SB Cloud

コラム一覧

クラウドサーバー 比較(AWS,その他法人)

クラウドサーバーの提供会社は、国内外合わせて数十社以上もあります。大手だけでも選びきれないほどの数のクラウドサービス会社があり、既にクラウド使用経験があっても迷ってしまうのは無理もありません。ここでは、AWSをはじめとしたクラウドサーバーを比較してみましょう。

クラウドサーバー 比較

クラウドサーバーの比較ポイント

大量なクラウドサーバーの比較する前に、比較のポイントを決めておきましょう。おすすめのチェックポイントは7つです。以下に挙げたものを、ご参考ください。

  • 料金
  • 使用した分だけ支払えば良いシステムのクラウドサービスは、初期投資が不要です。提供会社によって課金システムは異なり、無料トライアル期間や有料サービス内での無料プランなども見逃せません。従量制か定額制か、主に2つに1つの選択肢ですが、自動的に最安料金が適用されるクラウド会社もあります。

  • 拡張性
  • 最初にどのくらい使用するかがわからなくても、最小構成でスタートして必要なときに拡張が可能なのがクラウドのメリットです。拡張性については、念のためチェックしておいたほうが良いでしょう。

  • セキュリティ
  • クラウドサーバーを使用するリスクは、インターネット経由で操作するため、常に第三者からの攻撃を受ける可能性がある点です。セキュリティ対策が万全なクラウドサービス会社を選ぶことが大切です。

  • 可用性
  • 万が一トラブルがあった際に、システムが停止してしまっては大損害につながりかねません。システムの可用性も、チェックを入れておくべきポイントです。

  • 柔軟性
  • クラウドサーバーは、物理サーバーやハウジング、オンプレミスなどと組み合わせることが自由なのもメリットの1つです。そのような使用の仕方でお得なプランを提供しているクラウドサービスがあれば、チェックしておきましょう。

  • サポート体制
  • 初心者にとっても、経験者にとっても、サポート体制が万全なクラウドサービスが頼りになることは変わりありません。サポートセンターがあるだけでなく、連絡がつきやすいかなども重視しておいたほうが良いでしょう。

  • サービス内容
  • サービス内容は、クラウドサービス会社によって千差万別です。少しでもメリットのあるクラウドを選ぶためには、使用する目的に合ったサービスを提供しているかどうかがポイントです。

グローバルなクラウドサーバーの比較

グローバルなクラウドサーバーの比較

グローバルなクラウドサービス会社としては、圧倒的シェアを誇っているのがAWS(Amazon)とGoogleです。IBMなど、他にも大手のクラウドサービス会社で魅力的なところはありますが、ここではAWSとGoogleに絞ってサービス内容を比較してみましょう。

  • AWS(Amazon Web Service)
  • 12ヶ月間もの無料トライアル期間をサービスしているAWSは、ショッピングでもおなじみのAmazonが提供しているクラウドです。90種類を超えるサービスは、現在も休むことなく拡大中。無料利用枠だけでも、40種類を超えているのは大きな魅力です。

    具体的なサービスとしては、クラウド内の仮想サーバー、仮想プライベートサーバーを起動・管理、ウェブアプリを実行・管理、Dockerイメージの保存と取得、Dockerコンテナの実行・管理、独立したクラウドリソース、イベント発生時のコード実行、伸縮性の自動化、あらゆる規模でのパッチジョブなどが一例です。

  • Google Drive
  • リーズナブルなことでは、最も注目されているのがGoogle Driveです。なおかつ、速度も速く、利用していてストレスが少ない点にも魅力があります。料金プランは非常に細かく設定されているため、あらゆる利用目的に有効ともいえそうです。ユニークなのが、Googleローカルガイドで口コミ情報を提供してポイントを貯めると無料の容量が増える点です。Googleドキュメントと組み合わせて、グループワークに利用するにも便利です。アクセス権限は、フォルダ共有だけでなくファイル単位でもつけることができます。

国内クラウドサービスの比較

国内にも、強力なクラウドサービス会社が浮上してきています。グローバルなクラウドサービスには外貨払いのところもある点、国内のクラウドサービスであれば円での支払いですから安心です。主要なクラウドサービスを紹介します。

  • ニフティクラウド
  • 利用状況に応じた増設に柔軟性があり、直感的なコントロールパネルの操作にも定評があります。時間ごとの従量課金制で、サーバーが停止状態でも低価格で使用できるプランがあるのも特徴です。バックアップとして利用するにも、便利なクラウドといえます。

  • Cloud n
  • NTTコミュニケーションズが提供しているクラウドサービスで、米国と国内のデータセンターを利用可能です。ユーザーが選択できるのは、画期的で信用がおけます。料金システムは、時間ごとの従量課金制です。毎月の上限料金が設定されており、使い過ぎて請求料金に驚くような心配がありません。

  • ホワイトクラウド
  • ソフトバンクが提供する、クラウドサービスです。通信キャリアというメリットを活かして、ネットワークシステムが充実しています。多彩なICTサービスも、クラウドと融合可能です。iPhoneやiPadなどのモバイルとの連携サービスにも期待できます。

フォームからお問い合わせ
  • 導入前の技術的ご質問から料金プランなど、お気軽にお問い合せください。
  • SB クラウドへのお問い合わせ
アーカイブ