SB Cloud

コラム一覧

スペック・コスト・柔軟性をクラウドサーバーと物理サーバで比較

クラウドサーバーと物理サーバーを比較するとき、押さえておきたいいくつかのポイントがあります。なかでも、スペック・コスト・柔軟性は、最低限重視しておきたいポイントです。ここでは、クラウドサーバーと物理サーバーをスペック・コスト・柔軟性の観点から解説しましょう。

スペック・コスト・柔軟性をクラウドサーバーと物理サーバで比較

スペックの比較

 

クラウドサーバーは、1台の物理サーバー内に複数の仮想サーバーを設置できます。他のユーザーとサーバーを共有することもあり、この点では物理サーバーを専有したほうがスペックを思う存分に独占できる意味で優れています。ただし、物理サーバーとの併用ができるシステムを提供しているクラウドサービスがある点にも注目したいところです。クラウドサーバーにも物理サーバーにもそれぞれに利点がありますから、良いところを採用できる併用は効率のよいサーバーの利用方法といえるでしょう。

専有サーバーの場合は、クラウドサーバーに比べればカスタマイズの自由度があります。ただし、スペックの高さや自由性を重視するには、それらのメリットを操作できるだけの人材が必要です。利用目的に合わせたスペックを選び、運用する人が自在に操作しやすいサーバーがクラウドか物理サーバーかを慎重に検討するべきです。

コストの比較


スペック・コスト・柔軟性をクラウドサーバーと物理サーバで比較

クラウドサーバーは、物理サーバーに比べるとコスト削減につながるといわれています。この点は、クラウドサーバーの利用規模によっても差が出てくることを頭に入れておきましょう。使用した分だけ課金されるシステムのクラウドサーバーは、小規模な利用のうちは確かに低コストで済みます。しかし、利用規模が大きくなってくれば、コストもそれなりに増えてくるものです。サーバーの台数を増やしたり、トラフィック量の影響を受けて料金が加算されたりするため、大規模になればなるほどコストがかさみます。

これに対して物理サーバーでは、小規模な利用でもある程度の料金設定がされている一方で、大規模な利用になっても料金の変化がそれほど激しくないのが特徴です。サービスにもよりますが、むしろ大規模に利用するほうが、物理サーバーではお得ともいえます。

だからといって、単純に物理サーバーとクラウドサーバーのコストを比較することはできません。クラウドサーバーで、低コストに大規模なサーバー運用ができるサービスを提供している業者も出てきています。スペックや柔軟性と合わせた比較をすることも、重要です。

柔軟性の比較

クラウドサーバーと物理サーバーでは、クラウドサーバーの方が圧倒的に柔軟性が高いです。クラウドサーバーの柔軟性の特徴には、導入におけるスピードとリソースの柔軟性という2点があります。サーバーを使ってみようと決断して申し込みを行ってから、実際に使い始めるまでの時間にロスがあるのはストレスです。その点、クラウドサーバーは申し込みをしてすぐにも使い始めることができます。また、解除したいときにすぐに実行できるのも、クラウドサーバーならではの柔軟性です。

リソースの柔軟性という意味では、サーバーを使うときと使わないときの差があるときに、クラウドサーバーが効果を発揮します。Web系のサービスでは、アクセスの増減によってサーバーの使用規模に変化が出るものです。クラウドサーバーなら急なアクセス増加に規模を拡大するのもスムーズで、反対にアクセスが減少したときにサーバーの使用量を減らすことも難なくできます。物理サーバーでは急なアクセス増加に対応するためには、あらかじめ適した契約をするか、アクセス増加時に契約をし直すことが必要です。契約変更の手間が、Webサイトの運用に影響する可能性が大きいのです。

フォームからお問い合わせ
  • 導入前の技術的ご質問から料金プランなど、お気軽にお問い合せください。
  • SB クラウドへのお問い合わせ
アーカイブ