中国デジタル事情コラム

中国ニューリテール体験記②:Taobao Maker Festival(淘宝造物節)に見るOMOのひとつの解

中国最大のECモール「タオバオ(淘宝網)」がオンラインモールの出店者集めて行うリアルイベント「Taobao Maker Festival(淘宝造物節)」(9月13日〜16日開催)を見てきた。そこではOMO (Offline Merges Online) の取り組みを垣間見ることができた。

「All in Cloud時代へ」2019 Alibaba Cloud Summit講演レポート(阿里云峰会 · 上海)【唐徳権の中国デジタル事情】

Alibaba Group CTOの張建鋒(Jeff Zhang)氏。Alibaba Cloud Intelligence Business Group 総裁も務める。 今年は、Alibaba Cloudが発足してから10周年になります。この10年間で、Alibaba Cloudは、IaaS市場のシェア(※)で世界第3位まで成長し、リージョン…

中国の自動運転業界を解説:戦国時代の覇者をめざすバイドゥの自動運転基盤「Apollo」【唐徳権の中国デジタル事情】

中国第2位のECサイト「京東商城(JD.com)」の物流プラットフォーム「京東物流」の設立の歴史やビジネスモデル、AI活用事例を取り上げます。 京東がユーザーから評価されている最大のポイントは自社独自の物流網を中国全土に張り巡らせており、配送スピード…

中国ニューリテール体験記①:オンラインの作法を実店舗に持ち込んだアリババのスマートスーパー「盒馬鮮生」

盒馬鮮生(フーマー)は2016年にアリババの出資を受けて立ち上がった新しいスーパーであり、デジタルによって顧客の体験と小売ビジネスを高めてきた代表例である。 盒馬鮮生の事例を通じてオフラインとオンラインの融合の姿を見ていきたい。

JD.com「京東物流」はAI活用の自社物流網でアリババと差別化【唐徳権の中国デジタル事情】

中国第2位のECサイト「京東商城(JD.com)」の物流企業「京東物流」の歴史やビジネスモデル、AI活用事例を解説した記事です。 京東の強みは「独自の物流網」と「配送スピードの速さ」にあります。

アリババの物流プラットフォーム「菜鳥網絡(Cainiao)」のAI活用事例を解説【唐徳権の中国デジタル事情】

本記事ではアリババグループの物流アリババグループの物流プラットフォーム「菜烏網絡(Cainiao)」の設立の歴史やビジネスモデル、AI活用事例を取り上げます。

中国企業とのイノベーションに取り組む日系企業~深セン「GIIC(Global Innovation Impact Conference)」レポート

モデレーターを務めた筆者、日中共創による価値創造をマジックにより表現 4月17日から18日にかけて、中国深センにて「GIIC(Global Innovation Impact Conference)」が開催されました。 GIICには中国国内外からスタートアップ・イノベーション・エコシステム…