SOZONEXTのインバウンドソリューションのシステムは日本と中国それぞれにリージョンを立て、専用線で両リージョン間の通信をするというインフラ要件がありました。

株式会社SOZONEXT

https://www.sozonext.net/
概略
中国のグレートファイアウォールがあるため、お客様のサービス利用離れが発生してしまうリスクがあります。そのため、システム構築インフラ要件を満たすAlibabaCloudを選択しました。
ご利用製品
ECS

課題

SOZONEXTのインバウンドソリューションは、訪日観光客(主に中国観光客)向けにSNSを利用したマーケティングと宿泊施設、コト体験、人間ドック、美容整形、レストラン、送迎等の事前予約及び宿泊客向けのコンシェルジュサービスを行い、訪日観光客向けの「来日前」「来日中」「帰国後」全段階をカバーするインターネット経由のサービスです。

このインバウンドソリューションのシステムは利用シーンに応じて、日本(来日中)と中国(来日前、帰国後)それぞれにリージョンを立てないと、また必要に応じて専用線で両リージョン間の通信ができないと中国のグレートファイアウォールの影響で両国を跨ってのシステムのユーザビリティが悪く、お客様のサービス利用離れが発生してしまうリスクがあります。 現時点では弊社のシステム構築インフラ要件を満たすパブリッククラウドはそもそも選択肢としてAlibaba Cloudしかありませんでした。

弊社親会社(株式会社ニュートラストシステム)の中国開発センターが持つ開発フレームワーク(翼プラットフォーム)を利用し中国国内のお客様向けに Alibaba Cloud上で数多くシステム構築を行った実績もあり、慣れた開発インフラと開発フレームワークで効率よくシステム構築を行う狙いがあります。

導入効果

2017年4月時点で既に本番運用して3ヶ月目になります。実際利用してみて、以下のようなメリットを感じます。

・シンプルな画面UIで操作しやすい

・シンプルな価格体系

・円建てで複数国のリジョンが購入可能で為替リスクがなく、社内の会計処理も簡単で済む

・問題発生時のサポートセンターのチケット対応も丁寧で早い

・全般的にはコストパフォーマンスが高い

担当者コメント

Alibaba Cloudを利用することで対中国ビジネスでのシステム構築のハードルがかなり下がると思います。

 

 

必要に応じてアプリケーションのREGIONを選択
必要に応じてアプリケーションのREGIONを選択

 

 

ECS内部構成
ECS内部構成

 

 

独自開発フレームワーク構成
独自開発フレームワーク構成