SB Cloud

コラム一覧

「クラウド」と「レンタルサーバー」の違いとは?

サーバーを選ぶときは、選択肢がいくつかあります。最近クローズアップされている選択肢が、クラウドとレンタルサーバーです。サーバーを他のユーザーと共有してレンタルするのは、どちらも同じ。そのため、クラウドとレンタルサーバーは混同されやすいのです。クラウドとレンタルサーバーの違いについてお話します。

「クラウド」と「レンタルサーバー」の違い

共有スペースが違うクラウドとレンタルサーバー

1つのサーバーを共有するという意味では、クラウドもレンタルサーバーも同じ。両者の決定的な違いは、共有するスペースです。イメージとしてよく例えられるのが、レンタルサーバーがシェアハウスだとしたら、クラウドはホテルだということ。

シェアハウスは1ヶ月分の家賃を払い、ベッドルーム以外のキッチン・バスルーム・トイレ・ダイニングなどを共有します。中には、ベッドルームすら共有のシェアハウスもあるほど、ほとんどのスペースが共用です。一方、ホテルは使いたいときだけ宿泊料金を払って部屋を借りますが、借りた部屋にはベッドルームもトイレもバスルームも付いていて自由に使えます。

クラウドではレンタルサーバーと同じように物理的なサーバーは1つですが、その中に仮想サーバーをいくつも作ることができます。CPUやメモリも仮想です。これにより、管理コストやサーバーの負荷を低減させることにつながります。1台のサーバーで複数のOSを利用することも可能なため、複数のサーバーを用意することなく効率的にサーバーを運用できるのです。

クラウドとレンタルサーバーではどちらのメリットが有望?

クラウドとレンタルサーバーのメリット

クラウドとレンタルサーバーには、それぞれにメリットとデメリットがあります。導入時の費用の点では、レンタルサーバーがまとまった費用を求められるのに対して、クラウドは使った分だけの支払いです。しかし、運用コストでは、すべてを共有するレンタルサーバーがクラウドより割安。クラウドは専用サーバーよりは割安なものの、使用する分量によってはレンタルサーバーより高くなります。あくまでも、使った分だけ費用を払えば良い点が、クラウドのメリットです。その点は、あらかじめよく検討する必要があります。

サーバーの運用に関しても、クラウドとレンタルサーバーでは大きな違いがあります。レンタルサーバーはサーバーの提供会社が運用を行っているため、レンタルしている側が運用する必要はありません。その代わり、カスタマイズができないのはデメリットです。一方、クラウドではサーバー構築から運用業務まで自力で行う必要があります。カスタマイズが自由なのはメリットですが、サーバー構築や運用業務の知識がないと使いこなすことは難しいでしょう。

しかし、サーバー提供会社のマネージドサービスを利用すれば、クラウドの運用管理をアウトソーシングすることが可能です。そのため、レンタルサーバーのように他のユーザーに影響されるリスクがほとんどないクラウドのほうが、近年注目を集めています。

クラウドとレンタルサーバー、向いている用途は?

クラウドとレンタルサーバーでは、用途によっても向き不向きが違います。レンタルサーバーが向いているのは、個人ブログなどの小規模なサイトでコストを抑えたい場合です。個人ブログや個人サイトであれば、カスタマイズに制限があっても不自由に感じることは少ないでしょう。

クラウドに向いているのは、コーポレートサイトやECサイトなど、アクセス数の飛躍が見込めるサイトです。企業のコーポレートサイトでは、他のユーザーの影響を受けやすいレンタルサーバーは不向き。万が一、サイトにアクセスできないトラブルが多発してしまうと、ビジネスの機会を損ねてしまいかねません。しかし、専用サーバーを利用するほどの規模でもない場合は、コストを抑えたうえで他のユーザーの影響も受けにくいクラウドが向いています。

データベースの重さがネックになるECサイトでは、読み込み速度を重視する必要があります。読み込み速度を上げるSSDを利用できるクラウドなら、ユーザーにストレスなくサイトを利用してもらえるようになるはずです。これからアクセス数の伸びを飛躍的に増やしたいサイトでは、スペックが不足するとサーバーを移す必要が出ることも。しかし、クラウドならサーバーを移動せずにスペックだけ増強できます。

フォームからお問い合わせ
  • 導入前の技術的ご質問から料金プランなど、お気軽にお問い合せください。
  • SB クラウドへのお問い合わせ
アーカイブ