中国最新事情コラム

中国の駐車問題を解決する「スマート駐車場」のシステム【山谷剛史の中国から学ぶITトレンド】

怡豊によるスマート駐車場向けパレットロボット (出典 https://www.yeefung.com) 中国の都市問題の一つに、車に対して駐車スペースが足りないこと(停車難)が取り上げられています。さらに中国では駐車場が見つけにくく、駐車場を車で運転して探している…

アリババDAMOアカデミー(達摩院)3年間の研究成果を振り返る【唐徳権の中国デジタル事情】

アリババDAMOアカデミーのオフィシャルサイト(damo.alibaba.com) アリババDAMOアカデミー(達摩院)は2017年10月に誕生し、未来に向けた先端技術開発に専念し、「アリババよりも長く存続してほしい」と当時のアリババグループ会長・ジャックマーの願望が託…

オンライン医療「微医(WeDoctor)」が提供する家庭用医療端末「微医通」

微医のWebサイト(https://www.guahao.com/) 中国のインターネット業界が注目する産業のひとつに、「インターネット医療」があります。 インターネット医療大手の「微医(WeDoctor、杭州微医健康科技)」は、リモート診療ができるプラットフォームを提供し…

中国で導入が進む「オンライン診療」と「オンライン処方箋」【山谷剛史の中国から学ぶITトレンド】

鎮江での処方箋の当日配送(出典:揚子晩報) 中国では、新型コロナウイルス感染拡大が本格的に広まり始めた2020年2-3月に、さまざまなネットサービスが登場しました。その多くはすでに完成されていたサービスで、非常事態に各地方政府や病院がネットサービ…

アリババグループの物流の要「菜鳥」の2020年の動向を解説【唐徳権の中国デジタル事情】

アリババグループの物流業務を担当する菜鳥網絡科技有限公司(英字はCainiao、以下「菜鳥(ツァイニャオ)」)は、毎年中国で盛り上がるEC商戦「ダブルイレブン(独身の日)」を支えるアリババグループのコア・コンピタンスとして、その存在感がますます目立…

【山谷剛史の中国ITニュースまとめ】世界初!6G試験衛星「電子科技大学号」打ち上げ 等

中国アジアITライター・山谷剛史さんが、中国国内で話題になったITニュースをピックアップする連載企画です。今回は、2020年11月~12月の、中国主要インターネットニュースについてまとめました。 9月~10月のニュースまとめはこちらをご覧ください ライブコ…

アリババ達摩院の「2021年テクノロジーの発展10大トレンド予想」【唐徳権の中国デジタル事情】

アリババグループの技術研究開発機構であるアリババ達摩院(Alibaba DAMO Academy for Discovery, Adventure, Momentum and Outlook)は、2020年12月28日に、2021年度の「達摩院によるテクノロジーの発展10大トレンド予想(Top Ten Tech Trends of DAMO Acad…

アリババのスマートシティソリューション「城市大脳(City Brain)」で今できることとは【山谷剛史の中国から学ぶITトレンド】

城市大脳(筆者撮影) 中国の各都市では、スマートシティソリューションを積極的に導入しています。中でもメジャーなソリューションといえば、アリババが手掛けAlibaba Cloud(アリババクラウド)上で運用されているスマートシティソリューション「城市大脳…

中国AI業界の出来事から振り返る2020年のAI事情【唐徳権の中国デジタル事情】

2020年は、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で誰も予測できていなかった波乱万丈な展開となり、人工知能産業業界でも大きな変化が見受けられました。新型コロナウイルスが流行している厳しい環境の中で、AI産業界はどのような対応をしてきたのでしょう…

2021年アフターコロナの中国小売トレンド まとめ買いサービス「社区団購」【山谷剛史の中国から学ぶITトレンド】

中国の生鮮市場(筆者撮影) アフターコロナの中国では、「社区団購(シャチ トゥアンゴウ)」という新ジャンルのサービスが急激に注目を集めています。6月には滴滴(Didi)が「橙心優選」、7月に美団(Meituan)が「美団優選」、8月に拼多多(ピンドゥオド…

ハイセンスが推進する「スマート街区(智慧街区)」とは【山谷剛史の中国から学ぶITトレンド】

貴陽のスマート街区(出典:環球網) 中国政府はスマートシティ(智慧城市)の次に、「スマート街区(智慧街区)」を普及させようとしています。それは中国政府が9月に発表した、ネットテクノロジーを活用した新しい業態・新しい様式による新型消費の発展を…

独身の日で成功を収めた百貨店「銀泰百貨(INTIME365)」のニューリテール化事例【山谷剛史の中国から学ぶITトレンド】

アリババが買収したデパート「銀泰(銀泰百貨、INTIME365)」が11月11日の独身の日(双11)に行ったセールの様子やアプリ「喵街銀泰(miaojie)」を活用したニューリテール戦略を解説します。

アリババのスマート製造プロジェクト「迅犀(シュンシー)デジタル工場」の特徴と狙い【唐徳権の中国デジタル事情】

迅犀(シュンシー)デジタル工場(出典:xunxi.alibaba.com) 2020年9月16日、アリババグループは新たな製造モデルである「ニュー・マニュファクチャリング」を初めて採用したデジタル工場「迅犀(シュンシー)デジタル工場」(Xunxi Digital Factory、以下…

【山谷剛史の中国から学ぶITトレンドまとめ】アリババが産業インターネット「新製造」「犀牛智造」を発表/バイドゥの自動運転サービス

中国アジアITライター・山谷剛史さんが、中国国内で話題になったITニュースをピックアップする連載企画です。今回は、2020年9月~10月の、中国主要インターネットニュースについてまとめました。 7月~8月のニュースまとめはこちらをご覧ください。 www.sbcl…

中国で続々登場している幼稚園向けの人型ロボット事例【山谷剛史の中国から学ぶITトレンド】

Bingoのスマートロボット 中国で幼稚園向けの人型ロボットが続々と開発され、中国全土の幼稚園で少しずつ導入されています。親はデジタルネイティブで幼少期から豊かな中国を体験している1990年代生まれなので、ハイテクな幼稚園への理解がある人が多いので…

ビッグデータでアフターコロナの旅行業界を支援、貴州省のミニプログラム「一碼遊貴州」【山谷剛史の中国から学ぶITトレンド】

観光業などの経済再始動を目的とした「GoToトラベルキャンペーン」が国内で話題になっておりますね。現在、中国でも感染リスクを高めないようにしつつ観光業復活を目指す動きが目立っています。 中でもビッグデータ産業に力を入れる西南部の「貴州省」では、…

北京で進む公園のスマート化の事例【山谷剛史の中国から学ぶITトレンド】

IoTを活用して利用者の動きも把握する(北京卫视より) 北京では、「2022年に北京の1090カ所の公園をスマート化する」と発表しています。公園のスマート化に向けたモデル公園は既にいくつかあり、たとえば中心部の「西海湿地公園」や「海淀公園」がスマート…

中国の介護問題を解決する孝徳智能のスマート介護ソリューション【山谷剛史の中国から学ぶITトレンド】

孝徳智能 超高齢化社会に突入していると言われている日本にとって、現役世代への老人介護の負担は、大きな社会問題となっています。実は中国でも、老人介護問題に取り組んでいる企業があるのです。それが、江蘇省南京にある南京孝徳智能科技有限公司(略称:…

【山谷剛史の中国から学ぶITトレンドまとめ:2020年7月~8月】アリババの盒馬村が拡大中/小米の雷軍氏がライブコマース出演

中国アジアITライター・山谷剛史さんが、中国国内で話題になったITニュースをピックアップする連載企画です。今回は、2020年7月~8月の、中国主要インターネットニュースについてまとめました。 この期間は、米国やインドによるバイトダンスのTikTokをはじめ…

IoTやQRコードを活用した「ゴミ収集」のスマート化事例【山谷剛史の中国から学ぶITトレンド】

中国都市部にあるスマートゴミステーション 去年から上海を皮切りに、ごみの分別が中国各地で続々とスタートしました。それまでは雑にゴミを捨てればよかったものが、「生ゴミ」「リサイクルゴミ」「有害ゴミ」「その他のゴミ」の4つに分類されるようになり…

ポストコロナでさらに注目を浴びる「シェアキッチン」、そのメリットとは【山谷剛史の中国から学ぶITトレンド】

熊猫星厨(同社サイトより) シェアサイクルを筆頭としたシェアサービスブームの中で登場した「シェアキッチン(共享厨房)」が注目されています。日本では「ゴーストレストラン」「ゴーストキッチン」「クラウドキッチン」とも呼ばれていますね。 北京では…

試供品の自販機「天猫U先」を活用した化粧品ブランドのニューリテール事例【山谷剛史の中国から学ぶITトレンド】

中国の各都市には、無数のショッピングモールがある。内陸の省都を定点観測していた私からすれば、ショッピングモールがなかった10年前15年前と比べると買い物環境はかなり改善された。中でも都市のショッピングモールでは、沿岸部でもおなじみのブランドの…

アリババ流DX「数字中台(デジタルミドルオフィスプラットフォーム)」とは何か?【唐徳権の中国デジタル事情】

2018~2019年頃の中国では「数字中台(デジタルミドルオフィスプラットフォーム)」という言葉が話題となりました。それ以来、デジタルミドルオフィスプラットフォームは、中国デジタルトランスフォーメーションのアプローチの一つとして考えられています。 …

餓了麼・美団を活用、中国の生鮮市場「農貿市場」のEC化事例【山谷剛史の中国から学ぶITトレンド】

農貿市場 中国では、「農貿市場(ノンマオシーチャン)」と呼ばれる野菜や肉などを販売する生鮮市場が健在です。農貿市場(以下「市場」)の中には小さな店が沢山あり、それぞれの店が数種類のとれたて野菜を販売しています。都市部の市場に行けば、老年層を…

【山谷剛史の中国から学ぶITトレンドまとめ:2020年5月~6月】京東、天猫、美団の「618」セールまとめ

山谷剛史さんが中国ITニュースをピックアップする連載企画です。京東、天猫、美団の「618」セールの動向をまとめました。

IoTで常にモニタリングする業務用食洗機「厨芯X1」事例【山谷剛史の中国から学ぶITトレンド】

中国在住のITライター、山谷剛史さんが中国のITトレンドを紹介します。

中国製造業のAI利活用事例(業界地図からソリューションまで)【唐徳権の中国デジタル事情】

AI(人工知能)は新しいイノベーションエンジンとして、製造業・リテール・ファイナンス・都市管理・教育・カスタマーサービスなど、ありとあらゆる業界に変革をもたらしはじめています。今回は中国の製造業におけるAIの利活用について、最近の状況を紹介い…

マスクの大量供給を可能にしたハイアールの産業用プラットフォーム「COSMOPLat」とは(新型コロナ関連)【山谷剛史の中国から学ぶITトレンド】

中国在住のITライター、山谷剛史さんが中国のITトレンドを紹介します。

中国コロナ対策:BATHやAIユニコーンの無償支援サービスまとめ【唐徳権の中国デジタル事情】

今も世界中で猛威を振るい続けている、新型コロナウイルス。そんな危機的状況の中、ウイルス感染拡大防止のため、中国の大手IT企業がAIやビッグデータなどITを活用したサービスを次々と無償で提供し、話題になっています。各社のサービスがどのようなものな…

中国ポストコロナにおける「宅配弁当・学食」のネクストソリューション【山谷剛史の中国から学ぶITトレンド】

中国在住のITライター、山谷剛史さんが中国のITトレンドを紹介します。

【山谷剛史の中国から学ぶITトレンドまとめ(2020年3月~4月)】新型肺炎期間の中国ネット企業の動きまとめ

中国在住のITライター・山谷剛史さんが中国国内で話題になっていたITニュースをピックアップする連載企画です。今回は、2020年3月~4月新型肺炎期間の中国ネット企業の動きまとめをご紹介します。

コロナ危機の美容院を救う出張サービスの成功事例【山谷剛史の中国から学ぶITトレンド】

中国在住のITライター、山谷剛史さんが中国のITトレンドを紹介します。

中国で人気のクラウド婚(雲婚礼)に学ぶ、アフターコロナ時代の婚礼ビジネス【山谷剛史の中国から学ぶITトレンド】

中国在住のITライター、山谷剛史さんが中国のITトレンドを紹介します。

コロナ禍の中国でマスクを届けるテクノロジーあれこれ【山谷剛史の中国から学ぶITトレンド】

中国在住のITライター、山谷剛史さんが中国のITトレンドを紹介します。

ガソリンスタンド付設のコンビニ「易捷」の新型コロナ対策事例【山谷剛史の中国から学ぶITトレンド】

中国在住のITライター、山谷剛史さんが中国のITトレンドを紹介します。

【山谷剛史の中国から学ぶITトレンドまとめ(2020年1月~3月)】新型肺炎期間の中国ネット企業の動きまとめ

中国在住のITライター・山谷剛史さんが中国国内で話題になっていたITニュースをピックアップする連載企画です。今回は、2020年1月~3月新型肺炎期間の中国ネット企業の動きまとめをご紹介します。

O2O2O「臉臉(Lian Lian)」のニューリテール事例【山谷剛史の中国から学ぶITトレンド】

中国在住のITライター、山谷剛史さんが中国のITトレンドを紹介します。

アパレル「柴楓(Caifung Custom)」のニューリテール事例【山谷剛史の中国から学ぶITトレンド】

中国在住のITライター、山谷剛史さんが中国のITトレンドを紹介します。

2019年中国のAI業界の振り返りと2020年テック業界予測【唐徳権の中国デジタル事情】

新年を迎えて早1カ月が経過しましたが、2020年1回目のコラムでは、昨年大きく動いた中国AI業界を振り返ってみたいと思います。 ぜひ、こちらを参考にして2020年の中国テック業界がどうなるのか予測してみてください! 2019年、中国のAI業界全体について:AI…

ドラッグストア「Watsons(屈臣氏)」のニューリテール事例【山谷剛史の中国から学ぶITトレンド】

中国を拠点とするITライター、山谷剛史さんが中国国内のITトレンドを紹介する連載です。今回はドラッグストアチェーン「Watsons(屈臣氏)」のニューリテール事例を取り上げます。 スマート化を行ったドラッグストアチェーン「Watsons(屈臣氏)」の面白い試…

【山谷剛史の中国ITニュースまとめ(2020年1月)】ビリビリ初の年越しライブが大盛況

中国在住のITライター、山谷剛史さんが中国国内で話題になっていたITニュースをピックアップする連載企画が始まりました。今回は2020年1月に起きた中国の話題をご紹介します。

「アリババはデジタルエコノミーのインフラを構築する」アリババ張勇CEO、張建鋒CTO講演レポート(Apsara Conference 2019)【唐徳権の中国デジタル事情】

9月25日〜27日、Alibaba Cloudの年次イベント「2019年杭州・云栖大会(Apsara Conference 2019)」が開催された。今回はサミットを中心に、特にアリババグループのキーパーソンの基調講演にフォーカスして、レポートを届けたい。 アリババグループ会長兼CEO…

中国ニューリテール体験記②:Taobao Maker Festival(淘宝造物節)に見るOMOのひとつの解

中国最大のECモール「タオバオ(淘宝網)」がオンラインモールの出店者集めて行うリアルイベント「Taobao Maker Festival(淘宝造物節)」(9月13日〜16日開催)を見てきた。そこではOMO (Offline Merges Online) の取り組みを垣間見ることができた。

「All in Cloud時代へ」2019 Alibaba Cloud Summit講演レポート(阿里云峰会 · 上海)【唐徳権の中国デジタル事情】

Alibaba Group CTOの張建鋒(Jeff Zhang)氏。Alibaba Cloud Intelligence Business Group 総裁も務める。 今年は、Alibaba Cloudが発足してから10周年になります。この10年間で、Alibaba Cloudは、IaaS市場のシェア(※)で世界第3位まで成長し、リージョン…

中国の自動運転業界を解説:戦国時代の覇者をめざすバイドゥの自動運転基盤「Apollo」【唐徳権の中国デジタル事情】

中国第2位のECサイト「京東商城(JD.com)」の物流プラットフォーム「京東物流」の設立の歴史やビジネスモデル、AI活用事例を取り上げます。 京東がユーザーから評価されている最大のポイントは自社独自の物流網を中国全土に張り巡らせており、配送スピード…

中国ニューリテール体験記①:オンラインの作法を実店舗に持ち込んだアリババのスマートスーパー「盒馬鮮生」

盒馬鮮生(フーマー)は2016年にアリババの出資を受けて立ち上がった新しいスーパーであり、デジタルによって顧客の体験と小売ビジネスを高めてきた代表例である。 盒馬鮮生の事例を通じてオフラインとオンラインの融合の姿を見ていきたい。

JD.com「京東物流」はAI活用の自社物流網でアリババと差別化【唐徳権の中国デジタル事情】

中国第2位のECサイト「京東商城(JD.com)」の物流企業「京東物流」の歴史やビジネスモデル、AI活用事例を解説した記事です。 京東の強みは「独自の物流網」と「配送スピードの速さ」にあります。

アリババの物流プラットフォーム「菜鳥網絡(Cainiao)」のAI活用事例を解説【唐徳権の中国デジタル事情】

本記事ではアリババグループの物流アリババグループの物流プラットフォーム「菜烏網絡(Cainiao)」の設立の歴史やビジネスモデル、AI活用事例を取り上げます。

中国企業とのイノベーションに取り組む日系企業~深セン「GIIC(Global Innovation Impact Conference)」レポート

モデレーターを務めた筆者、日中共創による価値創造をマジックにより表現 4月17日から18日にかけて、中国深センにて「GIIC(Global Innovation Impact Conference)」が開催されました。 GIICには中国国内外からスタートアップ・イノベーション・エコシステム…