SB Cloud

「Create@Alibaba Cloud Startup Contest」北アジア大会実施のご報告


 当社はAlibaba Cloudと共に、2017年9月22日にスタートアップ向けビジネスコンテスト「Create@Alibaba Cloud Startup Contest(以下CACSC)」の北アジア大会を実施しました。

CACSCは、アリババグループが主催する世界最大規模のスタートアップ企業向けビジネスコンテストです。2015年より開催しており、アリババグループの他にも、世界的に有名なメディアやベンチャーキャピタルなど、トップクラスのパートナーの協力のもと開催されています。

本ビジネスコンテストは、スタートアップ企業の支援と成長サポートを目的にしており、エントリー企業には初年度のITインフラ投資資金の援助、エンジニア向けの専門トレーニング、Alibaba CloudインフラストラクチャーがデザインしたITソリューション等のサービスが受けられます。

3回目の開催となるCACSCには、日本、中国、香港、台湾、韓国、インド、マレーシア、オーストラリア、フランス、ドイツ、アラブ首長国連邦、イギリス、アメリカからエントリーチームを募集し、各エリアの優勝チームが10月に上海で行われるCACSCの決勝戦に挑みます。

日本、韓国、台湾は北アジアエリアの対象国となっており、200社以上の企業がエントリーしました。選考を通過した12社の代表企業が北アジア大会に出場し、本大会の結果は1位:Dot Incorporation(韓国)、2位:PSYGIG株式会社(日本)、3位:VisualCamp(韓国)、特別賞:ThinkCloud(台湾)となりました。2位に入賞したPSYGIG株式会は日本代表として上海で開催される決勝戦に臨みます。その他にも日本エリアではBlincam, Inc.、TVISION INSIGHTS, Inc.、Mobingi, Inc.が大会に参加をしています。

【Alibaba Cloud ユニーク・ソン氏よりコメント】
「アリババグループとソフトバンググループ、そして設立2年目の合弁会社SBクラウドは、スタートアップ企業のDNAを持っています。スタートアップ企業を支援することは我々の願いです。今回、日本、韓国、台湾のチームが類まれなる実力を発揮しました。Alibaba Cloudとしてもこれから無数のスタートアップ企業に効率的で便利かつ安全なクラウドコンピューティングサービスを提供していきたいです。」

【日本代表チーム PSYGIG株式会社 Gary Lo氏より決勝戦に向けたコメント】
「トップクラスのクラウドコンピューティング企業であるAlibaba Cloudに認められ、CACSCの日本エリアの代表に選ばれたことを大変光栄に思っています。我々のSaaSベースのソリューションは、大量のマシンデータをクラウド上で処理する必要があるため、大会に参加したことで得られた、Alibaba Cloudのインフラストラクチャを活用できることが楽しみです。」

 おかげさまで、盛況のもと会期を終えることができました。ご来場いただきました皆様、また運営などにご協力いただきましたパートナーの皆様には厚く御礼申し上げます。

SBクラウドは、「グローバルクラウドをより身近に」のキーワードのもと、革新的なサービスを展開していくことでお客様の抱えている問題を解決するだけでなく新たな一歩につながるサービスを提供していきます。
今後ともお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。

また「Alibaba Cloud」を中心としたセミナーやハンズオンを随時開催しておりますので、ご興味のある方はぜひお気軽にお問い合わせください。

>セミナー情報はこちら

>会社概要・製品紹介動画はこちら

>お問い合わせはこちら