SB Cloud

コラム一覧

クラウドサーバー料金の比較

クラウドサーバーを比較するとき、性能やサポート体制などと共に重視したいのが料金です。クラウドの場合、基本は使用した分を後払いするシステムです。初期費用は無料ですが、課金システムには違いがあります。クラウドサーバーを料金重視で比較してみましょう。

クラウドサーバー 比較

無料トライアル期間の長さ

クラウドサービス会社の多くが、無料トライアルサービスを提供しています。最短でも2週間ほどから無料トライアル期間があり、平均して1ヶ月間の無料期間を提供しているクラウドも少なくありません。なかには、大盤振る舞いで12ヶ月間の無料トライアル期間を提供するクラウドもあり、これは大サービスです。これほどのお得なサービスを提供していても、無料で使用できる範囲が充実、サポート体制にも文句なしというクラウドがあるのですから、利用しない手はありません。ただし、クラウドサーバーの利用目的によっては、無料で使用できる範囲が不足しているということもありますから、必ずしも無料トライアル期間が長ければいいというものでもないことは理解しておきましょう。

同じ料金システムのクラウドサービスであれば、無料トライアル期間が長く、無料で使用できる範囲が目的にかなっているかどうかを検討に加えてみるべきです。

初期費用は無料、最低月額で比較

グローバルなクラウドサーバーの比較

クラウドサーバーは使用した分だけ支払うシステムが特徴であるため、初期費用はどこも無料です。検討を重視すべきは、最低月額料金です。とはいえ、クラウドサービス会社によって料金体系は異なります。月額料金として単純比較しきれない部分もあり、慎重に検討することが大切です。国内のクラウドサービスに多いのが、一定の使用量に一定の料金が設定されているシステムです。オーバーした分は、さらに課金が行われます。

一方、グローバルなクラウドサービスでは、クラウドの定義に忠実に使用した分だけの課金がされる料金システムが多いのが特徴です。無駄を省ける反面、クラウドサーバーの使用に慣れないうちはどのくらいの料金が課金されてしまうのか不安があるかもしれません。グローバルなクラウドサービスの中には、支払いが外貨というところもあります。クレジットカード払いであれば面倒な手続きこそありませんが、為替レート次第では料金が高くついてしまう場合もあります。

使用する容量によっては無料プランもあり

各社で無料トライアルサービスを提供しているクラウドですが、有料サービスに移行してからも容量を限定して無料プランを提供している会社もあります。最大級の無料プランを提供している会社で、15GBほど。無料プランの容量で、利用するクラウドサービスを決めるのも一案です。

あらかじめ使用する容量が多いとわかっている場合は、無料プランの容量が多くても無意味ではないかと思うかもしれませんが、無料分があるのはやはりお得です。無料プランを超えた場合の料金についてもしっかりチェックして、安いところを選ぶと良いでしょう。圧倒的な安さでクラウドを提供しているのは、目下のところグローバルな最大手2社です。どなたでもご存じの大手であり、信頼度も高く、一度は利用してみる価値があります。知人を紹介することによって、追加容量が増えていくシステムのクラウドサービスもユニークです。

どのくらいの容量を使用するかは無料トライアルで確認

1ヶ月にどのくらいの容量を使用するかについては、実際に使ってみないとわかりません。キャンペーンなどでアクセス数が一時的に急増するようなケースもありますし、普段はそれほど多くの容量が必要ないというケースもあります。具体的な容量を把握するためにも、無料トライアル期間を提供しているクラウドサービスが便利です。1ヶ月以上の無料トライアル期間が提供されていれば、大体の使用量の目安がつきます。無料トライアルサービスを利用するときには、このような点もチェックしておくことを忘れないようにしましょう。

フォームからお問い合わせ
  • 導入前の技術的ご質問から料金プランなど、お気軽にお問い合せください。
  • SB クラウドへのお問い合わせ
アーカイブ