リバースプロキシー(冗長構成)構築手順

リバースプロキシー(冗長構成)構築手順書は下記リンクから取得可能です。

  • 1 はじめに
  • 2 リバースプロキシとは
  • 3 SLB(サーバーロードバランサー)とは
  • 4 イメージ図
  • 5 導入手順
    • 5-1 ECS購入
    • 5-2 OS設定(作業対象:proxy-01、proxy-02、proxy-03、proxy-04、web-01)
    • 5-2 ミドルウェア設定(作業対象:proxy-01、proxy-02)
    • 5-3 ミドルウェア設定(作業対象:proxy-03、proxy-04)
    • 5-4 ミドルウェア設定(作業対象:web−01)
    • 5-5 SLB設定 設定対象:SLB01(東京リージョン)
    • 5-6 SLB設定 設定対象:SLB02(北京リージョン)
    • 5-7 動作確認
  • 6 ICPライセンスについて
1 はじめに
日本から海外のWebサイトにアクセスすると、インターネット回線を通ってアクセスすることになり、パフォーマンスが落ちる場合があります。Alibabaクラウドでは専用線サービス(ExpressConnect)を用意していますが、相手国までの通信経路を変更する必要がでてきた場合(特定の経路を経由して通信する)、Proxyの機能を使って簡単に通信経路を変更することができます。本ナレッジでは、apache proxy機能を使って目的のWebサイトまでの経路を変更する方法をご紹介します。また、日本/海外で同じWebサービスを展開している場合に、片側のリージョンにWebサーバーを設置して、両方のリージョンからアクセスさせる際にも応用ができます。

リバースプロキシー(冗長構成)構築手順書