Link Analyticsの地図可視化を触って見た

こんにちは! はくです。

Link Analyticsの2D可視化機能を触って見た。
デバイスの位置情報に基づき、地図上に表現する単純な動作を実現できた為、
その内容を紹介します。

プロダクト紹介

Link Analyticsは、IoT開発者向けのAlibaba Cloudのデータ分析サービスです。デバイスデータのストレージ、クリーニング、分析、可視化を機能を提供します。可視化に関しては、2Dマップ、3Dモデルなど可視化機能を提供しています。

 

以下中国サイトのプロダクト紹介リンクです。

Link Analytics

環境紹介

Alibaba Cloudの中国サイトです。

Link Analyticsは日本サイトにはリリースしていません。

手順

1.デバイスを定義

※デバイスの作成方は

Alibaba Cloud IoT Platformに接続してみました - SBクラウド株式会社

を参照。


2.デバイスの詳細画面に入り、タグを編集します

f:id:sbc_haku:20200304134116p:plain

f:id:sbc_haku:20200304134248p:plain

f:id:sbc_haku:20200304134504p:plain

f:id:sbc_haku:20200304134729p:plain

3.地図上で確認

f:id:sbc_haku:20200304140429p:plain

新規作成時に、データリソースをIoT Platformに選択

f:id:sbc_haku:20200304140504p:plain

表示対象はプロダクト、もしくはデバイスクループ単位で可能です。

データの権限は、読み取り専用と書き込み可2種類選択可能です。

f:id:sbc_haku:20200304140559p:plain

デバイス選択をしたら、地図上にデバイスの位置が現れました!

f:id:sbc_haku:20200304140809p:plain

4.色々表現形式を変えてみる

地図を衛星図にする可能

ヒットマップとしても表示可能

f:id:sbc_haku:20200304141121p:plain

5.公開する※ユーザーがIoT Platformにログインせずに、一般のWebページとして参照可能

f:id:sbc_haku:20200304141452p:plain

効果はこんな感じ

f:id:sbc_haku:20200304141602p:plain

 6.上記はデバイス数が少なく、わかりにくいですが、デバイス数を増やすと、下記のようになります。気象観察のセンサーや、シェアリング自転車など、地理上にデバイスを可視化するときに活用できます。

f:id:sbc_haku:20200311114742p:plain

f:id:sbc_haku:20200311114847p:plain

 


まとめ

上記以外も、たくさん面白い機能がついています。

・デバイスの地理情報をExcelで一括更新

・デバイスの情報をセンサーデータとして更新

・特定の範囲からであたらアラームをあげる(GEO Fencing)

・ルート追跡

 

総じていえば、位置データさえあれば、地図上への表現はLink Analyticsへ任せます!

表現形式はまだ豊富とは言えませんが、十分活用できるツールだと思います。

ぜひ、触って見てください。