コロナ禍でも影響ゼロのリモートワーク先進企業が導入した「仮想デスクトップサービス」(株式会社シージェイシステム)

コロナ禍でも影響ゼロのリモートワーク先進企業が導入した「仮想デスクトップサービス」(株式会社シージェイシステム)
株式会社シージェイシステム
株式会社シージェイシステム(http://cj-system.net/)

北海道、東北エリアを中心に、携帯キャリアの電気通信設備工事業を行っているシージェイシステム。2011年にGoogleApps(現在はGoogle Workspace)の導入と全社員へのスマートフォンの支給、2018年からはリモートワークの開始と、ITツールを活用した“働き方改革”を先駆けて進めてきた。

そして、2021年にはSBクラウドの「仮想デスクトップサービス」を導入し、さらに社員が働きやすい環境を構築。そこで今回は、導入の背景や効果などを、株式会社シージェイシステム 代表取締役 成田禎仁氏と、システム管理の日原大地氏に聞く。

お客様プロフィール

成田禎仁 氏

株式会社シージェイシステム
代表取締役
成田 禎仁 氏

執行役員 日原大地 氏

株式会社シージェイシステム
執行役員
日原 大地 氏

北海道地震やコロナ禍よりも早く整えられていた、リモートワーク体制

はじめに、御社の事業概要を教えてください。

成田:電気通信設備工事業をメインに行っています。企業や一般家庭への携帯キャリアの回線工事ですね。あとは、それに関連して、モバイル系の保守業務もあります。

札幌が本社なんですね。

成田:そうです。他にも、盛岡、仙台、弘前にもオフィスがあり、社員は現在、27名います。東北の事業所ではソフトバンクさんの工事を請け負うことがほとんどですね。

御社のサイトを拝見すると、GoogleAppsを使った社内業務のイノベーションなど、ITツールを積極的に活用されていますね。

成田:はい。2011年にGoogleAppsを導入して、ソフトバンクのAndroidスマートフォンも社員に支給しています。今は2年ごとに新しい機種にしているので、スマホは現在で5世代目になりますね。IT導入の目的は、さまざまな場所で工事の仕事をしている社員の位置情報の把握や、チャットでのサポート業務、あとはクラウド上にデータを保管して書類を持ち歩かないことによるリスクの削減です。

今は多くの企業がコロナ禍で働き方の変化を求められていますが、御社は以前から対応されていたのですね。

成田:その通りです。リモートワークも2018年から導入しているのでコロナ禍での業務への支障や変化はほとんどないですね。当社がリモートワークをはじめたきっかけは、ちょうど子育て中の社員がいたことや、雪が多い札幌にオフィスがあるため、毎日30分以上をかけて車で通勤している社員の交通事故リスクを減らしたかったことなどがあります。

パソコンはノートパソコンに変えて、スマホも全社員に支給して、Google Workspaceを使って自宅で仕事ができるようにしました。電話もソフトバンクさんのDialpad™に切り替えて、それを代表番号にしています。

だから、2018年9月に発生した北海道胆振東部地震のときは、事務所が停電になったり固定電話回線はダウンしてもモバイル回線は生きていたので、社員はモバイルのバッテリーが続く限り、自宅で仕事をすることができたんですよね。

リモートワーク環境を既に整えていたからコロナ禍でも困ったことはなかったのですね。

成田:仕事上の影響はまったくなかったですね。むしろ、この機会によりリモートワークをより促進しようと、できるだけ会社に来ないように社員に伝達しました。

日原:現場で工事の仕事をしている人間はさまざまなクラウドサービスを使って、業務効率を上げて、時間を短縮できています。コロナ禍でもノートパソコンとスマートフォンがあれば自宅で仕事ができるので、まったく困ったことはないですね。

1ユーザーから従量課金で使える、他社サービスにはない魅力

さらに最近は、SBクラウドの「仮想デスクトップサービス」を導入いただいています。その背景は?

仮想デスクトップサービス

仮想デスクトップサービス

従量課金方式で、低価格かつ高性能なWindows10互換の仮想デスクトップサービスを提供。セキュリティ強化と同時に、システム担当者を物理端末管理から解放し、運用負担を軽減する。SSL-VPN(もしくはChromeブラウザ)があれば、どこにいてもクラウド上のデスクトップにアクセスできる。

https://www.sbcloud.co.jp/entry/sol/desktop/

成田:導入は以前から考えていました。当社の仕事は、北海道、東北エリアと広いロケーションなので、社員がいちいち会社に戻って仕事をしないでいいように、あえて「事務所のスペックを上げない」ようにしていました。事務所内の環境を整備するよりも社員個々の働く環境を整えたいと考えていたのですよね。

ただ、ノートパソコンに業務データなどを入れて社員が持ち歩くことになると、盗難やデータ漏洩などのリスクに晒されてしまいます。万が一、そのような事故が起きてしまっては、仕事をクライアントから預かっている側としては、金額の問題だけでは済みません。それなら、クラウド上に置いたデータにリモートで接続したほうが安全だと考えました。

なるほど、「事務所のスペックを上げない」という考え方は面白いですね。

成田:はい。そこで、クライアントにデータを残さない仮想デスクトップ環境の導入を検討しました。最初は実験的に大手クラウドベンダーの仮想デスクトップ環境を試しに使ってみたんですけど、ちょっとコストが見合わなかったので見送っていたのですよね。

その後、たまたまインターネット広告にSBクラウドさんの「仮想デスクトップサービス」が出てきて、「この価格だったらできそうだな」と思って資料請求をしました。それが2020年の12月ぐらいですね。

当社の仮想デスクトップサービスの導入の決め手はなんだったのでしょうか?

成田: SBクラウドさんに決めたのは、1ユーザーからも従量課金で使えるという価格のところが大きいですね。他社のサービスも検討したのですが、大人数での利用を想定しているところが多くて、当社の人数だとコストに合わないなと。あとは、当社はGoogle Workspaceやスマートフォン、Dialpad™など、リモートワーク環境はソフトバンクさんのサービスをメインで利用しているので、親和性も高いかなと。

そう考えていたので、すぐにSBクラウドさんと話がまとまって、導入も問題なくスムーズにいきました。

「データ漏洩のリスク削減」と「業務のスピードアップ」にどちらも成功

実際に「仮想デスクトップサービス」を利用してみていかがですか?

成田:現在は4人で利用しています。クライアントはChromebookを利用しており、Googleとの初回の接続に少し手間取ったことはありますが、再度試したら問題なく接続できました。

また、当社は工事現場などの出先での資料作成や、ファイルの受け渡しをすることも多いのですが、USBメモリーなどは廃止し、作業は仮想デスクトップ上で行い、受け渡しもクラウド上で行っています。USB利用時のリスクである紛失やウイルス侵入なども防げるので安心ですね。

利用している社員の方の反応は?

日原:サクサク使いこなしているようです。感想を聞いたら、「特に問題なく利用できている」ということでした。

成田:データのアップロードやダウンロードはクライアントPCよりも仮想デスクトップサービスのほうが早いという感想を聞いてます。体感値ですが以前の2-3倍のスピードになっているようです。特にファイルのダウンロードが速いらしく「作業がすこぶる快適」という声を聞きます。

現在は4人が利用中とのことですが、今後、拡張の可能性はありますか?

成田:そうですね。今年中に利用者を増やせればいいなと思っています。そのために、今はWindowsPCを使っている社員のパソコンもChromebookに変える予定です。Chromebookはコストパフォーマンスもいいですし、起動も速いですから。それで仮想デスクトップサービスに繋げて使えば、クラウド上で作業が完結するので、より安心・安全なリモートワーク環境ができると思います。

貴重なご意見をありがとうございました!

関連リンク

www.sbcloud.co.jp

仮想デスクトップ導入事例

www.sbcloud.co.jp