SB Cloud

コラム一覧

クラウドサーバーを利用した業務改善のヒント

多くの企業がクラウドを導入するなか、我が社もとクラウドのメリットが気になっている企業も多いのではないでしょうか。クラウドサーバーを導入すると、コストを抑えながら業務改善が期待できます。ただ、企業によっても改善したい業務は異なるものです。そこでここでは、クラウドサーバーを利用した業務改善について、様々な角度からヒントを紹介します。

クラウドサーバーを利用した業務改善のヒント

容量や用途を自由にコントロール可能

総務省による平成28年版情報通信白書によると、企業がクラウドサーバーを利用している理由のトップ3は以下の通りです。

・資産、保守体制を社内に持つ必要がない
・どこでもサービスを利用できる
・初期導入コストが安価

トップ3以下の導入理由も、注目すべき内容ばかりです。システムの容量の変更などに迅速に対応できる、システムのスケールをコントロールしやすいというのも多くの企業が挙げている導入理由の一つ。クラウドサーバーは、小規模から始めて業務が成長してきた時点で規模を拡張しやすいというメリットがあります。反対に、拡張していたシステムを小規模にするのも自由です。

初めてのシステムを導入するときには、初期費用に慎重になって当然です。使った分だけ費用を支払えばよいクラウドサーバーは、低コストでスタートできるのが魅力的。レンタルサーバーに比べると、用途も自由に設定しやすいのが便利です。サーバーにかけていた費用を見直したいというときには、クラウドサーバーの利用が大きな改善となるでしょう。

クラウドサーバーを利用した業務改善のヒント

環境を選ばずコントロールできる便利さ


クラウドサーバーは、権限がある人であればどこにいてもサービスを利用できます。インターネットに接続さえできれば、外出先でも自宅でも、勤務先から遠く離れた海外でも、クラウドサーバーにつなげて業務を進捗できます。

外出先でも自宅でも会社のアドレス宛てのメールくらいチェックできるのではないかと思うかもしれませんが、不用意に仕事関係のメールを外部からチェックしたり送受信したりするのは危険です。

その点、セキュリティがしっかりしたクラウドサーバーを介してメールチェックをすれば、情報漏洩などのリスクを軽減しながら業務を進められます。同様に、資料の送受信や取引先との受発注などもクラウドサーバーを通して済ませられるのが安心です。

安心のセキュリティ&サポート

クラウドサーバーで懸念される問題に、セキュリティがあります。それだけに、クラウドサーバー業者ではどこも最新のセキュリティ対策をとっているものです。実際に使ってみたら、クラウドサーバーのセキュリティの高さに安心したという意見はよく聞かれます。自社でサーバーを管理するのは、セキュリティ面で高いコストがかかるのがネックです。その意味でも、コストを抑えつつセキュリティ面で安心して任せられるクラウドサーバーは業務改善につながるでしょう。困ったときには、充実したサポートにも期待できます。

フォームからお問い合わせ
  • 導入前の技術的ご質問から料金プランなど、お気軽にお問い合せください。
  • SB クラウドへのお問い合わせ
アーカイブ