SB Cloud

コラム一覧

クラウドサーバー導入後と導入前では具体的に変わるのは何?

クラウドサーバーを導入する前には、どこの企業でも期待と不安を入り混じらせています。実際に導入してみた後には、様々な変化を感じることになるでしょう。期待していた通り業務を改善できたり、コストを削減できたりする一方で、新たな課題が生じることもあります。ここでは、クラウドサーバー導入後と導入前の具体的な違いについてお話しましょう。

クラウドサーバー導入後と導入前では具体的に変わるのは何?

クラウドサーバー導入後の利点

これまで、多くの企業は業務システムを各社で所有・管理してこなければなりませんでした。そのスタイルを一新させてくれたのが、クラウドサーバーの登場です。クラウドサーバーは業務システムを社内で所有するわけではなく、必要なときにアクセスして利用するというツール。当面において必要な規模で利用しながら、いつでも拡張可能な点が便利です。

従来のように、フルスペックのシステムを準備してから事業を開始していたのでは、競合他社に後れをとってしまう可能性があります。クラウドサーバーを利用していれば、小刻みにリソースを増やしていけるため、スピーディーにサービスを軌道に乗せることができるのです。しかも無駄がありませんから、様々な負担を最低限にしながら問題解決していけます。

クラウドサーバーを無形固定資産に

クラウドサーバー導入後と導入前では具体的に変わるのは何?

クラウドサーバーを利用するにあたって、資産計上するか否かという問題に行き当たります。自社内で制作したソフトウェアをクラウドサーバー上で社内使用する場合でも、従来の収益獲得やコスト削減が確実と認められれば、無形固定資産として形状可能です。会計上の費用処理を求められたうえで、確実かどうかが判断されます。税法上でも、別表にて調整が必要です。

IT部署の役割変化

企業によっても、既存のシステムを完全にクラウドサーバーに移行するか、オンプレミスと連携しながら管理するかという岐路に立つことになるでしょう。IT管理部門の担当者は、システムの最適化を図るためにITリソースの分配に気を配る必要が出てきます。

オンデマンドでスピーディーにサービスを利用できるクラウドサーバーでは、システムの試用や検証段階から顧客に提供できるのも特徴です。従来のように、新しいIT技術を担当者が完全に身に付ける手間が不要になり、まずは導入して試しながら改善していくという無駄のない動きが可能になります。効率よく作業を進められるだけでなく、新しいことにどんどん取り組んでいけるメリットにもつながるでしょう。IT担当者の役割は、これまでよりはるかに顧客や従業員に身近になってくるはずです。

フォームからお問い合わせ
  • 導入前の技術的ご質問から料金プランなど、お気軽にお問い合せください。
  • SB クラウドへのお問い合わせ
アーカイブ