別、病巣のアウトライン描画などに利用される
肺炎CT画像分析モデル「 Pneumonia-CT-LKM-PP 」をオープンソース化した。読影の効率化・正確率を向上。

LinearFoldアルゴリズム

LinearFold(Linear-Time Prediction for RNA Secondary Structures)アルゴリズムをオープンソース化し、
コロナウイルスのゲノム解析にかかる時間を大幅に短縮し、ワクチン開発を加速できることが期待されている。

その他 バイドゥ生物・医療翻訳無償サービス

生物・医療領域向け、自然言語処理(NLP)用のコロナウィルス関連辞書を
無償で提供することにより、マルチ言語での利用が可能。

 

2、阿里巴巴(アリババ、Alibaba)

アリババでは、先端技術研究機関「DAMOアカデミー(阿里巴巴逹摩院)」の研究成果をもとに、新型コロナウイルス感染症の広がり具合を予測する流行予測ソリューション・CT画像解析ソリューション・コロナウイルス診断向けゲノム解析ソリューション・感染予防・治療に関するハンドブックなどの無償提供を行っています。

 またアリババが展開している、世界トップクラスのクラウドサービス「アリババクラウド」によって、新型コロナウイルス感染対策の各種サービスを迅速に構築できるようになりました。たとえば中国の医師と世界中の医師をつなぐバーチャル・コミュニティの構築により、世界中の医師らは中国の医師との情報共有でき、最前線の医療対策に関する情報を得られるのです。 

 なお、All-in-one モバイルオフィスソリューション「DingTalk」を通じて、ビデオ会議やオンライン学習なども気軽にできます。「DingTalk」は在宅学習プラットフォームの一つとして、ユネスコ(UNESCO、国際連合教育科学文化機関)から推薦されています。www.sbcloud.co.jp

 

流行予測ソリューション
(Epidemic Prediction Solution)

特定の地域におけるCOVID-19の流行の特徴をモデル化し、流行規模・ピーク時間・ピーク期間・流行の広がり傾向を、
「楽観的」、「中立的」、「悲観的」といった3つのレベルで評価する。
公共政策立案者や医学研究者が、
感染予防・制御対策や医療資源配分、旅行勧告などを企画・実施する際に参考にすることが可能。

CT画像解析ソリューション
(CT  Image Analytics Solution)

COVID-19を診断する際の検査精度と検出効率を大幅に向上させるCT画像解析技術であり、
中国におけるデータを使用して学習したディープ・ラーニング・アルゴリズムにより、
COVID-19の異種を含む、さまざまな種類の肺炎の確率を予測することが可能。
また、肺領域のセグメンテーション法を使用して、肺全体に対する病変の割合と罹患体積比の計算も実行可能。

コロナウイルス診断向けゲノム解析ソリューション
(Genome Sequencing for Coronavirus Diagnostic Solution)

ウイルス遺伝子データのスクリーニング・進化解析・タンパク質構造解析、診断レポートを含む、
コロナウイルス解析のためのウイルス・ゲノム解析ソリューションであり、14時間以内に新型コロナウイルスの診断を完了することが可能。
このソリューションにより、疾病管理センター、病院、診療所、および研究所は、不十分な核酸検出能力、PCR法の高い偽陰性率、ウイルス突然変異の可能性といった課題に対処することが可能。

エラスティック・ハイパフォーマンス・コンピューティング(E-HPC)
フォー・ライフサイエンス・ソリューション
(Elastic High-Performance Computing Solution for Life Sciences)

E-HPCは、高性能コンピューティング・クラスタ・ソリューション+AIプラットフォームとして、生命科学アプリケーション、
特に「コンピュテーショナル・ドリブン・ドラッグ・デザイン( CDDD, Computational-Driven-Drug-Design)」と
「AIドリブン・ドラッグ・デザイン( AIDDD, AI-driven-Drug-Design)」の研究者向けに設計されている。
COVID-19肺炎向けインテリジェントCT診断システムの診断時間の短縮や遺伝子構築の高速化などが可能。

COVID-19対策ハンドブックなどの
ナレッジシェアリング

馬雲公益基金会(ジャック・マー公益基金会)の発案・支援のもと、浙江大学医学院( Zhejiang University School of Medicine )
第一付属病院の医師やその他の医療関係者が新型コロナウィルスと第一線で戦っていた知識と経験をまとめたハンドブックであり、
複数の言語で無料提供される。現時点では6冊が提供されている。
【公開サイト】https://gmcc.alibabadoctor.com/prevention-manual

COVID向けチャットボット

COVID-19向けのチャットボットであり、アウトバウンドコールとオンライン問診といった機能を持つ。
アウトバウンドコールは、感染状況のアンケート、ランダム確認などに一斉電話を掛けてヒアリングする。
オンライン問診は、ウェブサイトでコロナウィルスに関する情報提供や質疑回答などに利用される。

All-in-one モバイルオフィスソリューション
「 DingTalk(釘釘) 」

無料でビデオ会議の開催が可能。最大302人の同時オンライン状態をサポートする。
スクリーンやファイルの共有や美顏機能など便利な機能も搭載。このほか、コンタクトリスト、チャット、ライブ配信などの機能も完備。
オンライン授業やテレワークなどによく利用されている。中国語、日本語、英語に対応しており、
中国(香港・マカオ含む)、日本、マレーシア、シンガポールなどに向けてサービスが提供されている。

健康状況デジタル証明書ソリューション
支付宝(アリペイ)健康コード

アリババのペイメントアプリ「支付宝(アリペイ)」で個人の健康状況を証明するデジタル証明書であり、
赤・黄・緑と3色のQRコードを利用して個人の健康状態を証明する。
QRコードをスキャンするだけで、健康コードが表示され、コードが緑色であれば健康状況良好だが、赤と黄色の場合は、規定に基づいて隔離や健康チェックを行うことになる。
オフィスビル、住宅コミュニティ、高速道路インターチェンジなどで健康コードを見せるだけで、健康状況を証明することができるので、感染のリスクが低下する。

 

3、騰訊(テンセント、Tencent)

  テンセントは、中国最大規模のSNSアプリ「WeChat」と「WeChat Pay」を持っており、情報伝達能力が強力です。今回の事態を受けて、自社ITやクラウドサービスを活用したサービスであるCOVID-19症状セルフチェッカーや、 300人までが同時に参加できるオンラインビデオ会議システムなどを無償提供しています。

   テンセントは、元々メディカル・ヘルスケア情報サイト「微医(WeDoctor)」、医学・医療・薬学などに関するコミュニケーションプラットフォーム「丁香園(DX Doctor)」を持っていました。今回に関しては、オンラインで質疑応答するツールも提供しており、大いに役立っています。

 

COVID-19対策ナレッジの共有 テンセント医典と医師が協力してCOVID-19対策紹介文章と動画を通じて、アットホームなコロナウィルス予防、自己隔離、及び症状があった場合の受診などに関する参考情報を共有する。それに、個人向けコロナウィルス予防ガイドラインや病院向けコロナウィルス対策ガイドラインなどの資料も公開。
COVID-19症状セルフチェッカー(COVID-19 Symptoms Self-checker) 中国国家衛生健康委員会やWHOのCOVID-19対策ガイドラインなどをもとに、ウェブサイトで症状をアセスメントするセルフチェッカーを提供する。医師の診断の代わるものではなく、参考用のものである。このツールは、オープンソースとして公開されている。
COVID-19対策グルーバルコンサルテーションと予防センター(WeDoctor Global Consultation and Prevention Center) テンセント系のモバイルインターネットメディカル・ヘルスケア情報サイト「微医(WeDoctor)」において、COVID-19に関する質疑応答、心理的健康支援、予防ガイドライン、コロナウィルス感染状況マップなどのツールを提供する。
COVID-19グローバル・パンデミック・リアルタイム・レポート(DX Doctor COVID-19 Global Pandemic Real-time Report) テンセント系の医学・医療・薬学・生命科学などに関するコミュニケーションプラットフォーム「丁香園(DX Doctor)」にてCOVID-19のグローバル的なリアルタイム感染情報を集約・公開する。 COVID-19に関するナレッジやデマ情報釈明・拡散防止、医師によるオンラインオープンレッセンなども提供する。
世界向けCOVID-19対策サービスパッケージ(International Anti-COVID-19 Service Package) テンセントのクラウドサービスを提供するテンセントクラウド(Tencent Cloud)にて世界に向けてCOVID-19対策サービスパッケージを提供する。リモートワーキング、ビデオ会議、オンライン医療、公共機関発信情報の配布などのサービスが含まれる。
オンラインビデオ会議システム
(Tencent VooV Meeting)
Tencent VooV Meetingは、オンラインビデオ会議システムであり、2020年1月24日から新型コロナウイルス対策による制限が終了まで、企業に300人まで同時に参加できるオンライン会議サービスを無料で提供し、オンラインイベントなどの遠隔コミュニケーションが必要な企業を支援する。
エンタープライズ向けコミュニケーションツール(WeChat Work) エンタープライズ向けのトータルコミュケーションツールであり、報告・連絡・相談、申請・承認ワークフロー、健康状況報告、オンラインビデオ会議、スケジュール管理、コンタクト管理、資料共有などに利用されている。

 

4、華為(ファーウェイ、Huawei)

ファーウェイは、通信大手としてエンタープライズ向けのクラウドインフラを提供しています。パートナー企業と組み、自社のクラウドサービスやAI技術によって新型コロナウイルスと戦う世界中の顧客を支援する「COVID-19撃退計画」を実行しています。EIHealthと呼ばれるサービスでは、ウィルスゲノム解析、イン・シリコ・ドラッグ・スクリーニング、AIアシストCTスクリーニングなどを無償提供しています。このほか、教育向けオンラインサービスやエンタープライズ向けクラウドサービスも無償で提供しています。

 

EIHealth ウィルスゲノム解析( Virus Genome Analysis ) 病院や医療研究開発機構に向けてウィルスゲノム解析サービスを無償提供する。
Virus Detection
Genome Assembly
Mutation Analysis
Evolution Analysis 
イン・シリコ・ドラッグ・スクリーニング( In silico drug screening ) 病院や医療研究開発機構に向けてイン・シリコ・ドラッグ・スクリーニングサービスを無償提供する。
Protein Homology Modeling
Molecular Dynamics Simulation
Molecular Docking
AIアシストCTスクリーニング( AI-assisted CT screening ) 病院や医療研究開発機構に向けてAIアシストCTスクリーニングサービスを無償提供する。
Lesion segmentation and quantitative analysis
3D reconstruction
Follow-up examinations and comparisons
教育オンラインサービス( Online Education ) - 教育機構向けのオンラインサービスであり、学校に行かなくてもオンラインで教育を継続する遠距離授業(Distance learning )、オンラインカリキュラム開発( Curriculum development )、 オンライン自己学習( Online self-study )などのサービスで無償提供し、「Learning Never Stopped」をサポートする。
エンタープライズ・オン・クラウド・サービス( Enterprises on Cloud ) - ECSs、データベース、ストレージ、クラウドバックアップ、CDNなどエンタープライズ向けのクラウドサービスを無償提供する。

 

CV Big 4が提供する新型コロナウイルス感染者発見ソリューション

 新型コロナウイルス感染者を発見しつつ医療業界の人手不足や感染リスクを防ぐには、AI技術が大いに役立ちます。特に、商湯科技(センスタイム、SenseTime)、曠視科技(メグビー、Megvii)、依図科技(イトテック、YITU)、雲従科技(クラウドウォーク、 CloudWalk)といった中国コンピューター・ビジョン領域のBig 4(Computer Vison Big 4 of China、四小龍Four Little Dragonsとも呼ぶ)が注目されています。
 この4社は、中国トップクラスのコンピューター・ビジョン技術を持っており、新型コロナウイルスとの戦いで活躍しています。自社の画像認識技術とサーモグラフィー技術を利用したスマートAI防疫ソリューションなどを提供。これらのソリューションを活用すれば、対象者に接触せずに体温測定・マスク着用チェック・顔認識などの機能を通じて新型コロナウイルス感染者を発見できます。このほか、CT画像を分析して病巣特定するなどの機能によって、医師の診断意思決定の支援を行っているのです。

 

商湯科技
(センスタイム、

SenseTime)
画像認識技術とサーモグラフィー技術を利用したスマートAI防疫ソリューション( Smart AI Epidemic Prevention Solutions )を提供し、地域通行や出入り口通行などで接触せずに、顔認識、マスクチェック、体温測定を行うことが可能。
画像処理技術を利用したセンスケア・スマート・ヘルス・プラットフォーム(SenseCare Smart Health Platform)を提供する。肺のCT画像を分析し、異常検出、病巣特定やレポートの自動作成などの機能を通じて医師の診断を支援する。蓄積できたノウハウや経験などを医療機構や大学などワクチンなどの研究開発に共有する。
AI教育に特化したセンススタディー・エーアイ・プラットフォーム(SenseStudy AI platform)を提供する。オンラインでAIの理論やプログラミング知識を勉強することが可能。
曠視科技
(メグビー、

Megvii)
曠視明驥AI体温測定ソリューション(AI-enabled temperature detection solution)を提供し、「ボディー認識+顔認識+ダブルセンシング(赤外線・可視光線)」技術を生かして、流動人口が多い電車駅・バスターミナル・空港などのパブリックスペースで迅速に体温異常を発見することが可能。3メートル以内で、マスクや帽子を着用していても体温の認識誤差は±0.3℃の範囲内で押さえられる。
依図科技
(イトテック、

YITU)
新型コロナウィルスCTスマート評価システム(Coronavirus Chest CT Smart Evaluation System)を提供し、肺の病巣の形態・範囲・密度などの定量的分析とオミックス解析、病変分類(局所病変・びまん性病変・全肺性病変)や治療効果分析などを行い、医師の意思決定を支援する。
雲従科技
(クラウドウォーク、 CloudWalk)
顔認識技術とサーモグラフィー技術を利用したAIインテリジェント防疫ソリューション( AI Intelligent Epidemic Prevention Solution )を提供し、体温異常検出・マスク無着用チェック・リアルタイムフェイスキャプチャーなどの機能を持つ。 Cross-border person re-identification (ReID) 技術を利用して遠く離れた場所に設置された防犯カメラに写った映像を用いて個人を識別することが可能で、適切な距離で体温測定することに便利。

 

教育技術専門会社はオンライン教育サービスの提供で学生を支援

 新型コロナウイルス感染が収束するまでは学校の構内での授業開講が完全には難しいため、学校や学生が困惑しています。そこで中国の教育技術専門会社では、教育をオフラインからオンラインへシフトするためのシステムサービスやコンテンツサービスを提供。学生たちがリモート授業によって学習を継続できるよう、支援しています。

 これらオンライン教育を支援している代表的な企業としては、中国時間外教育大手「好未来(ハオウィーライ 、TAL)」、ラーニング・マネジメント・システム大手「偉東雲教育(ウィードーンクラウドエデュケーション、Weidong Cloud Education)」、インテリジェント適応教育専門会社「松鼠AI(ソーンソウエーアイ、Squirrel AI)」などが挙げられます。好未来と偉東雲教育は、ユネスコと連携して海外に向けてもオンラインシステムやコンテンツを無償提供しています。

 

好未来(ハオウィーライ 、TAL)

中国インテリジェントエデュケーション領域のリーディングカンパニーであり、2020年1月から「避風港計画」を発表し、教育パートナー機構にライブレッセン(オンライン教室)システム、コースコンテンツ、オペレーションサポートなどを無償で提供する。このほか、ライブウェブキャストクラウド( weclassroom.com )をオフライン教育機構に無償提供し、オフラインからオンラインへのシフトを支援する。
ユネスコ(国際連合教育科学文化機関、United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization U.N.E.S.C.O.) の「Keep learning. Together we are on the move」の理念のもとで、以下の三つのアプリケーションを無料で提供する。

① CodeMonkey:子供向けのオンラインプログラミング教室( codemonkey.com)
② Dr. Panda:子供向けの教育ソフトウェア、ゲーム、TVアニメーションなど( xiongmaoboshi.com )
③ FirstLeap English:AI教育技術を生かした子供向けの英語トレーニングサービス( firstleap.cn )

偉東雲教育(ウィードーンクラウドエデュケーション、Weidong Cloud Education) グローバル・インターネット・エデュケーションを展開する中国トップクラスの会社であり、中国の学校にウィードーン・ラーニング・マネジメント・システム(Weidong Learning Management System, WeLMS)を無償で提供することで、 中国の学校10000校は、オンラインでの教学と学習ができるようになる。
ユネスコと協力し、「Stay Connected, Stay Learning」の理念のもとで、アジアやアフリカに向けて、ウィードーン・スマート・クラスルーム「 Weidong Smart Classroom 」を無償で提供する。クラウドもオンプレミスもシステムの構築サポートやメンテナンスをリモートで無償提供する。
松鼠AI(ソーンソウエーアイ、Squirrel AI) 中国インテリジェント適応教育( Intelligent Adaptive Education, IAE)のリーディングカンパニーであり、ベイジアンネットワーク、ニューラルネットワークなどのベーシックアルゴリズムを生かしてインテリジェント適応教育システム (IALS, Intelligent Adaptive Learning System)を提供する。
COVID-19対策の一環として、湖北省および中国全土にわたり、5億人民元相当のオンライン学習アカウントを提供し、家でも学習を継続できることを支援する。

 

f:id:sbc_kitano:20200529142731p:plain
〈好未来が無償提供している、weclassroom.com〉

 

松下幸之助氏が「企業は社会の公器」という言葉を残しているように、新型コロナウイルスが猛威を振るっている今こそ、企業の社会的価値が問われています。各企業が新型コロナウイルス感染拡大を抑制するサービスを多角的に提供できれば、社会に対して最大限に貢献できていると言えるでしょう。

 

 

唐 徳権 とう とくけん

唐 徳権 (とう とくけん)

イーパオディング株式会社代表取締役社長
北京璞華ロボット情報技術有限公司Founder &CEO

中国におけるロボット及び人工知能事業、日中間のビジネスコンサルティングに従事。ロボットや人工知能についての情報発信も積極的に行っている。日経クロストレンドでは「中国デジタル革命の深層」という連載を執筆中

 

<関連記事>www.sbcloud.co.jpwww.sbcloud.co.jpwww.sbcloud.co.jpwww.sbcloud.co.jpwww.sbcloud.co.jpwww.sbcloud.co.jpwww.sbcloud.co.jpwww.sbcloud.co.jp