SBクラウドの仮想デスクトップサービス

SBクラウドの仮想デスクトップサービス

従量課金方式で低価格かつ高性能なWindows10互換の仮想デスクトップサービスです。セキュリティ強化と同時に、業務管理を効率化し、システム担当者の運用負担を軽減します。

さらに、今ならキャンペーンで
初期設定+30日間利用料金が無料
さらに社内システムへのVPN接続も無料の初期設定に含まれます。詳しくは資料をご参照下さい。

ユースケース1:リモートワーク

価格

価格例
  軽微な業務用
(Webアプリによる入力等) 
一般的な業務用
(アプリを用いた資料作成等)
開発業務用
(ソフトウェア開発等)
スペック CPU:1vCPU
メモリ:2GB
ディスク:40GB
CPU:2vCPU
メモリ:4GB
ディスク:100GB
CPU:4vCPU
メモリ:8GB
ディスク:100GB
月額固定 1,900円 3,900円 8,200円
従量課金  平日8時間利用時試算 880円 平日8時間利用時試算 1,800円 平日8時間利用時試算 3,100円
  • ※月平日を20日とし、1日あたり8時間の合計160時間利用で算出
  • ※従量課金には、停止中の月額ディスクのコストを含みます
  • ※インターネット接続をする場合、インターネット方向のトラフィックとゲートウェイ費用が別途発生します

導入メリット

  • *

    使用した分だけの従量課金方式で低価格を実現

    SBクラウドの仮想デスクトップサービスは、クラウドサーバー上に構築されます。
    使用時間に基づく従量課金方式のため、無駄なコストが発生しません。

  • *

    端末管理不要、運用負担を軽減

    新規購入、初期設定、メンテナンス、OSやアプリケーションのライセンスなどシステム担当者側で一元的に管理できるため、運用をより効率化できます。

  • *

    セキュリティ対策の強化

    セキュリティパッチの適用やセキュリティソフトのインストールなど一斉に管理可能。
    仮想デスクトップの情報はローカルPCへ残らないため、PC紛失時も安心。
    また個人所有のPCでも安心してご利用でき、情報漏洩のリスクを低減できます。

  • *

    社内システムへのVPN接続も無料設定

    社外から社内のコンピューターに安全にアクセスするために欠かせないVPN。
    面倒なVPN接続をSBクラウドが一元的にサポートします。

  • *

    ChromebookでWindows仮想デスクトップが利用可能

    Chrome Remote Desktop接続で、GoogleアカウントからSSL-VPNいらずで仮想デスクトップに接続可能。
    Windowsデスクトップで、社内システムへのアクセスやGoogle Workspaceの利用が可能。

運用支援サービス

Q&A対応に加え、作業代行、トラブル解決支援をご提供し、安定した運用をサポートします。

運用支援サービス

資料ダウンロード