SB Cloud

コラム一覧

クラウドサーバーのメリット、デメリット

注目度が高まっているクラウドサーバーには、メリットだけでなくデメリットもあります。クラウドサーバーを選ぶのであれば、メリットもデメリットも知ったうえで上手に活用したいもの。クラウドサーバーのメリット・デメリットを多角的に紹介します。

SB クラウド選定のポイント

従量制ならではの価格面でのメリット

クラウドサーバーでは、従量制の料金体系を採用しているサービスがほとんどです。この仕組みであれば、使った分だけを支払えば良く、使用状況によっては他のサービスよりも費用を抑えることが可能です。しかし、利用する規模が大きくなれば、その分費用がかさんでしまいます。そのため、小規模ならクラウドサーバーの利用でコスト低減できるものの、大規模なシステムになればクラウドサーバーの利用が必ずしもメリットになるとは言い切れません。

価格面では、もうひとつクラウドサーバーにメリットがあります。それは、初期費用を抑えることができる点です。レンタルサーバーや専用サーバーではまとまった初期費用がかかりますが、クラウドサーバーの場合は使用した分だけ費用が発生します。そのため、初期費用としてまとまった支払いをする必要がありません。

自由度が高い反面、セキュリティには要注意

セキュリティとサポート体制

クラウドサーバーは、サーバーの増減が可能など、カスタマイズ面で自由度が高いというメリットがあります。スピーディーに利用をスタートできる点も大きなメリットです。選ぶ際には、提供会社によるサービスの違いを比較して、より自由度の高いクラウドサービスを選ぶのがおすすめです。多くのデータセンターでは、地震などの非常時を想定して安全面に力を入れていますから、システム障害が発生したときに慌てることもないでしょう。

ただし、セキュリティ面でのサービスはオプションになっていることが多いため、意識して対策することが重要です。OSのセキュリティは、物理的なサーバーと同程度であれば十分です。問題は、ネットワークのセキュリティです。ファイアウォールが導入されていないクラウドサービスも珍しくないため、注意が必要なのです。クラウドサービスを選ぶ際には、セキュリティの高いサービスを提供しているかどうかを確認するようにしましょう。

用途によって使い分けが可能なクラウドサーバー

クラウドサーバーは、自由度が高いのがメリットです。サービス提供会社でも、用途によって使い分けができるように、多彩なサービスを提供しています。例えば、クラウドサーバーの特徴のひとつが、複数台の仮想サーバーを構築できること。複数のサイトを運営しているときなど、コストや負荷の心配をせずにサーバーの運用管理が可能なのは助かります。

また、サーバーを仮想化することにより、保守契約期限の心配をする必要がなくなることもメリットのひとつです。データを移行する必要が出た場合は、わずかな時間で新しいサーバーを追加できます。新しくサーバーを構築する必要もなく、元のサーバー構成をそのままコピーできるのは、時間と手間の節約につながるでしょう。

最近のクラウドサービスでは、導入支援や運用管理の代行をするサービスドマネジメントを提供しているケースが増加中です。クラウドサーバーを利用するにあたって、これまで必須だったサーバー運用担当者がいない場合でも、クラウドサーバーを利用しやすくなっています。サーバーの構成や構築、データ移行、運用や監視など、実際の活用はもちろん、クラウドサーバーの選び方の相談に乗ってくれる提供会社もあるほどです。

要望に合わせた最適なクラウドサービスの導入をサポートしてもらえれば、無駄なく効率的にクラウドサーバーの利用をスタートできるでしょう。人員コストの低減にもつながり、メリットがさらに広がります。

フォームからお問い合わせ
  • 導入前の技術的ご質問から料金プランなど、お気軽にお問い合せください。
  • SB クラウドへのお問い合わせ
アーカイブ