Apsara StackはAWS Outpostsとどう違うのか?

イントロ

クラウド技術課の牛嶋と申します。先日、AWSからOutpostsというクラウドの環境をオンプレミスで再現するサービスがリリースされ、 その反応としてお客様から「Alibaba Cloudで似たようなサービスをリリースする予定はないのか?」と質問がありました。
その回答としての投稿になります。

結論から言えば、Apsara Stackがあります!

Apsara Stackとは

Apsara Stackは、Alibaba Cloudパブリッククラウドの拡張機能であり、パブリッククラウドのテクノロジーがApsara Stackに凝縮されています。企業が独自のデータセンターでカスタマイズ可能なAlibaba Cloudソフトウェアソリューションを提供できるようにすることで、ローカル環境においても、Alibaba Cloudパブリッククラウドが提供するハイパースケールクラウドコンピューティングおよびビッグデータ製品と同じ特性を持つことができます。

対応プロダクト

■Basic Services■

Elastic Compute Service
Virtual Private Cloud
Server Load Balancer
Container Service
Auto Scaling
Log Service
Resource Orchestration Service
Key Management Service

■Database■

ApsaraDB for MySQL
ApsaraDB for PostgreSQL
ApsaraDB for MongoDB
ApsaraDB for Redis
ApsaraDB for Memcache
ApsaraDB for SQL Server
Data Transmission Service
Data Management Service

■Big Data Services■

MaxCompute
DataWorks
AnalyticDB
StreamCompute
Quick BI
E-MapReduce
Graph Analytics
DTBoost
Dataphin

■Storage Services■

Object Storage Service
Network Attached Storage
Table Store

■今後の対応■

Enterprise Distributed Application Service
Distributed Relational Database Service
Message Queue
Application Real-Time Monitoring Service
API Gateway
Machine Learning (PAI)

想定するメリット

Comprehensive(一貫性)
Hyper-scale(ハイパースケーリング)
Intelligent(分析が得意)
Reliable (信頼性のある)

AWS Outpostsとは

AWS Outposts により、ネイティブの AWS のサービス、インフラストラクチャ、運用モデルをほぼすべてのデータセンター、コロケーションスペース、オンプレミスの施設で利用できるようになります。AWS Outposts はコネクテッド環境向けに設計されており、低レイテンシー、もしくはローカルでデータを処理する必要があるためにオンプレミスに残されているワークロードをサポートできます。

対応プロダクト

Amazon EC2
Amazon EBS
Amazon VPC
Amazon ECS
Amazon EKS
Amazon EMR
PostgreSQL用Amazon RDS
MySQL用Amazon RDS
Amazon Simple Storage Service(S3)
Amazon DynamoDB
Auto Scaling
AWS CloudFormation
Amazon CloudWatch
AWS CloudTrail
AWS Config
その他負荷分散など、親リージョンで必要なサービスを利用することもできます

想定するメリット

AWS をオンプレミスで拡張する
管理プレーンを選択する
フルマネージド型
将来性を考えたインフラストラクチャ

考察

共通点

どちらもオンプレミスでIaaS、コンテナプロダクト、データ分析プロダクトを利用できる点では共有しています。

差異

AWSは「コネクテッド環境向け」に留まりますが、Alibaba Cloudは「ハイパースケールクラウドコンピューティング」を提供する点で違いがあります。 言い換えれば、AWS Outpostは低レイテンシーや機密性の高いデータを要求されるユースケース(例えば、工場や金融などのクラウドにデータを上げたくないユーザが、オンプレミスでAWSを介して利用するケース)に焦点を当てております。 一方で、Apsara Stackは大規模スケーリングが出来る事を推しており、例えば、PB級の大規模トランザクションに耐えつつ、それに伴うビッグデータ分析を実践する上でのプロダクトも合わせて提供する事に焦点を当てています。

どちらが優位か?

オンプレミスでパブリッククラウド環境を再現するというケイパビリティでは大きな差はないと思われ、明確な優位性を記載するのは難しいのが現状です。ただし、サービス特性の観点から「ネットワーク制限環境下での利用を想定しているのがAWS Outposts」「PB級のスケーリングの利用も想定しているのがApsara Stack」という違いが見て取れるので、本番環境利用を見込んだ比較では上記を踏まえた要件を持って検討する事が有効だと考えます。

注意点

Apsara Stackは2019年12月26日時点でまだ日本リージョンで一般公開されていません。Alibaba Cloudの特性上、売上が見込まれる場合は顧客要件に合わせてサービスインするケースもあるので、Apsara Stackの利用を検討したいユーザがいましたら、弊社までお問い合わせください。