Link AnalyticsのSQLジョブを作って見ました

こんにちは! はくです。

Link AnalyticsのSQLジョブを作って見ました。
デバイスから上がってきたデータをSQLでフィールターをかけて、APIとして外部に公開できました。
その内容を紹介します。

 

プロダクト紹介

Link Analyticsは、IoT開発者向けのAlibaba Cloudのデータ分析サービスです。デバイスデータのストレージ、クリーニング、分析、視覚化を機能を提供します。開発者が手軽にデータ分析を実現でき、とても便利なサービスとなります。

以下中国サイトのプロダクト紹介リンクです。

Link Analytics

環境紹介

Alibaba Cloudの中国サイトです。Link Analyticsは日本サイトにはリリースしていません。

手順

1.デバイスを定義

※デバイスの作成方は

Alibaba Cloud IoT Platformに接続してみました - SBクラウド株式会社

 を参照。


2.Link Analyticsのデータ開発画面を開く

f:id:sbc_haku:20200304121906p:plain

3.開発ジョブを新規作成

f:id:sbc_haku:20200304122003p:plain

4.SQLを作成

 

プロダクトを定義したら、プロダクトテーブルが自動生成されます。

SQLの検索先テーブルをそれに設定可能です。

テーブル名は${}の文字列となります。

f:id:sbc_haku:20200304122441p:plain

今回は温度を取得するジョブである為、getTempertureに設定しています。

※SQLの文法はFlink参照

f:id:sbc_haku:20200304122153p:plain

5.APIを新規作成します

f:id:sbc_haku:20200304122535p:plain

名前を指定し、紐付くSQLジョブを選択

f:id:sbc_haku:20200304122951p:plain

APIのPath,Request Parameter,Response 型定義は設定可能

f:id:sbc_haku:20200304123207p:plain

f:id:sbc_haku:20200304123238p:plain

6.作ったAPIをテスト

値のところにデバイス名を入力し、青い実行ボタンを押すと、APIを呼び出します。

リクエスト詳細および戻り値を確認できます。

f:id:sbc_haku:20200304123412p:plain

f:id:sbc_haku:20200304123446p:plain

7.テスト後APIをリリース

f:id:sbc_haku:20200304123617p:plain

※APIの利用について

SDKとAcessKeyが必要となります。

使い方は中国サイトのドキュメントを参照


まとめ

データの収集、保存、API公開、および認証等一連の流れはLink Analyticsで簡単に実現できました。

総じて、Link AnalyticsはIoTのデータ分析に活用できるサービスだと思っています。

ぜひ、触って見てください。