Global Traffic Manager

プロダクト紹介

Global Traffic Managerとは

GTM を使用すると、アプリケーションサービスのユーザーアクセストラフィックを、さまざまな IP アドレスにルーティングできます。GTM は、Alibaba Cloud プロダクトとそれ以外のプロダクトの両方のアクセスアドレスをサポートし、ハイブリッドクラウドアプリケーションを迅速かつ便利に構築するのに役立ちます。

GTM は、インテリジェント DNS とアプリケーションサービスのヘルスチェックを使用して、ユーザーアクセスリクエストを最も適切な IP アドレスに転送します。GTM は、ネットワーク領域とヘルスチェックに基づき、ping、TCP、および HTTP (S) の 3 つの方法でインテリジェントな解決を提供します。また、ディザスタリカバリを柔軟かつ迅速に構築するために使用できます。

GTM は DNS を使用して特定のサービス IP アドレスをユーザーに返します。クライアントユーザーは、サービス IP アドレスに直接接続できます。GTM 自体はプロキシまたはゲートウェイデバイスではないため、クライアントユーザーとアプリケーションサービス間のネットワークトラフィックは、GTM には表示されません。

基本概念

用語 説明
GTM
(global traffic manager)
DNS ベースで、ユーザーは最も近いノードからアクセスでき、高負荷を分散すると同時に、ヘルスチェックに基づく DNS フェイルオーバーを実行でき、アプリケーションのディザスタリカバリにも利用可能です。
CNAME アクセスドメイン名 GTM サービスを購入すると、生成されたインスタンスごとにドメイン名レコードが自動的に割り当てられます。GTM を利用したいドメイン名を CNAME 経由で GTM インスタンスに接続できます。
アドレスプール 同じサービスを提供する IP アドレスのグループで構成されます。アドレスプールを使用して IP アドレスまたはドメイン名のグループを管理できます。
ロードバランシング アプリケーションサービスのドメイン名は、複数の IP アドレスに同時に解決されます。ユーザーアクセストラフィックは、各 IP アドレスに均等に割り当てられます。
重み付きラウンドロビン アプリケーションサービスのドメイン名は、複数の IP アドレスに同時に解決されます。ユーザーアクセストラフィックは、各 IP アドレスにその重みに従って割り当てられます。
ヘルスチェック 監視ノードのグループは、ping、TCP、HTTP 経由でリアルタイムに DNS を使用し、解決された IP アドレスの可用性を検出します。また、設定されたアラームルールに基づき、アプリケーションサービスが正常かどうかを判断します。
アクセスポリシー GTM は DNS インテリジェント機能を使用し、さまざまな DNS クエリーソースに対して、特別に構成された IP アドレスプールを返すため、異なるネットワーク領域のユーザーは、最も近いノードを使用してサービスにアクセスできます。このため、アプリケーションサービスのアクセススピードが向上します。
DNS フェールオーバー アプリケーションサービスに障害が発生すると、GTM は自動的にユーザーアクセストラフィックを別の正常ノードに切り替え、サービスの中断時間を短縮します。

機能

Alibaba Cloud GTM には、次の機能があります。

アドレスプール管理

同じアプリケーションサービスのさまざまな IP アドレスを複数のアドレスプールにグループ化して管理できます。異なるリージョンの IP アドレスを異なるアドレスプールに配置することにより、アプリケーションサービスでのヘルスチェック設定と障害分離が大幅に促進されます。

アドレスプール内の複数の IP アドレスに対して、異なる動作モードを設定できます。

  • スマートリターン:デフォルトの動作モード。このモードでは、IP アドレスに対するヘルスチェックの結果が正常か異常かに基づいて、DNS リクエストにレスポンスする IP アドレスリストに追加するかどうかが決定されます。
  • 常にオンライン:このモードでは、IP アドレスに対するヘルスチェックは実行されません。IP アドレスは常に正常と見なされます。不安定なネットワーク環境でサービスを提供するには、IP アドレスの動作モードを [常にオンライン] に設定します。
  • 常にオフライン:このモードでは、IP アドレスに対するヘルスチェックは実行されません。IP アドレスは常に異常と見なされ、DNS リクエストにレスポンスする IP アドレスリストから削除されます。クラスターをアップグレードするには、クラスターの IP アドレスの動作モードを [常にオフライン] に設定する必要があります。

DNS リクエストへのレスポンス時、アドレスプール内の IP アドレスリストに負荷分散ポリシーを設定できます。

  • ロードバランシング:すべての IP アドレスが、毎回ランダムな順序で返されます。デフォルトでは、先頭の IP アドレスが選択され、アクセストラフィックは均等に割り当てられます。
  • 重み付きラウンドロビン:DNS リクエストへのレスポンス時、事前定義された重みに従って IP アドレスが返されます。全国からアクセスされるアプリケーションサービスの場合、重みを基準にアクセストラフィックを割り当てることができます。

ヘルスチェック

アドレスプール内の IP アドレスに共通のヘルスチェックを設定して、アプリケーションサービスの可用性をリアルタイムで監視できます。

  • ping、TCP、HTTP(S) プロトコルに基づいてヘルスチェックを実行できます。
  • ヘルスチェックの監視ノード
    • 中国国内のノード:
    • 中国以外のノード:
  • ヘルスチェックサイクル:各監視ノードは、ヘルスチェックタスクを個別に実行します。監視ノードでのヘルスチェックタスクの間隔は 1 分です。

アクセスポリシー

アクセスポリシーを設定すると、異なるリージョンのユーザーから異なるアドレスプールにアクセスできるようになり、異なるリージョンのユーザーからのアクセスが加速化されます。

加速リージョン
  • 中国国内の通信事業者:China Unicom、China Telecom、China Mobile、Dr. Peng
  • 中国国内のリージョン:東北、西北、西南、華北、華東、華中、華南
  • 中国以外のリージョン:アジア (中国を除く)、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オセアニア

DNS フェールオーバー

  • GTM は、IP アドレスのヘルスチェック結果に基づいて、アドレスプール内の IP アドレスリストを動的に調整できます。IP アドレスに問題があった場合、この IP アドレスは、DNS リクエストにレスポンスする IP アドレスリストから削除されます。問題のある IP アドレスが正常になると、再びリストに追加されます。
  • GTM では、アドレスプール内の使用可能な IP アドレスの最小数を設定できます。アドレスプール内の正常な IP アドレスの数が、使用可能な IP アドレスの最小数より少ない場合、アドレスプール全体が使用不可とみなされます。
  • ドメイン名に対応する DNS アドレスプールにアクセスする場合、通常のアクセスに使用するデフォルトアドレスプールと、デフォルトアドレスプールに異常があった場合のバックアップ用アドレスプールであるフェールオーバーアドレスプールを設定できます。こうすることで、デフォルトアドレスプールに問題があった場合、ユーザーはバックアップアドレスプールを介してアプリケーションサービスにアクセスでき、ビジネス継続性が確保されます。

利用イメージ

GTM は、次の利用イメージで使用できます。

プライマリ-スタンバイ アーキテクチャを使用した IP ディザスタリカバリ

最もシンプルなケースとして、1 つのアプリケーションサービスに、 A と B の 2 つの IP アドレスがあるとします。通常、ユーザーは IP アドレス A にアクセスします。IP アドレス A が利用できなくなると、ユーザーは IP アドレス B にアクセスすることが予想されます。

GTM が有効になっている場合は、2 つのアドレスプール A と B を作成し、IP アドレス A と B をこれらのアドレスプールにそれぞれ追加し、ヘルスチェックを設定する必要があります。アクセスポリシーで、デフォルトのアドレスプールを アドレスプール A に設定し、フェールオーバーアドレスプールを アドレスプール B に設定します。これにより、アプリケーションサービスのプライマリ-スタンバイ アーキテクチャを使用した IP ディザスタリカバリが可能になります。

アプリケーションサービスの複数のアクティブな IP アドレス

最もシンプルなケースとして、1 つのアプリケーションサービスに、同時に使用可能な 3 つの IP アドレス A、B、C があるとします。3 つの IP アドレスが有効な場合、DNS はサービスドメインをこれらの 3 つの IP アドレスに対して同時に解決します。3 つの IP アドレスの 1 つが使用できなくなると、この無効な IP アドレスは DNS リストから削除され、ユーザーには返されません。この IP アドレスが有効になると、再び DNS リストに追加されます。

GTM が有効になっている場合、アドレスプールに IP アドレス A、B、C を追加し、ヘルスチェックを設定して、アプリケーションサービスで複数のアクティブな IP アドレスを有効にすることを実現します。

並行性の高いアプリケーションのロードバランシング

一日限りのショッピングイベントのような大規模なオンラインプロモーションキャンペーンでは、企業は数倍のユーザーリクエストを処理するために、サービスを一時的に拡張する必要があります。一般に、企業は同じリージョンの複数の SLB インスタンスを購入し、異なる IP アドレスを使用して、トラフィックのバランスを取っています。

GTM を有効にすると、サービスごとに最大 20 の IP アドレスを追加して、ロードバランシングを実行できます。また、サービス機能に基づき、IP アドレスの重みを設定することで、差別化されたサービスが可能になります。

異なるリージョンでのアクセス高速化

サービスが拡大すると、全国的または全世界的なサービスの提供が必要になります。場所によりネットワークの状況は異なっているため、距離やその他の要因によって、ネットワークアクセスが制限される可能性があります。したがって、企業は広範なエリアの中心ゾーンにサービスエンドポイントを作成します。さまざまなリージョンのユーザーは、自分たちのリージョン内のエンドポイントに最短時間でアクセスできます。

GTM は、異なるリージョンのユーザーが、異なる IP アドレスプールにアクセスできるように、ユーザーグループ管理とグループアクセスを提供しています。この機能により、サービスの全体的なユーザーエクスペリエンスが向上します。

制限事項

項目 クオータ
購入数 各アカウント:50 インスタンス
アドレスプール数 各インスタンス:10
IP アドレス数 各アドレスプール:20

FAQ

よくある質問

GTM と SLB の違いは

GTM は、動作原理によると、DNS を使用してドメイン名を複数の IP アドレスに解決します。また、異なる地域のユーザーが異なる IPアドレスにアクセスでき、アプリケーションサービスのトラフィックを割り当てることもできます。また、GTM はヘルスチェックによって DNS 解決 IP アドレスリストを動的に更新し、障害の隔離とフェールオーバーを実現します。最終ユーザーのアクセストラフィックは、GTM インスタンスを経由することなく、サービスの IP アドレスに直接接続されます。

SLB は、ユーザーアクセスリクエストのプロキシとして機能し、リクエストを異なるサーバーにリアルタイムで配信します。最終ユーザーのアクセストラフィックは、SLB インスタンスを経由する必要があります。両者の比較は以下の通りです。

比較項目 ネットワークレイヤー バックエンドアドレス 重み付きラウンドロビン クロスリージョンの難易度 障害の隔離時間 セッション維持
GTM レイヤー 3 ドメイン名と IP アドレス サポート 簡単 分単位 未サポート
SLB レイヤー 4 とレイヤー 7 IP アドレス サポート 難しい 秒単位 サポート

一般的に、アドレスが同じリージョンにある場合は、SLB がロードバランシングに使用され、複数の SLB アドレスが異なるリージョンにある場合は、GTM がロードバランシングに使用されます。

GTM、DNS、およびグローバルロードバランシング(GSLB)の違いは

GTM は、DNS のインテリジェント解決機能と監視ノードによるモニタリング機能を統合しています。そのため、DNS の近いリソースへのアクセス機能、アプリケーションサービスのヘルスチェック機能、およびフェールオーバー機能も提供できます。

普通のGSLBをアップグレードした GTM は、より多くのモニタリング方法、より高度な IP アドレス管理機能、より安定、高速化したモニタリング能力を備えています。

URL から直接 GTM インスタンスのドメイン名にアクセスできますか

最終アクセス URL として、GTM インスタンスの CNAME ドメイン名を使用することはできません。CDN などのプロダクトと同じように、GTM インスタンスの CNAME ドメイン名は、サービスアクセスマッピングにのみ使用でき、最終アクセス URL としては使用できません。

GTM はサービスの障害をどのように判断しますか

GTM はアプリケーションサービスのモニタリング機能を統合しています。ping、TCP、および HTTP(s) モードのいずれかでアプリケーションサービスをモニタリングし、障害があるかどうかを検出します。

  • ping ベースのモニタリング:パケット損失率と応答時間に基づき、アプリケーションサービスに障害があるかどうかを確認します。
  • TCP ベースのモニタリング:TCP ポートの応答時間に基づき、アプリケーションサービスに障害があるかどうかを確認します。
  • HTTP ベースのモニタリング:HTTP リクエストの応答時間、ステータスコード、およびメッセージに基づき、アプリケーションサービスに障害があるかどうかを確認します。

GTM は、アプリケーションサービスをモニタリングするため複数の監視ノードを提供しています。サービス例外判定の全体的な条件として、複数の監視ノードを組み合わせて使用できます。

GTM フェールオーバーが有効になるまでの時間は

複数のテスト結果によると、サービスアプリケーションに障害が発生した後、GTM は 5 分でアプリケーションサービスのトラフィックを約 90% 切り替えることができます。

GTM フェールオーバー有効時間 = 障害検出時間 + DNS スイッチ同期時間

  • デフォルト検出時間:現在、ヘルスチェック設定では、デフォルトで、障害が発生してから約 3 分後に障害を検出できます。
  • DNS スイッチ同期時間:現在、GTM の CNAME アクセスドメイン名の TTL は、60 秒に設定されています。理論的には、ドメイン名の切り替え後 60 秒で同期が実行されますが、実際の時間は、通信事業者のキャッシュ設定に依存します。

GTM のアドレスプールはドメイン名を使用できますか

はい、できます。GTM アドレスプールに IP アドレス、またはドメイン名を入力できますが、1 つのアドレスプールに IP アドレスとドメイン名を同時に入れることはできません。

アドレスプールに複数のドメイン名がある場合、アドレスプールはデフォルトで、ドメイン名のラウンドロビンロードバランシングを実行します。

GTM はインテリジェントな DNS アクセスを実現できますか

はい、できます。GTM はインテリジェント DNS 解決機能を統合しています。現在、アジア以外の 7 つのリージョンと 6 つの大陸の、4 つの主要な中国の通信事業者のユーザーに対して、GTM でインテリジェント DNS 解決を実行できます。さまざまなリージョンのユーザーは、所在地に最も近いプロキシアクセスポイントにアクセスできます。

GTM はセッション維持に対応していますか

いいえ、していません。GTM は DNS レベルで動作します。DNS を使用して特定のサービスの IP アドレスをユーザーに返し、クライアントのユーザーがこのアドレスに直接接続します。クライアントはアプリケーションサービスの IP アドレスに直接接続されており、アクセストラフィックは GTM を経由しません。したがって、クライアントとサーバー間の HTTP トラフィックは、GTM ではわかりません。そのため、GTM ではセッションの維持を実現できません。