Link AnalyticsでBIMを作って見た

こんにちは! はくです。

Link Analyticsは3D可視化機能を提供しています。
IoTの普及により、CPSも身に近くなっています。今回は、Link Analyticsの3D可視化機能により、シンプルなBIM Demoを作りできたため、その内容をご紹介します。

プロダクト紹介

Link Analyticsは、IoT開発者向けのAlibaba Cloudのデータ分析サービスです。デバイスデータのストレージ、クリーニング、分析、可視化を機能を提供します。可視化に関しては、2Dマップ、3Dモデルなど可視化機能を提供しています。

 

以下中国サイトのプロダクト紹介リンクです。

Link Analytics

環境紹介

Alibaba Cloudの中国サイトです。

Link Analyticsは日本サイトにはリリースしていません。

触って見た内容

1.下記メニューを開けば、Link Analyticsの3D機能が出てきます。

 

f:id:sbc_haku:20200305110359p:plain

2.初期画面にDemo Videoが用意されています

プロダクトの紹介と使い方の説明を話してくれますが、ドキュメントサイトに同じビデオを見れます。

f:id:sbc_haku:20200305110707p:plain

3.モデル作成ツールとDemoのリンクも用意されています

f:id:sbc_haku:20200305110929p:plain

上記ボタンをクリックすると、CampusBuilderというWindows版ツールがDLされます。

ちょっと調べて見たら、ThingJS社が提供したツールでした。

ThingJS社のサイトに行くと、沢山のおもしろい素材が見つかりました。

例えば、各種編集ツール

f:id:sbc_haku:20200305111414p:plain

そして、いくつかの可視化公開Project

f:id:sbc_haku:20200305111526p:plain

コロナウイルスの速報画面はこんな感じ。色々活用されていますね。

f:id:sbc_haku:20200305111559p:plain

4.編集済みのDemoモデルはzipファイルでDLできます。

f:id:sbc_haku:20200305111909p:plain

5.BIMのDemoも用意されています。

f:id:sbc_haku:20200305112046p:plain

中に入ると、ビルの3Dモデルが表示されました。クリックしたら、中のオフィスが表示されます。

f:id:sbc_haku:20200305112245p:plain

f:id:sbc_haku:20200305112746p:plain

ズームしたり、特定の場所、ものを見たりできます。

f:id:sbc_haku:20200305112843p:plain

デバイスとの紐付きを試したら、失敗しました。読み取り専用は原因だと思っています。

f:id:sbc_haku:20200305113039p:plain

6.プロジェクトを新規作りました。

初期に使いそうなプロダクトを指定できます。

権限は「読み取り専用」と「書き込み可」2種類選択可能。

3Dモデルは「オンライン編集」と「ローカル編集」2種類選択可能。

今回は、「書き込み可」と「オンライン編集」にしました。

f:id:sbc_haku:20200305113157p:plain

7.オンラインに3Dモデルを編集できます。

f:id:sbc_haku:20200305113629p:plain

編集に使えるのは、CampusBuilder Online(beta)版です。

f:id:sbc_haku:20200305113726p:plain

8.デバイスと紐付けます。

※デバイスの作成方は別記事参考

f:id:sbc_haku:20200305113858p:plain

9.3D画面の動作を細かく制御には「JS開発」使えます。
今回は使わずに、機能を確認するだけでした。

f:id:sbc_haku:20200305114200p:plain

f:id:sbc_haku:20200305114246p:plain

10.動作確認

f:id:sbc_haku:20200305114346p:plain

プレビュー画面に、デバイスを見つかって、スイッチのOn,Offを操作して見ました。

f:id:sbc_haku:20200305114508p:plain

デバイスの通信ログを見たら、ちゃんと動きました。

f:id:sbc_haku:20200305114603p:plain

11.ページ公開方法を確認

公開する際に、「認証なし」と「認証あり」2種類選択できます。

認証ありの方は、中国の電話番号が必要で、SMSコードで認証します。

f:id:sbc_haku:20200305114725p:plain

f:id:sbc_haku:20200305114921p:plain

認証なしで試したら、無事アクセスできました。

f:id:sbc_haku:20200305115030p:plain


まとめ

Link Analyticsを使って、3Dモデルの作成、デバイスとの紐付け、およびWeb公開は簡単にできます。

BIM開発に非常に活用できるツールだと思います。

ぜひ、触って見てください。