日本デジコム株式会社

日本デジコム株式会社は静岡県浜松市に本社を置く、システム開発・運用保守・自社製品の開発を行うIT企業です。受託開発の他、通販業務やマンション管理業務などのソリューションサービスを提供しています。

日本デジコム株式会社

http://www.digicomnet.co.jp/
概略
日本デジコムでは通販業界向けフルフィルメントシステムの運営基盤としてAlibaba Cloudを利用しています。
ご利用製品

課題

日本デジコムでは新規サービスとして通販業界向けのフルフィルメントシステム「SELLES」の立上げを検討しており、サービス運営基盤のサーバーを選定していました。

「SELLES」は通販における基幹業務(受注・商品・発注・出荷・返品・入金・督促等)を担うシステムのため、可用性の高いシステムを構築する必要があり、インフラの選定にあたってはさまざまな選択肢を検討しました。

「当初、オンプレミスでの運用を検討していました。しかし、基幹業務システムであるSELLESでは安定性が最重要ポイントとなるため、クラウド化することを決定しました。
外資系、国内クラウドプロバイダーなど複数の事業者を比較検討していました」
(日本デジコム株式会社 ソリューション事業部 栗田 拓実 氏)

Alibaba Cloud選定理由

日本デジコムでは複数のクラウドサービスを社内テストした結果、Alibaba Cloudを採用することを決定しました。

「サービスの拡張性を考えると、やはり外資系のクラウドサービスに魅力を感じました。その中でAlibaba Cloudは他社と比較してもコストが安かったため、導入を決断しました。また、他の外資系サービスはドル決済だっため、為替の問題でコスト管理が難しい部分がありました。Alibaba CloudはSBクラウドとの契約になるため、為替リスクの影響を受けないことも決め手となりました」

「ユーザーサポートの体制もしっかりしていると思います。チケットのレスポンスも早く、的確な回答が返ってくるため、安心して利用できます」

今後について

日本デジコムでは、今後は提携パートナーとのシステム連携など「SELLES」の機能拡張を予定しています。

「今後は『SELLES』だけでなく、当社で提供している他システムについてもオンプレミスからAlibaba Cloudへの移行も検討してます。『SELLES』の場合、オンプレミスで運用する場合と比べて約半分の運用費とすることができたため、既存システムを移行した場合にも大きな効果ができると期待しています」

「また、現在はWebRTC((Web Real-Time Communication)を利用したコミュニケーション機能を提供しているのですが、Alibaba Cloudで同等の機能やAPIがあれば利用したいと思っています」

ご利用製品

ECS

Alibaba Cloud ECSは、シンプルで無駄のない仮想サーバーサービスです。大規模環境を素早く構築できるスケーラビリティ …