SAP Business One (B1)

SAP B1 Planning Guide

Alibaba Cloud SAP Business Oneとは

SAP Business One は、中小企業向けに設計されたビジネス管理ソフトウェアです。中小企業はビジネス管理のための ERP ソフトウェアを必要とはしているものの大規模・複雑な組織が必要とするタイプの ERP とは異なるというアイデアで設計されました。財務、顧客関係管理 (CRM)、倉庫保管、生産管理、購買・調達、報告・分析の機能モジュールがあります。

SAP HANA は SAP が開発・販売するインメモリ、お客さま志向のリレーショナルデータベースマネジメントシステムです。データベースサーバーとしてのおもな機能はアプリケーションの要求に応じたデータの格納・検索です。さらに、SAP HANA は急増するお客さまのビジネス分析要件に対応するため高パフォーマンスな分析とリアルタイムのデータ処理を実行します。

Alibaba Cloud はグローバルなインフラストラクチャ上に構築され、あらゆる種類の IaaS 製品およびサービスを提供します。Alibaba Cloud のサービスは、世界中の地理的に異なる地域で使用可能です。Alibaba Cloud SAP Business One は SAP Business One の SAP HANA のバージョンのみ選択できます。Alibaba Cloud 上で SAP HANA バージョンの SAP Business One を実行することにより、お客さまはプロビジョニングの簡便性、高スケーラビリティ、および Alibaba Cloud インフラストラクチャ機能の冗長性を活用してビジネスの成功に欠かせないワークロードを低コストで実行できます。

SAP Business One、SAP HANA のバージョンでは、アプリケーションデータはインメモリデータストアで処理され、単一のプラットフォームで分析・トランザクションを行います。これにより処理時間の高速化を支援し、合理化された IT 環境を維持することができます。 またユーザーエクスペリエンスを高め、さまざまな埋め込み SAP HANA アプリ、分析・レポーティングによりリアルタイムな意思決定が可能になります。

Alibaba Cloud サービス

Alibaba Cloud 上で SAP Business One を実行する場合、このプランニングガイドで使用する Alibaba Cloud のコアコンポーネントには以下のサービスが含まれます。

  • Elastic Compute Service :Elastic Compute Service (ECS) は、イラスティック処理の諸機能を特色とするコンピューティングサービスの一種です。ECS の管理モードは物理サーバーよりさらにシンプルかつ効率的です。インスタンスを作成、オペレーティングシステムを変更、ビジネスニーズに合わせて随時 ECS インスタンスの任意の数を追加したりリリースしたりすることが可能です。

  • SSD クラウドディスク :I/O 集約型のアプリケーションに最適で、安定性と高いランダム IOPS 性能を備えています。

  • Ultra クラウドディスク :アプリケーションシナリオに最適で I/O 負荷は中程度、ECS インスタンスに対するストレージ性能はランダム IOPS で最大 3000 回です。

  • 仮想プライベート クラウド :Alibaba Cloud 仮想プライベートクラウド (VPC) は、Alibaba Cloud 上に確立されるプライベートネットワークです。Alibaba Cloud の他の仮想ネットワークと論理的に分離されています。 VPC では、独自の VPC で Alibaba Cloud のリソースを使用できます。

  • オブジェクトストレージサービス (OSS)Alibaba Cloud オブジェクトストレージサービス (OSS) は、ネットワークベースのデータアクセスサービスです。OSS では、テキストファイル、画像、オーディオ、およびビデオなど構造化・非構造化データを格納・検索できます。|

SAP HANA のサポートされているバージョン

このガイドでは現在、SAP HANA プラットフォームエディション 1.0 および 2.0 をサポートしています。

版管理

バージョン リビジョンの日付 変更のタイプ 発効日
1.0     2018/05/09
1.1 2018/07/31 1.認定済み IaaS platforms is updated. 2018/07/31

SAP Business One プランニングガイド

このガイドは、SAP Business One の Alibaba Cloud プラットフォーム上での機能概要と新しい SAP Business One システムの実装をプランニングする際に活用できる詳細を示します。

Alibaba Cloud と SAP は、Alibaba Cloud 上の SAP Business One ソリューションのテストと認定に連携して取り組んでいます。SAP Business One、SAP HANA のバージョンは、Alibaba Cloud プラットフォームで認定されています。SAP Business One を Alibaba Cloud にデプロイする方法の詳細については、SAP Business One デプロイメントガイドを参照してください。

Alibaba Cloud ECS

ECS インスタンスタイプ

Alibaba Cloud ECS インスタンスは、SAP ソリューションをデプロイするためのインスタンスタイプ (仮想マシンのサイズ) をいくつか提供しています。インスタンスタイプごとに異なる CPU、メモリ、および I/O 機能を提供しています。SAP Business One システムでは SAP 認定済みの ECS インスタンスタイプをいずれか使用する必要があります。SAP Business One への使用が承認されている SAP 認定済みのインスタンスタイプのリストについては、以下の情報を参照してください。

インスタンスタイプ vCPU メモリ (GiB)
ecs.se1.14xlarge 56 480
ecs.re4.20xlarge 80 960
ecs.re4.40xlarge 160 1920

ECS インスタンスタイプの詳細な説明については、Alibaba Cloud の公式ウェブサイトをご確認ください。

地域およびゾーン

Alibaba Cloud インフラストラクチャは、地域やゾーンの周辺に構築されます。地域とは世界中の物理的な場所のことで、たいていの場合地域内に複数のゾーンがあります。ゾーンは 1 つ以上の個別のデータセンターで構成され、冗長電源、ネットワーク、接続はそれぞれ別個の施設に収容されています。これらのゾーンでは、単一のデータセンターより可用性が高くフォールトトレラントかつスケーラブルな本番アプリケーションとデータベースを操作する機能が提供されます。

VPC

仮想プライベートクラウド (VPC) は、仮想ネットワークを定義して IaaS リソースを起動できるプライベートかつ分離された Alibaba Cloud セクションをプロビジョンできます。VPC により独自のデータセンターで運用する可能性のある従来のネットワークとよく似た仮想ネットワークトポロジを定義できます。さらに、企業のデータセンターと Alibaba Cloud 上の VPC との間の接続を作成し、企業のデータセンターの延長として Alibaba Cloud を使用できます。

オペレーティングシステムイメージ

ECS インスタンスの作成時は、プリインストールされた基本オペレーティングシステムが含まれているイメージを使用します。Alibaba Cloud はオペレーティングシステムパートナーと連携して、最適化された最新のオペレーティングシステムイメージをお客さまに提供します。ECS インスタンスにイメージを指定できる方法はいくつかあります。

パブリックイメージ

パブリックイメージのオペレーティングシステムのライセンスは、ECS インスタンス料金の価格に織り込み済みです。独自のオペレーティングシステムのライセンスを提供する必要はありません。パブリックイメージのリストで利用可能な推奨オペレーティングシステムは以下の通りです。 SLES-11-SP4 - SLES 12 SP2

カスタマイズしたイメージ

オペレーティングシステムは BYOL (自分で購入したライセンスの持ち込み) アプローチで利用できます。お客様は、独自のカスタマイズしたオペレーティングシステムのイメージを作成し、独自のカスタマイズされたイメージを介して ECS インスタンスを作成できます。

ECS インスタンスのデプロイ

Alibaba Cloud プラットフォームで、ECS コンソール (クラウドプラットフォームウェブ UI) および REST API など ECS インスタンスのデプロイに標準の Alibaba Cloud メソッドを使用できます。以下のページから有用な情報を得ることができます。

  • ECS インスタンスの作成
  • ECS インスタンスの起動と閲覧

SAP Business One システムをECS インスタンスにデプロイするステップごとの詳細な手順については、Alibaba Cloud SAP Business One デプロイメントガイドを参照してください。

ECS インスタンスにアクセス

Linux ベースの ECS インスタンスでは、ユーザーは SSH 機能を持っており、パテなどの SSH ベースのツールを介して ECS インスタンスにアクセスできます。たとえば、ジャンプサーバーからパテを介して ECS インスタンスにアクセスできます。

Windows ベースの ECS のインスタンスでは、ECS インスタンスがパブリック IP アドレスからアクセス可能であれば、ユーザーはリモートデスクトッププロトコル (RDP) を介して ECS にアクセスできます。

データベース

SAP ビジネス 1 アリババ雲の上の Linux プラットフォームに SAP HANA を使用できます。

SAP HANA

SAP HANA は現在 SLES のみサポートされています。サポートされている ECS インスタンスタイプとオペレーティングシステムの詳細については、SAP HANA 実装ガイドを参照してください。

SAP HANA の詳細については、SAP HANA 操作ガイドと SAP のマニュアルを参照してください。

SAP HANA のサイズ決定のガイドラインと推奨事項については、SAP 公式サイトを参照してください。

ストレージ

ECS の各インスタンスには、デフォルトでオペレーティングシステムが含まれる小さなシステムディスク (Ultra クラウドディスクまたは SSD クラウドディスク) が付いています。データディスクをさらに追加し ECS インスタンスに接続して、ご使用のシステムのさまざまなコンポーネントのストレージとして機能させることができます。

ブロックストレージ (クラウド ディスク)

Alibaba Cloud ブロックストレージ (クラウドディスク) は、Alibaba Cloud ECS インスタンスに使用するブロックレベルのストレージボリュームを持続的に提供します。お客さまの要件に応じて異なるタイプのクラウドディスクを選択できます。

ディスクのカテゴリ 基本的なクラウドディスク Ultra クラウドディスク SSD クラウド ディスク
単一のディスクの最大サイズ 2 テラバイト 32.768 テラバイト 32.768 テラバイト
ディスク当たり最大 IOPS 300+ IOPS 3,000 IOPS 20,000 IOPS
ディスク当たり最大スループット 20~40 メガビット毎秒 80 メガビット毎秒 300 メガビット毎秒
**アクセスレイテンシ 5.0~10.0 ミリ秒 1.0~3.0 ミリ秒 0.5~2.0 ミリ秒
典型的なシナリオ データは頻繁にアクセスされない、または I/O の負荷が低い。 - 中小サイズのデータベース。
- 開発およびテスト。
- クラウド サーバーのログ記録。
- I/O 集約型アプリケーション。
- 中規模または大規模なリレーショナルデータベース。
- NoSQL データベース。

データの信頼性 については、トリプルレプリケーションのストレージシステムを使用する Alibaba Cloud の分散ストレージ技術の力で、これら 3 つのディスクタイプでは 99.9999999% のデータの整合性を確保できます。

一般に、以下のディスクレイアウトをお勧めします。

ディスクのレイアウト 使用方法 クラウド ディスクタイプ
システムディスク オペレーティングシステム Ultra クラウドディスク
データディスク 1 幹部、プロファイル等、SAP Business One および HANA データベース SSD クラウドディスク
データディスク 2 HANA データベースのデータファイル SSD クラウドディスク
データディスク 3 HANA データベースのログファイル SSD クラウドディスク

Alibaba Cloud SAP Business One では SSD クラウドディスクの使用をお勧めします。

SAP HANA のストレージシステムをセットアップする方法の詳細については、Alibaba Cloud SAP HANA 実装ガイドをご参照ください。

オブジェクトストレージサービス (OSS)

Alibaba Cloud オブジェクトストレージサービスは任意のタイプまたは形式のファイルのオブジェクトストアでストレージは事実上無制限です。プロビジョニングまたはより多くの容量を追加することについて心配する必要はありません。

OSS を使用して長期保存用のバックアップファイルを格納するのは一般的な慣行です。

ネットワークとセキュリティ

セキュリティグループ

セキュリティグループは仮想ファイアウォールと同様に機能し、1 つまたは複数の ECS インスタンスのネットワークアクセス制御を設定する場合に使用します。インスタンスを作成する際はセキュリティグループを選択する必要があります。また、セキュリティグループ内のすべての ECS インスタンスへのアウトバウンドおよびインバウンドのネットワークアクセスを制御するため、セキュリティグループのルールも追加してください。

SSH キーペア

Alibaba Cloud では、ECS インスタンスにリモートログオンする認証方法を 2 つ提供しています。

  • パスワードログオン :アドミニストレータのパスワードを使用する標準的な認証方法です。Windows インスタンスと Linux インスタンスの両方に適用されます。

  • SSH キーペアログオン :このメソッドは、Linux インスタンスにのみ適用されます。Linux を実行している場合、ECS インスタンスのセキュリティを保護するにはこの認証方法を選択するようお勧めします。

SSH キーのペアは、暗号化アルゴリズムによって生成されるキーペアで、1 つのキーはパブリックキーと呼ばれる意図的に利用可能なキー、もう 1 つのキーはプライベートキーと呼ばれる機密保持されるキーです。

Linux インスタンスにパブリックキーを配置した場合は、ローカルコンピュータまたは別のインスタンスからパスワード入力なしで SSH コマンドまたは関連するツールを使用してプライベートキーでこのインスタンスにログオンできます。

ルーター構成

Alibaba Cloud 上に VPC ネットワークを作成すると、VPC 作成後 vRouter とルーティングテーブルが自動的に作成されます。直接作成したり削除したりすることはできません。VPC が削除されると自動的に削除されます。ルーティングテーブルにルートエントリを追加してネットワークトラフィックをルーティングできます。

ルーティングテーブルの各エントリは、ネットワークトラフィックの送信先を決定するルートエントリです。デフォルトでは VPC 作成時に送信先が CIDR ブロック 100.64.0.0/10 のルートエントリがシステムによって追加されます。VPC のカスタマイズしたルートエントリを追加することは可能です。

外部の IP アドレスでなく、VPC の ECS インスタンスがインターネットにアクセスする場合は、NAT ゲートウェイが必要です。

要塞サーバー

要塞ホストは、プライベート ネットワークの仮想マシンを含む VPC ネットワークへのエントリの外部直面ポイントを提供します。このホストは要塞またはモニタリングの単一ポイントを提供または監査し、開始したり停止したりしてインターネットからのインバウンド SSH 通信の有効/無効を切り替えることができます。

sap-netweaver-planning-bastion

外部 IP アドレスを持っていない仮想マシンへの SSH によるアクセスはまず要塞ホストへ接続することで実現できます。

要塞ホストを使用する場合はまず要塞ホスト、次にターゲットのプライベート ECS インスタンスにパテのような SSH ベースのツールツールを介してにログインします。

NAT ゲートウェイ

VPC 内に外部 IP アドレスを割り当てないで ECS インスタンスを作成すると外部のサービスへは直接接続できません。

これらの ECS インスタンスがインターネットにアクセスできるようにするには、NAT ゲートウェイを設定・構成できます。NAT ゲートウェイは、VPC の任意の ECS インスタンスに代わってトラフィックをルーティングできます。VPC ごとに 1 つの NAT ゲートウェイが必要です。

VPN ゲートウェイ

IPSec を使用して Alibaba Cloud 上で VPN ゲートウェイを使用することにより VPN 接続を介して既存の IDC を Alibaba Cloud 上の VPC にセキュアに接続できます。2 つのネットワーク間のトラフィックは 1 つの VPN ゲートウェイによって暗号化され、別の VPN ゲートウェイによって復号化されます。これによりインターネットを経由して転送されるあなたのデータが保護されます。詳細については、Alibaba Cloud 公式サイトをご参照ください。

ライセンス

SAP アプリケーション ライセンス

Alibaba Cloud で SAP を実行している場合は自分のライセンス (BYOL) を使用する必要があります。

SAP ライセンスの詳細については、SAP にお問い合わせください。

Linux ライセンス

Alibaba Cloud では、SUSE Linux のライセンスを許可する方法が 2 つあります。

  • 従量課金制のライセンスモデル:Alibaba Cloud はパブリックイメージとして SLES 11 SP4 および SLES 12 SP2 を提供しており、ECS インスタンス価格に SLES ライセンス料が含まれます。

  • BYOL モデル:お客さまは、独自に SLES ライセンスを購入し、カスタマイズしたイメージとして SLES オペレーティングシステムをインポートできます。

データベースライセンス

  • SAP HANA:SAP HANA では、自分で購入したライセンスの持ち込み (BYOL) モデルを使用します。

SAP Business One インストールメディア

SAP Business One インストールメディアを Alibaba Cloud 上の ECS インスタンスにコピーするためのオプションはおもに2つあります。

  • SAP サービスマーケットプレイスから Alibaba Cloud 上の ECS インスタンスにダウンロードECS インスタンスから SAP サービスマーケットプレイスに接続し、必要なインストールメディアをダウンロード。ECS インスタンスはインターネットへの接続が非常に高速なので、このオプションは Alibaba Cloud に入れる SAP インストールメディアを入手するおそらく最速の方法です。SAP インストールメディアをダウンロードし格納するための専用の ECS インスタンスを作成できます。

  • ネットワークから ECS インスタンスにコピー。すでに必須の SAP インストールメディアをネットワーク上のある保存位置にダウンロード済みの場合はそのメディアを直接ネットワークから ECS インスタンスにコピーできます。

サポート

  • Alibaba Cloud お客様からのサポート:ECS インスタンス上の SAP Business One のプロビジョニングおよび構成に係る質問、サポートのご依頼に対応しています。

  • SAP サポート:お客さまは、SAP 関連の問題に関して SAP サポートに連絡を取ることもできます。SAP は、サポートチケットの初期評価を行い、ECS インスタンスに関するインフラストラクチャの問題があると思われる場合は当該チケットを Alibaba Cloud のキューに転送します。

SAP B1 Implementation Guide

版管理

バージョン リビジョンの日付 変更のタイプ 発効日
1.0     2018/05/07
1.1 2018/07/31 1.Certified IaaS platforms is updated. 2018/07/31

SAP Business One 実装ガイド

このガイドでは Alibaba Cloud にご使用の SAP Business One システムを実装する際の指示を提供します。

実装をプランニングの詳細については、Alibaba Cloud SAP Business One プランニングガイドを参照してください。

SAP Business One の システムを実装

Alibaba Cloud SAP Business One は SAP Business One の SAP HANA のバージョンを選択できます。このソリューションでは Alibaba Cloud SAP Business One の設定に ECS インスタンスを使用し、以下のソフトウェアを使用します。

  • SAP HANA 1.0 SP12

  • SAP Business One 9.0

  • SLES 11 SP4

デプロイアーキテクチャ

Alibaba Cloud への SAP Business One 環境の実装は従来のインフラストラクチャで使用される標準の SAP プロセスに従います。しかし、Alibaba Cloud に SAP Business One システムを実装すると、労力と時間を大幅に削減できます。

デプロイアーキテクチャ
  • SAP Business One サーバーAlibaba Cloud 上において、 Business One サーバーコンポーネントを実装するには、標準の SAP インストール手順と他の任意の物理または仮想の環境で使用するツールに従ってください。

  • SAP Business One クライアントAlibaba Cloud 上において、SAP Business One をリモートホストの ECS インスタンス上で実行している場合、標準のベストプラクティスは、ECS の別のインスタンスで仮想デスクトップソリューションを使用することで SAP Business One クライアントソフトウェアをホストすることです。従って、Alibaba Cloud ECS で Microsoft リモートデスクトップサービスのような仮想デスクトップサービスをインストールし管理します。

  • Business One データベースSAP のインメモリコンピューティングプラットフォームを搭載した SAP Business One は、アプリケーションのパフォーマンスを最大化し、膨大な量のデータをリアルタイムで分析することができ、しかも IT 環境が複雑になることはありません。SAP Business One と SAP HANA は同一の ESC インスタンスにインストールします。

前提条件

従来のインフラストラクチャに SAP システムをデプロイ・実行した経験がある SAP アドミニストレータは、SAP の ECS インスタンスの作成および SAP システムデプロイメントを開始するにあたり、以下の前提知識がパブリッククラウドの特定のタスクを理解する参考になります。

アカウント設定

  • Alibaba Cloud にサインアップ

  • お支払い方法の追加

  • 実名登録は、中国大陸本土内のリージョンで ECS インスタンスを作成する必要がある場合にのみ必要となります。

基本的なネットワークとセキュリティの設定

  • プロビジョニングしたプライベートネットワークに ECS インスタンスを作成するため VPC と VSwitch を作成

  • ECS インスタンスのインバウンドおよびアウトバウンドのアクセスのビジネスニーズを満たすルールを持つセキュリティグループを作成

  • SSH キーペアを使用して認証された Linux インスタンスを作成するため SSH キーペアを作成

ECS インスタンスをインターネットから接続

VPC は Alibaba Cloud 上に確立されるプライベートネットワークです。VPC は Alibaba Cloud の他の仮想ネットワークと論理的に分離されています。 インターネットから ECS インスタンスを接続するには NAT ゲートウェイまたは EIP (Elastic IP) を使用できます。

NAT ゲートウェイは、NAT プロキシサービス (SNAT および DNAT)、最大 10 Gbps の転送容量、およびゾーン間災害回復機能を提供するエンタープライズクラスのパブリックネットワークゲートウェイです。パブリックネットワークゲートウェイとして、NAT ゲートウェイには構成済みのパブリック IP および帯域幅が必要です。NAT ゲートウェイのパブリック IP は、共有帯域幅パッケージという抽象的なグループに分類されます。

EIP アドレスは NAT IP アドレスの一種です。Alibaba Cloud のパブリックネットワークゲートウェイの IP アドレスで、NAT の方法でバインドされた ECS インスタンスのプライベートネットワークインターフェイスカード (NIC) にマッピングされています。したがって、EIP アドレスでバインドされている ECS インスタンスは NIC 上の EIP アドレスを開示することなくインターネットと通信できます。

SAP Business One と SAP HANA の ECS インスタンスを作成・構成

Alibaba Cloud に SAP Business One を実装するための ECS インスタンスを作成するには、以下の手順を実行します。

ECS 購入ページを開く

  • ECS コンソールにログオンします。

  • 左側のナビゲーションペインで インスタンス をクリックします。

  • インスタンスリスト のページで インスタンスの作成 をクリックします。

  • ECS 購入ページを開き、[高度な購入] のタブに切り替えます。

価格設定モデルの選択

インスタンスのお支払方法としては、サブスクリプション従量課金制 のどちらかを選べます。

現在、ECS インスタンスでは以下の 2 つのお支払方法をサポートしています。

  • サブスクリプション: 前払いのタイプでお支払が済むまでインスタンスは使用できません。インスタンスの使用料は月次で請求され、お支払の単位は米ドル/月となります。サブスクリプションは、ウェブサービスなど固定の 24 時間年中無休のサービスに適用されます。

  • 従量課金制:インスタンスを使用後にお支払が発生するタイプです。インスタンスの使用料は分単位で請求され、お支払の単位は米ドル/月となります。ECS インスタンスのライフサイクル (作成からリリースまで) の場合最低料金は 0.01 米ドルです。従量課金制は、突然のトラフィック急増、一時的なスケーリング、中間テスト、および科学技術計算などのシナリオに適用できます。

これら 2 つのお支払方法の違いについては、 ECS 購入ガイドの ECS インスタンスの購入を参照してください。

データセンターのリージョンとゾーンを選択

通常は、すべての SAP アプリケーション (SAP ERP、CRM、SRM など) およびシステム (SAP DB、SAP アプリケーションサーバー) を同じゾーンにデプロイする必要があります。インスタンスを作成すると、リージョンおよびゾーンは変更できなくなります。リージョンおよびゾーンを選択する場合は以下の点について検討します。

  • 一般的に、ご使用のインスタンスがお客さまに近いリージョンにある場合は、お客さまが当該インスタンスの使用時に経験するネットワークレイテンシは短時間で済みダウンロードのスピードも速くなります。

  • ゾーン、インスタンスタイプ、ストレージタイプ、およびネットワークサービスの価格など一部の機能はリージョンによって異なります。お客さまのビジネスニーズを満たす適切なリージョンを選択します。

  • 中国本土以外のリージョンの ECS インスタンスは、Linux システムの間のやりとりをサポートしていません。

  • SAP システムの複数のインスタンスを作成する場合

    • 待ち時間が短いネットワークを必要とする場合は、同じゾーン内にインスタンスを作成するようお勧めします。
    • 災害復旧要件が高い場合は、1 つのリージョンの異なるゾーンにインスタンスを作成するようお勧めします。
  • リージョンが異なる VPC はデフォルトではイントラネットを介した相互通信ができない設定になっています。

インスタンスタイプを選択

インスタンスタイプの可用性はリージョンによって異なります。各インスタンスタイプのシナリオについては、製品指示書の インスタンス世代とインスタンスタイプのファミリを参照してください。

注:価格設定モデルを ‘従量課金制’ にすると、すべての ECS インスタンスがインスタンスタイプでは購入できなくなります。必要なインスタンスがリストにない場合は、購入チケットを Alibaba Cloud サポートに送信できます。

Alibaba Cloud ECS インスタンスは、SAP ソリューションをデプロイするためのインスタンスタイプ (仮想マシンのサイズ) の数を提供しています。ECS インスタンス上で実行できるアプリケーションは SAP が認定した SAP アプリケーションだけです。本番環境用に承認された SAP 認定のインスタンスタイプのリストについては、以下の情報を参照してください。

インスタンスタイプ vCPU メモリ (GiB)
ecs.se1.14xlarge 56 480
ecs.re4.20xlarge 80 960
ecs.re4.40xlarge 160 1920

ネットワークタイプの選択

  • ネットワークタイプ: ご使用の SAP Business One システムのネットワークタイプは仮想プライベートクラウド (VPC) をお選びください。独自の VPC、VSwitch も選択可能です。ない場合は、デフォルトの VPC と VSwitch を使用します。

  • セキュリティグループ: セキュリティグループは仮想ファイアウォールと同様に機能し、1 つまたは複数の ECS インスタンスのネットワークアクセス制御を設定する場合に使用します。インスタンスを作成する際はセキュリティグループを選択する必要があります。セキュリティグループ内のすべての SAP システムの ECS インスタンスへのアウトバウンドおよびインバウンドのネットワークアクセスを制御するためセキュリティグループのルールを追加してください。

  • ネットワークのお支払のタイプ: データ転送 によるお支払。このお支払方法では、1 時間ごとにインスタンスに転送されるデータ量 (通常ギガバイトで計算) によって料金が決定されます。トラフィックの価格はリージョンによって異なります。このページ下部のインターネットトラフィック料金を確認してください。

  • ネットワーク帯域幅のピーク: 突然トラフィックが急増して料金が高額にならないようにするため、インスタンスのピーク帯域幅を指定できます。

ネットワークタイプ インターネットにアクセスしますか? ネットワーク帯域幅のピーク
VPC はい Elastic IP (EIP) アドレスを使用しない場合はピーク帯域幅をゼロ以外の値に設定し、インターネット IP アドレスはインスタンスにバインドされます。アドレスを変更またはバインド解除できません。
VPC いいえ ピーク帯域幅を 0 Mbpsに設定します。

基本のオペレーティングシステムを選択

パブリックイメージ: Alibaba Cloud によって正式に提供されるオペレーティングシステムのイメージが含まれています。さらに、関連ソフトウェアをインストールし、特定の要件に基づいてアプリケーション環境を構成する必要があります。Alibaba Cloud では現在 SAP NetWeaver システム実行用に、以下のオペレーティングシステムをサポートしています。

  • SUSE Linux Enterprise Server (RHEL)

ストレージのプロビジョニングと構成

システムディスクとデータディスクはクラウドディスクを選択する必要があります。Alibaba Cloud は柔軟でコスト効率が高く、かつ使いやすい ECS インスタンスのデータストレージオプションを提供しています。

  • システムディスク が必要とされます。オペレーティングシステムのインストール用に使用されます。

    • ローカル、一時的なインスタンスベースのストレージです。
    • インスタンスストレージボリュームに格納されているデータは、ECS インスタンスが解放されるまで永続します。
    • システムディスクの Ultra クラウド ディスクの使用をお勧めします。さらに良いパフォーマンスを得るには SSD クラウド ディスクを選択できます。
  • ここで追加するデータディスクはインスタンスでリリースされ、インスタンスから切断することはできません。個別に クラウドディスクを作成できます。

    • ECS のインスタンスで使用するための永続的なブロック レベルのストレージボリューム。
    • データディスクは、SAP の非本番環境では Ultra クラウド ディスク、本番環境では SSD クラウド ディスクを使用するようお勧めします。
  • 各ユーザーアカウントは、データ ディスクあたり最大 32768 GB の容量で、同時に最大 250 のクラウドディスクを所有できます。

  • ビジネスニーズに基づき、最大 16 のデータディスク、空白、または スナップショットを追加できます。

クラウドディスクのタイプはリージョンによって異なります。クラウドディスクの機能の違いについては、ディスクのパラメータおよび性能のテストを参照してください。3 つの異なるボリュームタイプがあります。いずれも性能と耐久性をユニークに組み合わせたオプションとなっています。

  • SSD クラウドディスク
    I/O 集約型のアプリケーションに最適で、安定性と高いランダム IOPS 性能を備えています。

  • Ultra クラウドディスク
    アプリケーションシナリオに最適で I/O 負荷は中程度、ECS インスタンスに対するストレージ性能はランダム IOPS で最大 3000 回です。

  • 基本的なクラウドディスク
    アプリケーションシナリオに最適で I/O 負荷が低く、ECS インスタンスに対する I/O 性能は IOPS 数百回です。

ご使用の SAP Busienss One および HANA 環境にお勧めするストレージオプションは以下の通りです。HANA ストレージ構成の詳細については、Alibaba Cloud SAP HANA デプロイメントガイドを参照してください。

ディレクトリ ディスクタイプ
SAP Business One および HANA ソフトウェア Ultra クラウドディスク
HANA データファイル SSD クラウドディスク
HANA ログファイル SSD クラウドディスク
HANA 共有 SSD クラウドディスク
中間のバックアップストレージ Ultra クラウドディスク

セキュリティの設定

オペレーティングシステムに基づいて認証方法を設定できます。

オペレーティングシステム 認証方法
Linux SSH キーのペアまたはパスワード
  • 2 つの選択肢があります。今または後に認証方法を設定します。
  • インスタンスの作成後あとで認証方法を設定する場合は、パスワードをリセットするか、ECS コンソールで SSH キーのペアをバインドします。

購入プラン

  • サブスクリプションタイプ: サブスクリプションのお支払方法の ECS インスタンスを作成する場合は、サブスクリプションタイプ1 ヵ月 または 1 年 のどちらかに設定する必要があります。期限切れ後に、インスタンスを手動で更新しないようにする場合は、自動更新を有効にする [自動更新] を選択します。詳細については、購入ガイドの 自動更新 を参照してください。

  • インスタンス名: 効率よく管理できるようインスタンスの名前を指定するようお勧めします。

  • インスタンスの数: 従量課金制お支払方式で同時に作成できるインスタンスの最大数は 10 ですが、サブスクリプションのお支払方法のインスタンスは制限なしで作成できます。 

インスタンスの起動

  • 概要とコスト。 概要およびコスト情報を確認し選択した構成の詳細が確実に正しいことを確めます。

  • カートに入れる (ショッピングを続ける場合) または 今すぐ購入 (購入を確定する場合) のどちらかをクリックします。

  • 注文の確認 のページで注文の内容を確認後、

  • サブスクリプションのお支払方法のインスタンスの場合は、注文する をクリックして支払を行い、インスタンスをアクティブ化します。

  • 従量課金制お支払方法のインスタンスの場合は、アクティブ化 をクリックしてインスタンスをアクティブ化します。

インスタンスをアクティブにすると、ECS コンソール へ行ってインスタンス名、インターネット IP アドレス、VPC ネットワーク用のプライベート IP アドレスなどインスタンスの詳細を確認できます。

インスタンス構成後

DNAT エントリの追加

DNAT エントリの追加 DNAT 関数を使用してパブリック IP をプライベート IP にマッピングできます。その後、パブリック IP が指定された ECS インスタンスによりインターネットを介して公共サービスまたはアクセスを提供できます。

SNAT エントリの追加

SNAT エントリの追加: 指定した VSwitch の ESC インスタンスがインターネットアクセス要求を開始すると、NAT ゲートウェイが当該インスタンスにインターネットプロキシサービスを提供し、ECS インスタンスは指定されたパブリック IP を使用してインターネットにアクセスできるようになります。SNAT 関数はパブリック IP が指定されていない VPC ECS インスタンスにインターネットプロキシサービスを提供します。

SAP ECS インスタンスへの接続への接続

一般に、SAP Business One ECS インスタンスの外部 IP アドレスを使用しないでください。SAP システムインスタンスに接続する方法は SSH を使って要塞インスタンスを介する方法だけです。

  • 要塞インスタンスを介して SAP システム ECS インスタンスに接続するには、任意の SSH クライアントを使用して要塞ホスト、続いて SAP システムの ECS インスタンスに接続します。

  • Business One ツール経由で Business One クライアントから SAP Business One システムをインストールまたは維持するには、このクライアント ECS を Windows オペレーティング システムにインストールします。GUI またはブラウザで簡単に実行できます。

  • SAP HANA スタジオを介して SAP HANA データベースに接続するには、リモートデスクトップクライアントを使用して Windows Server インスタンスに接続します。接続した後手動で SAP HANA スタジオをインストールし、SAP HANA データベースへのアクセスを開始します。

OS セキュリティの強化

インスタンスのセキュリティのため、インスタンスを作成した後で以下のインスタンスに対してセキュリティコンプライアンス検査および構成を実行するようお勧めします。

  • Linux インスタンス: セキュリティアドバイザリの Linux オペレーティングシステムのセキュリティ強化 を参照してください。

ホスト名を変更

ECS インスタンスのデフォルトの名前指定はインスタンス ID で、SAP ソフトウェアを実行中のホストの名前は一般の基準およびいくつかの SAP 固有の制限事項に従って決定する必要があります。たとえば、SAP リリース 4.6 以降ではホスト名の最大長は 13 文字です。詳細については、SAP Note 611361 - SAP サーバーのホスト名を参照してください。

SUSE Linux Server で SAP システムを実行している場合:

  1. # vi /etc/HOSTNAME

or

  1. # echo newhostname > /etc/HOSTNAME

この操作で恒久的にホスト名を変更します。

サーバーを再起動して SAP インストールの前に検証します。

SAP Business One インストールメディアを準備

以下の通り SAP サポートポータルから SAP Business One の製品パッケージ (インストールパッケージまたはアップグレードパッケージ) をダウンロードします。

  • SAP サポートポータルの SAP Business One ソフトウェアダウンロードセンターに移動します。

  • 以下のいずれかの操作を行います。

    • インストールパッケージをダウンロードするには、インストール をクリックします。
    • アップグレードパッケージをダウンロードするには、更新 をクリックします。

SAP Business One インストールメディアを Alibaba Cloud 上の ECS インスタンスにコピーするためのオプションはおもに 2 つあります。

  • SAP サービスマーケットプレイスから Alibaba Cloud 上の ECS インスタンスにダウンロード

    Alibaba Cloud ECS インスタンスから SAP サービスマーケットプレイスに接続し、必要なインストールメディアをダウンロードします。Alibaba Cloud のインスタンスはインターネットへの接続が非常に高速なので、このオプションは Alibaba Cloud に入れる SAP インストールメディアを入手するおそらく最速の方法です。インストールメディアを格納する専用 Alibaba Cloud OS ボリュームを作成し、必要に応じて異なるインスタンスにボリュームを接続できます。また Alibaba Cloud ボリュームのスナップショットを作成し、並列で複数のインスタンスに接続可能な複数のボリュームを作成することもできます。

  • ネットワークから Alibaba Cloud 上の ECS インスタンスにコピー

    すでに必要な SAP インストールメディアをネットワーク上のある保存位置にダウンロード済みの場合はそのメディアを直接ネットワークから Alibaba Cloud ECS インスタンスにコピーできます。

オペレーティングシステムの確認

ECS を起動したら、インストールに関連する SAP ノートを参照してご使用のシステムに指定されたソフトウェアコンポーネントが含まれていることを確認してください。

  • 1310037 - SUSE LINUX Enterprise Server 11: インストールノート
  • 1984787 - SUSE LINUX Enterprise Server 12: インストールノート
  • 2001528 - SAP HANA データベース SPS 08 リビジョン 80 (またはそれ以降) を RHEL 6 または SLES 11 にインストール
  • 2240716 - SLES 11 / SLES for SAP Applications 11 SP4 の推奨 OS 設定

SAP Business One ソリューションをインストール

Alibaba Cloud に必要な ECS インスタンスをプロビジョニング・構成し終わると、SAP Business One ソリューションのインストールを開始する準備が整います。開始する前に、以下の SAP 公式ガイドを参照してください。

SAP Business One と HANA データベースは単一の ECS インスタンスにインストールされます。SAP Business One とデータベースインスタンスの両方の実行をサポートする ECS インスタンスのサイズを変更する必要があります。SAP HANA では、他のデータベースよりも多くのメモリリソースが必要なのでシステムのサイズを SAP HANA の少なくとも最低の要件をサポートするサイズにする必要があります。

主な手順として、SAP Business One を以下の通り実装します。

  • SAP HANA のインストールについては、Alibaba Cloud SAP HANA デプロイメントガイドを参照してください。

  • SAP Business One のインストール時は、サーバーに以下のコンポーネントをインストールする必要があります。

    • 以下を含むサーバーツール
      • SLD、ライセンスマネージャー、拡張機能マネージャー
      • データインターフェイスサーバー
      • ジョブサービス
      • ワークフローサービス
    • リポジトリ
      すべてのサポートされている言語において共有フォルダ B1_SHR、共通データベース SBOCOMMON、およびオンラインヘルプファイルが含まれます。
    • Microsoft Outlook 統合サーバー
    • リモートサポートのプラットフォーム
    • 統合フレームワーク
    • アドオン
      サーバーのインストールプロセスの一環として SAP アドオンをインストールすることにより、サーバー上のすべての企業に登録します。今はインストールしない場合、SAP Business One クライアントで後から手動でアドオンを登録する必要があります。

サポート

  • Alibaba Cloud お客さまサポート: ECS インスタンス上の SAP Business One のプロビジョニングおよび構成に係る質問、サポートのご依頼に対応しています。

  • SAP お客さまサポート: SAP 関連の問題に関してSAP サポートに連絡を取ることもできます。SAP は、サポートチケットの初期評価を行い、ECS インスタンスに関するインフラストラクチャの問題があると思われる場合は当該チケットを Alibaba Cloud のキューに転送します。