唐徳権の中国デジタル事情

欧米の大手製造業が中国に設立したスマート工場の事例

ボッシュ、シーメンス、ダンフォス、ジョンソン・エンド・ジョンソン、P&G、ユニリーバなどの欧米の製造業が中国国内に設立したスマート工場「ライトハウス工場(Lighthouse)」の事例を紹介します。

世界最先端「ライトハウス工場」に中国企業が多い理由

世界経済フォーラム(WEF:World Economic Forum)によって2017年から結成された「グローバルライトハウスネットワーク(Global Lighthouse Network)」では、第4次産業革命をリードする世界で最も先進的な工場「ライトハウス(Lighthouse、灯台)」の認定が…

【中国製造DX事例】ハイアールのスマート工場化を支える産業インターネット「COSMOPlat」のエコシステム

世界経済フォーラム「ライトハウス」に認定された中国の総合家電メーカー「ハイアール」のスマート工場化を支える産業インターネット「COSMOPlat」のエコシステムを紹介します。

【中国製造DX事例】美的集団のスマート工場戦略とIoTプラットフォーム「美擎」

世界経済フォーラム「ライトハウス」に認定された中国の家電製造業「美的集団(Midea)」のスマート工場とIoTプラットフォーム「美擎」の事例を紹介します。

【中国製造DX事例】フォックスコン(鴻海)のスマート工場戦略とDX人材育成の取り組み

世界経済フォーラム「ライトハウス」に認定された中国の電子製品製造業界「フォックスコン(Foxconn Technology Group、鴻海科技集団)の」の深セン、成都工場のスマート工場事例、DX人材育成の取り組みを紹介します。

【中国製造DX事例】10兆種類のカスタマイズが可能な自動車製造「上汽大通」のスマート工場

世界経済フォーラム「ライトハウス」に認定された中国の自動車製造業「上汽大通(SAIC Maxus Automotive)」の南京工場が展開するデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みを紹介します。

菜鳥網絡(Cainiao)の物流ネットワークを支えるAI・IoT・デジタルツイン技術を解説

アリババグループの物流業務を担当する菜鳥網絡科技有限公司(ツァイニャオネットワーク、Cainiao Smart Logistics Network、以下、菜鳥)は、自らを「インターネット・テクノロジー・カンパニー」と位置付けています。物流ネットワークのプラットフォームサ…

アリババDAMOアカデミー(達摩院)3年間の研究成果を振り返る【唐徳権の中国デジタル事情】

アリババDAMOアカデミーのオフィシャルサイト(damo.alibaba.com) アリババDAMOアカデミー(達摩院)は2017年10月に誕生し、未来に向けた先端技術開発に専念し、「アリババよりも長く存続してほしい」と当時のアリババグループ会長・ジャックマーの願望が託…

アリババグループの物流の要「菜鳥」の2020年の動向を解説【唐徳権の中国デジタル事情】

アリババグループの物流業務を担当する菜鳥網絡科技有限公司(英字はCainiao、以下「菜鳥(ツァイニャオ)」)は、毎年中国で盛り上がるEC商戦「ダブルイレブン(独身の日)」を支えるアリババグループのコア・コンピタンスとして、その存在感がますます目立…

アリババDAMOアカデミー(達摩院)の「2021年テクノロジーの発展10大トレンド予想」【唐徳権の中国デジタル事情】

アリババグループの技術研究開発機構であるアリババDAMOアカデミー(達摩院)(Alibaba DAMO Academy for Discovery, Adventure, Momentum and Outlook)は、2020年12月28日に、2021年度の「達摩院によるテクノロジーの発展10大トレンド予想(Top Ten Tech T…

2020年 中国AI業界の主要トピックまとめ(コロナ/AIチップ/自動運転)【唐徳権の中国デジタル事情】

2020年は、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で誰も予測できていなかった波乱万丈な展開となり、人工知能産業業界でも大きな変化が見受けられました。新型コロナウイルスが流行している厳しい環境の中で、AI産業界はどのような対応をしてきたのでしょう…

アリババのスマート製造プロジェクト「迅犀(シュンシー)デジタル工場」の特徴と狙い【唐徳権の中国デジタル事情】

迅犀(シュンシー)デジタル工場(出典:xunxi.alibaba.com) 2020年9月16日、アリババグループは新たな製造モデルである「ニュー・マニュファクチャリング」を初めて採用したデジタル工場「迅犀(シュンシー)デジタル工場」(Xunxi Digital Factory、以下…

アリババ流DX「数字中台(デジタルミドルオフィスプラットフォーム)」とは何か?

2018~2019年頃の中国では「数字中台(デジタルミドルオフィスプラットフォーム)」という言葉が話題となりました。それ以来、デジタルミドルオフィスプラットフォームは、中国デジタルトランスフォーメーションのアプローチの一つとして考えられています。 …

中国製造業のAI利活用事例(業界地図からソリューションまで)【唐徳権の中国デジタル事情】

AI(人工知能)は新しいイノベーションエンジンとして、製造業・リテール・ファイナンス・都市管理・教育・カスタマーサービスなど、ありとあらゆる業界に変革をもたらしはじめています。今回は中国の製造業におけるAIの利活用について、最近の状況を紹介い…

中国コロナ対策:BATHやAIユニコーンの無償支援サービスまとめ【唐徳権の中国デジタル事情】

今も世界中で猛威を振るい続けている、新型コロナウイルス。そんな危機的状況の中、ウイルス感染拡大防止のため、中国の大手IT企業がAIやビッグデータなどITを活用したサービスを次々と無償で提供し、話題になっています。各社のサービスがどのようなものな…

2019年 中国AI業界の主要トピックまとめと2020年の業界予測【唐徳権の中国デジタル事情】

新年を迎えて早1カ月が経過しましたが、2020年1回目のコラムでは、昨年大きく動いた中国AI業界を振り返ってみたいと思います。 ぜひ、こちらを参考にして2020年の中国テック業界がどうなるのか予測してみてください! 2019年、中国のAI業界全体について:AI…

「アリババはデジタルエコノミーのインフラを構築する」アリババ張勇CEO、張建鋒CTO講演レポート(Apsara Conference 2019)【唐徳権の中国デジタル事情】

9月25日〜27日、Alibaba Cloudの年次イベント「2019年杭州・云栖大会(Apsara Conference 2019)」が開催された。今回はサミットを中心に、特にアリババグループのキーパーソンの基調講演にフォーカスして、レポートを届けたい。 アリババグループ会長兼CEO…

「All in Cloud時代へ」2019 Alibaba Cloud Summit講演レポート(阿里云峰会 · 上海)【唐徳権の中国デジタル事情】

Alibaba Group CTOの張建鋒(Jeff Zhang)氏。Alibaba Cloud Intelligence Business Group 総裁も務める。 今年は、Alibaba Cloudが発足してから10周年になります。この10年間で、Alibaba Cloudは、IaaS市場のシェア(※)で世界第3位まで成長し、リージョン…

中国の自動運転業界を解説:戦国時代の覇者をめざすバイドゥの自動運転基盤「Apollo」【唐徳権の中国デジタル事情】

中国第2位のECサイト「京東商城(JD.com)」の物流プラットフォーム「京東物流」の設立の歴史やビジネスモデル、AI活用事例を取り上げます。 京東がユーザーから評価されている最大のポイントは自社独自の物流網を中国全土に張り巡らせており、配送スピード…

JD.com「京東物流」はAI活用の自社物流網でアリババと差別化【唐徳権の中国デジタル事情】

中国第2位のECサイト「京東商城(JD.com)」の物流企業「京東物流」の歴史やビジネスモデル、AI活用事例を解説した記事です。 京東の強みは「独自の物流網」と「配送スピードの速さ」にあります。

アリババの物流プラットフォーム「菜鳥網絡(Cainiao)」のAI活用事例を解説【唐徳権の中国デジタル事情】

本記事ではアリババグループの物流アリババグループの物流プラットフォーム「菜烏網絡(Cainiao)」の設立の歴史やビジネスモデル、AI活用事例を取り上げます。