Node.js SDK

クイックスタート

Alibaba Cloud SDK (Software Development Kit) へようこそ。
Alibaba Cloud Node.js SDK (Software Development) を使用すると、 ECS (Elastic Compute Service) 、 SLB (Server Load Balancer) 、 CloudMonitor などの Alibaba Cloud サービスにアクセスできます。 リクエストの署名や作成などの API 関連のタスクを処理することなく、 Alibaba Cloud サービスにアクセスできます。 ここでは、 Alibaba Cloud Node.js SDK を入手して呼び出す方法を紹介します。

環境の準備

  • Alibaba Cloud Node.js SDK を使用するには、Alibaba Cloud アカウントと AccessKey が必要です。AccessKey は AcsClient を初期化するときに必要です。Alibaba Cloud コンソールで AccessKey を作成できます。
  • Ali cloud SDK を使用してプロダクト API を呼び出す前に、 Alibaba Cloud コンソールでそのプロダクトを既に開いていることを確認してください。
  • Alibaba Cloud Node.js SDK には、最新の LTS バージョンの Node.js が必要です。 (Node.js 4.x and Node.js 6.x). node-v を実行して Node.js のバージョンを表示できます。

Node.js SDK のインストール

Node. js SDK をインストールするには、以下の手順を実行してください。

  1. GitHub からプロダクトの SDK をダウンロードします。
  2. Node.js SDK のインストール
    Node.js 依存関係モジュールをインストールするには、 npm を使用することを推奨します。 Alibaba Cloud Node.js SDK は @alicloud のスコープの配下です。
    ダウンロードした Node.js SDK のパスは/path/to/aliyun-openapi-Node.js-sdkとなります。
    • 開発が SDK コアライブラリに基づいている場合、次のコマンドを実行して@alicloud/pop-coreモジュールをインストールします。
      上記コマンドの--saveオプションは、アプリケーションのpackage.jsonファイルにモジュールを書き込み、依存関係モジュールとして機能します。
      1. $ npm install @alicloud/pop-core --save
    • 開発が特定のクラウドプロダクト SDK に基づいている場合は、クラウドプロダクトのモジュールをインストールする必要があります。このチュートリアルでは、例として MNS プロダクトのモジュールをインストールします。
      1. $ npm install @alicloud/mns --save

コード例

RPC API の呼び出し

  1. var RPCClient = require('@alicloud/pop-core'). RPCClient;
  2. var client = new RPCClient({
  3. accessKeyId: '',
  4. secretAccessKey: '',
  5. endpoint: '',
  6. apiVersion: ''
  7. // => returns Promise
  8. client.request(action, params, options);

REST API の 呼び出し

  1. var ROAClient = require('@alicloud/pop-core'). ROAClient;
  2. var client = new ROAClient({
  3. Accesskeyid: ' ',
  4. accessKeySecret: '',
  5. endpoint: '',
  6. apiVersion: ''
  7. // => returns Promise
  8. // request(HTTPMethod, uriPath, queries, body, headers, options);
  9. // options => {timeout}
  10. client.request('GET', '/regions');

以下の例は、サービスを呼び出すための Node.js SDKの使い方を示しています。

  1. // Introduce the SDK
  2. const Client = require('@alicloud/oam');
  3. // Create instance
  4. const client = new Client({
  5. accessKeyId: '',
  6. secretAccessKey: '',
  7. securityToken: '', // Supports STS
  8. endpoint: 'ENDPOINT'
  9. // Call a service
  10. // Detailed API, return the promise
  11. client.addRoleCellToRole({
  12. RoleName: "role1",
  13. Resource: "*:*:*:*",
  14. ActionList: ["Read", "Write"],
  15. GrantOption: 0
  16. }, {timeout: 10000});