Alibaba Cloud MVPにSBクラウドの寺尾英作が選出されました

f:id:sbc_kitano:20200402110818p:plain

 

2020年3月31日にAlibaba Cloudより「Alibaba Cloud MVP」の第12期メンバーが発表され、SBクラウドのソリューションアーキテクトの寺尾英作が選出されました。

www.alibabacloud.com

 

Alibaba Cloud MVPとは?

 

Alibaba Cloud MVP(Most Valuable Professional)とはAlibaba Cloudの製品や技術について豊富な知見を持ち、メディアやコミュニティを通じてそのノウハウを共有している開発者を表彰するアワードです。

Alibaba Cloud MVPメンバーは、Alibaba Cloud開発者コミュニティやクローズドカンファレンス等へ参加することができます。2020年4月時点でMVPメンバーは30カ国から408名、日本からは20名の開発者が選出されています。

今回選出されたSBクラウドのソリューションアーキテクトのプロフィールを紹介します。

 

寺尾 英作(Terao Eisaku)

 

f:id:sbc_kitano:20200402111136j:plain

 

寺尾 英作はSBクラウドが開催しているセミナーやウェビナーの講師を務めたり、公式YouTubeチャンネル「SBCチャンネル」を開設したりするなど、日本におけるAlibaba Cloudユーザーの普及活動を行っています。

・保有資格
  ACP Cloud Computing
  ACA Cloud Security

・オンライン講座の紹介

www.sbcloud.co.jp

・過去講演のレポート

www.sbcloud.co.jp

www.sbcloud.co.jp

 

寺尾英作のプロフィール(Alibaba Cloud MVP)

 

 

Alibaba Cloud MVP の活動内容については、Alibaba Cloud サイトをご覧ください。

Alibaba Cloud MVP