ニューリテール

2021年アフターコロナの中国小売トレンド まとめ買いサービス「社区団購」【山谷剛史の中国から学ぶITトレンド】

中国の生鮮市場(筆者撮影) アフターコロナの中国では、「社区団購(シャチ トゥアンゴウ)」という新ジャンルのサービスが急激に注目を集めています。6月には滴滴(Didi)が「橙心優選」、7月に美団(Meituan)が「美団優選」、8月に拼多多(ピンドゥオド…

独身の日で成功を収めた百貨店「銀泰百貨(INTIME365)」のニューリテール化事例【山谷剛史の中国から学ぶITトレンド】

アリババが買収したデパート「銀泰(銀泰百貨、INTIME365)」が11月11日の独身の日(双11)に行ったセールの様子やアプリ「喵街銀泰(miaojie)」を活用したニューリテール戦略を解説します。

【山谷剛史の中国から学ぶITトレンドまとめ:2020年7月~8月】アリババの盒馬村が拡大中/小米の雷軍氏がライブコマース出演

中国アジアITライター・山谷剛史さんが、中国国内で話題になったITニュースをピックアップする連載企画です。今回は、2020年7月~8月の、中国主要インターネットニュースについてまとめました。 この期間は、米国やインドによるバイトダンスのTikTokをはじめ…

試供品の自販機「天猫U先」を活用した化粧品ブランドのニューリテール事例【山谷剛史の中国から学ぶITトレンド】

中国の各都市には、無数のショッピングモールがある。内陸の省都を定点観測していた私からすれば、ショッピングモールがなかった10年前15年前と比べると買い物環境はかなり改善された。中でも都市のショッピングモールでは、沿岸部でもおなじみのブランドの…

餓了麼・美団を活用、中国の生鮮市場「農貿市場」のEC化事例【山谷剛史の中国から学ぶITトレンド】

農貿市場 中国では、「農貿市場(ノンマオシーチャン)」と呼ばれる野菜や肉などを販売する生鮮市場が健在です。農貿市場(以下「市場」)の中には小さな店が沢山あり、それぞれの店が数種類のとれたて野菜を販売しています。都市部の市場に行けば、老年層を…

【山谷剛史の中国から学ぶITトレンドまとめ:2020年5月~6月】京東、天猫、美団の「618」セールまとめ

山谷剛史さんが中国ITニュースをピックアップする連載企画です。京東、天猫、美団の「618」セールの動向をまとめました。

小売業向けDX

小売業向けDX アリババグループの中核戦略である「ニューリテール」は、最新のテクノロジーを活用し、オンラインとオフラインを融合させた新しい消費体験を提供します。 「ニューリテール」を支えているのは、オムニチャネルでの顧客体験、取引のデジタル化…

O2O2O「臉臉(Lian Lian)」のニューリテール事例【山谷剛史の中国から学ぶITトレンド】

中国在住のITライター、山谷剛史さんが中国のITトレンドを紹介します。

アパレル「柴楓(Caifung Custom)」のニューリテール事例【山谷剛史の中国から学ぶITトレンド】

中国在住のITライター、山谷剛史さんが中国のITトレンドを紹介します。

ドラッグストア「Watsons(屈臣氏)」のニューリテール事例【山谷剛史の中国から学ぶITトレンド】

中国を拠点とするITライター、山谷剛史さんが中国国内のITトレンドを紹介する連載です。今回はドラッグストアチェーン「Watsons(屈臣氏)」のニューリテール事例を取り上げます。 スマート化を行ったドラッグストアチェーン「Watsons(屈臣氏)」の面白い試…

中国ニューリテール体験記②:Taobao Maker Festival(淘宝造物節)に見るOMOのひとつの解

中国最大のECモール「タオバオ(淘宝網)」がオンラインモールの出店者集めて行うリアルイベント「Taobao Maker Festival(淘宝造物節)」(9月13日〜16日開催)を見てきた。そこではOMO (Offline Merges Online) の取り組みを垣間見ることができた。

中国ニューリテール体験記①:オンラインの作法を実店舗に持ち込んだアリババのスマートスーパー「盒馬鮮生」

盒馬鮮生(フーマー)は2016年にアリババの出資を受けて立ち上がった新しいスーパーであり、デジタルによって顧客の体験と小売ビジネスを高めてきた代表例である。 盒馬鮮生の事例を通じてオフラインとオンラインの融合の姿を見ていきたい。