ファーストアカウンティング株式会社

Elastic Compute Service(ECS)のGPUインスタンスは低コストに加えて、非常に安定しているため深層学習には最適な環境だと思います。

ファーストアカウンティング株式会社

https://www.fastaccounting.jp/
概略
経理会計業務に特化したAIソリューション「Robotaシリーズ」を提供するファーストアカウンティング株式会社はNVIDIA GPU CLOUD(NGC)を搭載したECSインスタンスを利用し、AIによる深層学習を行っています。
ご利用製品

ファーストアカウンティング株式会社 ご紹介

AIの力を使って「経理、その先へ」というビジョンを掲げる実現 ファーストアカウンティング。2016年設立の同社が提供する経理会計業務に特化したAIソリューション「Robotaシリーズ」はフィンテックアワード2019でゴールドを受賞するなど、大きな注目が集まっています。

課題

ファーストアカウンティングが提供する「領収書Robota」「請求書Robota」「通帳Robota」は、AIの深層学習によるOCRで、写真撮影またはスキャンしたレシートや領収書、請求書、銀行通帳の画像から日付や金額などの情報を高精度に読み取り、データに変換します。そのデータを、別のAIである「確認Robota」が正確性をチェックします。

また、「仕訳Robota」は数十万件の実際の仕訳データから開発・深層学習したAIにより、読み取った金額や取引先等のデータを元に自動で仕訳を行います。他にも、経費申請で利用される台紙に添付された証憑から、領収書を1件ずつ認識し、自動的に向きを整えてデータ化する「台紙切取Robota」もあります。

この2つの技術はGPUを利用して深層学習を行う必要があり、当初は大手クラウドサービスを利用していましたが、学習リソースの増加に伴ってコストが増大することが課題となっていました。

そのため、別のクラウドサービスが提供しているGPUへと移行しましたが、移行先では突然サーバが再起動してしまうトラブルが頻発するなど、品質が安定せず、深層学習が思うように進まないという新たな課題に直面しました。

Alibaba Cloud選定理由

ファーストアカウンティングでは、複数のクラウドサービス比較検証した結果、Alibaba CloudのECSが導入を決定しました。
「実は、最初の段階でAlibaba Cloudも検討しておりました。スペック的には問題なく使えて、コストも他社より安く、安定的に稼働させられることも実証済みだったのですが、東京リージョンではまだGPUが提供されていなかったため、採用を見送った経緯がありました」(ファーストアカウンティング株式会社 共同創業者  松田顕 氏)

そのため、再度クラウド移行を検討した際には、Alibaba Cloudが真っ先に候補にあがったようです。 「SBクラウドの方から東京リージョンでもGPUが利用可能になっていることを教えていただき、コスト面でも大きな優位性があったことから、Alibaba Cloudを利用することに決めました」

導入後の効果について

Alibaba Cloudの導入により、同社では安定した深層学習の環境を手に入れることができました。br「導入後はこれまでのようなトラブルも無く、直感的な UI/UXが非常に使いやすいです。弊社のAIエンジニアもサーバの不具合に悩んでいたので、移行に対してネガティブな反応はありませんでした」

「今は東京リージョンのECSでNDVIDIAのGPU(NVIDIA GPU CLOUD:NGC) を数台利用していますが、時期によっては大量の計算が必要になることがあり、急なサーバー増設を行うこともあります。他社クラウドの場合は台数制限があり、急な増設に対応できないこともありますが、Alibaba Cloudはオンデマンドで柔軟に対応していただけるのはありがたいと思っています。」

ご利用製品

ECS

Alibaba Cloud ECSは、シンプルで無駄のない仮想サーバーサービスです。大規模環境を素早く構築できるスケーラビリティ …