SB Cloud

コラム一覧

オフィスの光熱費を削減するクラウドサーバーの仕組み

オフィスの課題といえば、経費削減です。様々なシーンで経費削減が進められている昨今のオフィス事情。規模が大きくなるほどに、コンピュータ関係の負担も大きくなっているはずです。最たるものは、サーバーへの負担。自社でサーバーを持つより、クラウドサーバーを導入することによって経費削減を図りたいものです。ここでは、オフィスの光熱費削減にも影響するクラウドサーバー導入や料金負担について紹介します。

オフィスの光熱費を削減するクラウドサーバーの仕組み

無駄がない料金負担

 

クラウドサーバーは、使用した分だけの料金を支払えばよいサーバーサービスです。オフィスによっては、自社サーバーを持っているところやレンタルサーバーを利用しているところがあるでしょう。いずれの場合も、使用していないときにも料金が発生するのは無駄があります。自社でサーバーを管理できるのは安心ですが、電気料金が高額になりがちですし、そもそもサーバーを導入すること自体が大きな初期費用負担となります。万が一の自然災害などにも、備えなければなりません。その点、レンタルサーバーはセキュリティ面で安心できるうえに、レンタルですから利用料金も比較的リーズナブルです。

レンタルサーバー以上に、利用料金を節約できるのがクラウドサーバーです。レンタルサーバーでは、使用してもしなくても、一律で料金が設定されています。自社だけで利用する占有サーバーの場合は、自社サーバーに似た自由な活用ができますが、料金が高くなりがち。他社と共有する共用サーバーでは料金は安いものの自由度が低くなるなどのデメリットがあるのです。いざ使い始めてみたら、ネットワーク構成が自社とマッチしないということもあり得ます。クラウドサーバーであれば、自社の利用条件にマッチしやすく便利です。

利用用途は限定されず


オフィスの光熱費を削減するクラウドサーバーの仕組み

クラウドサーバーは、利用用途が限定されないのもメリットです。自社のすべてのサーバーをクラウドにするもよし、一部のみをクラウドにするもよし。自由度の高さが好影響して、マイナス要素を感じずにコスト削減を図れます。

クラウドサーバーサービス会社が提供している商品によっても、異なる特徴があります。Webシステムを低価格で構築したり、転送量を節約したりしたいというときにマッチするクラウドサーバー商品、業務システムを低価格に構築できる商品、大容量のデータを保存できる商品など、目的別にクラウドサーバーを選べば効率的です。Webサーバー、ファイルサーバー、アプリケーションサーバー、メールサーバー、開発用サーバー、オンラインゲームサーバー、ハイセキュリティデータ保存サーバー、プリンタサーバーなど、利用用途を検討してみてください。

人件費の節約にもなる

大規模なサーバーを必要とする企業であれば、自社サーバーの導入はもとより、サーバーを運用管理する専任のネットワークスペシャリストが必要になります。これを中小企業でも行うのは、重い経済負担となるでしょう。ネットワークの管理者が社内でたった1人という企業も珍しくなくなり、労働負担や残業問題、責任の比重などのトラブルも出やすくなっています。上司も部下もいない職場環境で、成長できないと挫折するネットワークスペシャリストが増えるなか、企業もコスト削減に迫られて難しい局面に差し掛かっています。

クラウドサーバーを利用すれば、ネットワークに関する専門的な人材を置く必要もなくなります。専門的な知識がなくても操作しやすいクラウドサーバーも増えて、社内の1人1人がサーバーの操作方法を心得ているという企業が増えつつあります。もちろん、クラウドサーバーの導入料金自体も幅広く選択可能です。

導入費用や人件費の負担など、大きな経費を削減しやすいのがクラウドサーバーのメリットです。自社サーバーを社内で管理する必要がなくなれば、電気代のコスト削減にもつながります。スペックは事業の成長に合わせて変更可能ですから、グレードアップやグレードダウンを試みつつ、自由にお得にクラウドサーバーを利用してみてください。

フォームからお問い合わせ
  • 導入前の技術的ご質問から料金プランなど、お気軽にお問い合せください。
  • SB クラウドへのお問い合わせ
アーカイブ