OSSブラウザで OSS Transfer Acceleration を利用する方法

こんにちは。SBクラウドの吉村です。

今日は本ブログでも紹介しているOSS Transfer Accelerationの機能を、OSSブラウザから利用する方法をご紹介します。

 

 

OSS Transfer Accelerationとは

簡単に説明すると、OSSバケットへのアップロードやダウンロードを高速化する機能です。

有効化すると高速化するためのエンドポイントが作成されます。

f:id:sbc_yoshimura:20201125165504p:plain

詳細はこちらの記事を読んでみてください。

www.sbcloud.co.jp

 

 

OSSブラウザでのインストール方法

Mac,Windows,Linux に対応しています。

Alibaba Cloud 公式ドキュメント

www.alibabacloud.com

 

GitHubプロジェクト

github.com

 

GitHubから最新版をダウンロード可能です。

2020/11/25時点では最新バージョン v1.13.0になります。

 

 

 

OSSブラウザでの利用方法

「OSSブラウザでのTransfer Acceleration の使い方が分からない」

「Transfer Acceleration有効化したら自動的に利用できると思ってた」

という声を頂戴したので使い方をご紹介します。

Alibaba Cloud ドキュメントやOSSブラウザのGithubにも書いていないので、使い方を調べるのに苦労します。

Endpoint https://oss-accelerate.aliyuncs.com
AccessKeyId OSSの対象バケットが操作できるRAMのAK
AccessKeySecret OSSの対象バケットが操作できるRAMのAK
プリセットOSSパス oss://対象バケット名

f:id:sbc_yoshimura:20201125165811p:plain

設定方法はこんな感じです。

こちらの例では、バケット名 yoshimuara-synology-cn での設定例になります。

よくある間違いは、Endpointをデフォルト(パブリッククラウド) に設定してしまうことです。Endpointをカスタムに変更するように注意しましょう。

OSSブラウザに限らず、ossutilのようなCLIでも、Alibaba Cloud コンソール上からのファイルアップロードでも、Transfer Accelerationを利用する際には明示的にエンドポイントをoss-accelerate.aliyuncs.comに指定する必要があります。

 

また、OSSブラウザ で Transfer Acceleration を利用する際に悩ましい点は、プリセットOSSパスで対象バケット1つを指定してOSSブラウザにAKログインする点です。

OSSの通常エンドポイントの場合には、プリセットOSSパスは空白でOKで、ログイン後に別バケットに移動ができますが、Transfer Accelerationの場合にはそのような移動ができません。

 

以上です。