Alibaba Cloud ECS で CentOS 8.0 が使えるようになりました❗️


こんにちは。
ソリューションアーキテクトの松田(@MatYoshr)です。

皆さんお待ちかねの CentOS 8.0 が Alibaba Cloud ECS でも提供が開始されました。

🎉

今回はパブリックイメージのアップデートなので日本サイト、国際サイト共にすでに利用可能になっています 😀

また、CentOS以外のOSイメージもいくつか更新されているので合わせてご紹介させて頂きます。

f:id:sbc_y_matsuda:20200107221928p:plain

CentOS 8.0 の選択

ECSのインスタンス作成画面からOSイメージを選択できるようになっていますので、日本サイト、国際サイトそれぞれの画面を確認してみたいと思います。
なお、東京リージョンを含む全てのリージョンで利用可能です。

日本サイトの画面

f:id:sbc_y_matsuda:20200107211258p:plain

国際サイトの画面

ちなみに国際サイトのECSのインスタンス作成の画面デザインが少ーし変わっています。

f:id:sbc_y_matsuda:20200107211050p:plain

CentOS 8.0 へのアクセス

細かい手順は割愛しますが、CentOS 8.0 のイメージを指定して作成したインスタンスがコチラです。

f:id:sbc_y_matsuda:20200107213310p:plain

ターミナルからアクセスします。
今回は踏み台なしで直接アクセスします。

f:id:sbc_y_matsuda:20200107213822p:plain

ECS にログイン出来たのでOSの情報をみてみたいと思います。
uname -a cat /etc/redhat-release rpm --query centos-release hostnamectl dmidecode | grep "Product Name" などのコマンドで確認してみます。
無事にCentOS Linux 8 とか Alibaba Cloud ECS と表示されているのが確認出来ました😀

f:id:sbc_y_matsuda:20200107214257p:plain

CentOS 以外の追加された OS イメージ

CentOS 以外の追加されたOSイメージは以下です。

Debian

  • Debian 9.11
  • Debian 10.2

f:id:sbc_y_matsuda:20200107215026p:plain:w750

f:id:sbc_y_matsuda:20200107223007p:plain:w750

CoreOS

  • CoreOS 2303

f:id:sbc_y_matsuda:20200107215235p:plain:w750

OpenSUSE

  • Opensuse 15.1

f:id:sbc_y_matsuda:20200107215444p:plain:w750

おまけ

恒例のタイムゾーンはどうなっているかなーと見てみました❗️

結果は・・・

f:id:sbc_y_matsuda:20200107220013p:plain:w750

安定のCST(中国標準時)でしたー😂

おまけその2(ウェブコンソール)

CentOS 8.0 や RHEL8 ではデフォルトでウェブコンソール機能が付いています。
Alibaba Cloud ECS でも使えるのか試してみたいと思います。

OSにログインした時に Active the Web console with: systemctl enable --now cockpit.socket というメッセージが出ていたと思います。
cockpit サービスの自動起動の有効化とサービス起動してねって内容ですね。

f:id:sbc_y_matsuda:20200107213822p:plain

この cockpit というのが ウェブコンソールのサービスになります。
詳しくは Cockpit の Project ページをご確認ください。

cockpit-project.org

一応 dnf list installed | grep cockpit で Cockpit関連パッケージの確認を行います。

f:id:sbc_y_matsuda:20200108013141p:plain:w750

結果を見るとインストール済みのようです。
cockpit のプロセスは止まっているのでsystemctl start cockpit で起動します。

f:id:sbc_y_matsuda:20200108014147p:plain:w750

Cockpitへの接続はTCPの9090ポートを使用します、一応確認してみましょう。
ss -tlnp で 9090 ポートをLISTENしていることが確認できます。

f:id:sbc_y_matsuda:20200108014912p:plain:w750

TCPの9090ポートを使用するので、Cockpit用のセキュリティグループを設定します。
インスタンスへのセキュリティグループの割り当ても忘れないようにしましょう。

f:id:sbc_y_matsuda:20200108013649p:plain

セキュリティグループの設定が出来たらブラウザからアクセスします。
URLは https://IP-Address:9090 のような形式です。

f:id:sbc_y_matsuda:20200108015523p:plain

現状では自己証明書なので「この接続ではプライバシーが保護されません」エラーが表示されますが、今回は一旦このまま進みます。
本番利用などではちゃんと設定しましょう。

「詳細設定」をクリックすると表示される"IPアドレス"にアクセスする(安全ではありません)をクリックします。

f:id:sbc_y_matsuda:20200108015950p:plain

こんな感じで WebConsole が表示されますが、OSユーザーのIDとパスワードが必要です。

f:id:sbc_y_matsuda:20200108020424p:plain

useraddpasswd でログオン用のユーザーIDとパスワードを作成します。

f:id:sbc_y_matsuda:20200108021602p:plain:w750

作成したユーザー名とパスワードを入力してログインをクリックします。

f:id:sbc_y_matsuda:20200108021754p:plain

無事にログインできると以下のような画面が表示されます。

f:id:sbc_y_matsuda:20200108022057p:plain

cockpit の ターミナルも問題なく利用できます。

f:id:sbc_y_matsuda:20200108022236p:plain

ちなみに設定完了後にOSにログインするとメッセージが変わっています。
Web console: https://centos8:9090/ or https://10.10.0.154:9090/
ホスト名かプライベートIPでアクセスしてねと出ていますねー
※ECSに付いているパブリックIPはOSから認識できていないので表示されません

f:id:sbc_y_matsuda:20200108112224p:plain:w750

おわりに

なんだかおまけの方が長くなってしまいましたが、今回は ECS で利用可能な OS イメージの追加情報をお知らせさせて頂きました。
CentOS 8.0 のイメージを待っていた方も多いと思いますのでぜひ使ってみて下さいね。

Author Profile

https://secure.gravatar.com/avatar/b00b5531fbdbc674e9f7c685a1ed32c1?s=800&d=identicon

松田悦洋(@MatYoshr)
SBクラウド株式会社 Alibaba Cloud Solution Architect

Alibaba以外にもAWS、Azure、GCPなどクラウド全般が好きです
  GitHub   Qiita